ウェルススペクトルを使った理想の就職先の探し方

Pocket

世の中、いろんな情報が出回っていますよね。

例えば、

『会社で雇われるよりも、
独立してフリーランスになったほうが
自由だしお金も稼げる!だから、
会社はさっさと辞めて独立すべし!』

 

なんてことを、言っている人を
見たことありませんか?

また、そういうことを言う人の
声は目立ちますよね。

そう言われると、

「会社員をしているのって、悪いことなのかな?
私も独立を目指したほうがいいのかな?」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、
やりたいことがあって独立したいならそれは、
ぜひ挑戦してほしいことだと思います。

しかし、会社員として活躍するのも
素晴らしいことです。

「会社員とフリーランスのどっちがいいのか?」

というのは、どちらも素晴らしいですし、
どちらも自分で選択して選べる
ということが大切ではないでしょうか?

会社員としての活動を充実させるためには、
ウェルススペクトルの知識を
知っておくことをおすすめします。

ウェルススペクトルを使うことで
理想の就職先を探すこともできます。

 

ウェルススペクトルは、
キャッシュフローの状態や働き方、
自分のビジネスの状態から
9個あるスペクトルレベルのうちの
どこかが決まります。

【レベル】というとこれもまた、

「高いレベルを目指さないといけない!」

と、思うかもしれませんが、
どのレベルを選ぶかは自分で自由に
選択して良いのです。

どこが良くてどこが悪いという
基準はありません。

自分がここで良い、と
思える状態をキープできるように
使っていただくのが良いですね。

 

ウェルススペクトルの中で
【幸せな会社員】と言える状態が、
オレンジレベルです。

ですので、
オレンジレベルを目指して維持できれば
理想の就職先で働くことができるでしょう。

オレンジレベルになるための条件は
以下の3つです。

1:情熱を見つける
2:スタンダードを決める
3:フローに沿う

さらに、前提条件として
毎月の支出よりも収入がコンスタントに多い状態
である必要があります。

収支プラスを維持しているということですね。

それなりに情熱を持って仕事に取り組んでいて、
誰かのために働いていて、
収支がプラスの状態を維持できるのであれば
オレンジレベルであると言えます。

 

3番目の「フローに沿う」というのは、
会社に所属して働くことで、給料を頂くことができる状態
になったら、達成できていると考えて良いです。

ですので、この3つのステップを実践することで
理想の就職先で働くことができます。

 

では、具体的に何をしていけばいいのか?

まずは「情熱を見つける」ところから始めます。

「情熱を見つける」という項目はつまり
好きなことを仕事にすることにつながります。

そう考えると、

「仕事のすべての面で好きなことを
やっていないといけないんじゃないか?」

と高い基準で考える方も
いらっしゃるかもしれません。

それだと、「情熱を見つける」ための
ハードルがとても高くなってしまいます。

好きな仕事をやっていても
大変なことや面倒に感じることが出てくるのが普通ですが
そういった大変なことを含めても、やっていきたい
と思えるような仕事ができていければ良いと思います。

ですので、まずは興味のある分野や
テーマを見つけていくことから始めていきましょう。

 

どんな仕事があるのかを、
具体的に本やWEBサイトで調べていきましょう。

すんなりと、

「この仕事に興味がある!」
「この分野で働きたい!」

と思える人は、その分野で
どのような仕事があるか?を探していけば良いと思います。

すぐに見つからない場合は、
【嫌なこと】を書き出してみるのもあり。

嫌なことを書き出すことで、
嫌なこと以外は引き受けるという覚悟を持つ
選択肢が広がります。

 

また、人ベースで考えてみると、
イメージがつきやすい人も多いです。

実際に、自分がやりたい仕事をやっている人と、
会って話をしてみましょう。

会社のOB訪問のようなものができる場合がありますし
インターンを募集している会社もあります。

あるいは、フリーランスで仕事をしている人に憧れがあるなら、
そういった人と会えるイベントも探せばたくさんあります。

「この仕事をやってみたい!」と思っても、
実際にやってみると思ったのと違うという可能性はあります。

実際に働いている人と会って、
どんな働き方をしているのかを知ることで
ミスマッチを防げる可能性があります。

 

私自身、学生時代に
自分が興味のある仕事をやっている人にたくさん会いにいきましたし
いろんな人と会う機会を作ったことは
働く前の準備として、とても役立ったと思います。

「これは大変そうだな。」と思えることがあった一方で、
「それでもやっていきたい!」という気持ちにもなることができました。

人と話をするのが苦手な人でも
興味のある分野の人とであれば
比較的楽しく話ができるものではないでしょうか。

オンライン、オフラインともに活用しながら
「情熱を見つける」をクリアしていきましょう。

 

そして、2番目の「スタンダードを決める」ことに関しても
自分が理想に思える仕事をしている人の
考え方に触れることで、「ここまでやるべきなんだ」と、
仕事に対する基準を知ることができます。

「ここまでやるのが当たり前」と自然と考えて
行動できる基準が「スタンダード」なんです。

今あるスタンダードから、別のスタンダードに変えることは
努力が必要なこともあるかもしれません。

ですので、まずは「目指すべきスタンダード」を
明確にすることが、この段階ですべきことです。

目指すべき状態が決まって
そこまで行く覚悟ができていたら
行動も変わってくると思います。

 

この【情熱を見つける】【スタンダードを決める】
できている状態になれば、理想の就職先は
もう目の前にあるところまで来ていると思います。

職種によっては、先にアルバイトやインターンとして
興味のある仕事を学生のうちからできる場合もあるかもしれません。

もし、そんな機会があったら積極的に応募してみましょう。

求人に応募して面接を受けに行く場合でも
なんとなく受けにいくのと、ウェルススペクトルの
オレンジレベルの課題をクリアして受けに行くのでは
受け答えの内容が変わってくることでしょう。

 

結果的に理想の就職先で働きやすくなっていくはずですので
就職活動中の方、転職活動中の方は、

【ウェルススペクトルのオレンジレベル】の課題

を意識して活動してみてください。

なお、ウェルススペクトルの
オレンジレベルの課題をクリアしていくにあたって
【内的価値】を十分に高めておくことも大切です。

十分に内的価値が高まっていくことで
できる行動や見えるものが違ってきます。

ですので、余裕があったら
内的価値について学んで
高めていく行動をしていきましょう。

内的価値については音声教材のウェルスフィットネス
http://jwda.ocnk.net/product/52

で詳しく学ぶことができます。

12/14(金)〜16(日)のクリスマスセールでは
ウェルスフィットネスの教材も
20%オフの価格で購入できます。

ウェルスダイナミクスオンラインショップへ

もしまだお持ちでなければ
この機会に購入をご検討くださいね。

 

守屋 信一郎(ロード)

 

Pocket