逆説的に、才能を活かす方法

Pocket

こうやって情報の発信を続けていると..

「松井さんスゴイですね」

と、言ってもらえることが
少なからずあります。

しかし、本当のことを言うと・・・

「私は想像以上にポンコツ」

なのです。

そして、逆説的ながら
私はポンコツである事を
受け入れているからこそ..

楽に無理せず自然に
お金を引き寄せる事が
可能になるのです。

 

「え?どういうことですか?」

と感じるかもしれません。

なぜ人はポンコツであればあるほどに
楽にお金を手に入れる事ができるのか?

その意外な答えを公開します。

 

●才能=弱み

「私が一生涯かけて学んだことは
 自分が何も知らないということだ」

と、行ったのはソクラテスですが、
私たちは基本的に「バカ」です。

世の中には2種類の人間がいます。

 

1:自分は「バカ」だということを知り
  それを受け入れている人

2:本当はバカなのにバカということを
  隠そうとカッコつけている人

 

です。

そして、このカッコつけ
あなたの天才性の発揮を
妨げてしまっているのです。

詳しく説明します。

 

多くの人は氣づいていませんが、
実は才能って…

“弱みそのもの”

です。

例えば、私は時間軸を無視した
大きな視点で話を論ずる事が
簡単に容易にできるのですが。。。

だからこそ、スケジュールや
時間管理は本当に、本当に、
本当に、ポンコツなのです。

そして、巨視的な概念や戦略を
扱えるからこそ、具体的な事を
調整するのは苦手なのです。

 

つまり、

「弱み=強み」

なのです。

多くの人が、社会からの要請で、

「完璧(普通)であること」

を、求められます。

つまり、全体を俯瞰しながらも
詳細に氣が利く事を求めます。

それができれば確かに
素晴らしいですよね。

 

しかし、、、

「それは自然の法則に反しています」

 

つまり、思考の考える完璧性(普通)は
完全に間違っているのです。

なぜなら、自然は「個」で
機能していないからです。

私たちは、個人で生きていません。

だからこそ、個人の能力は偏っています。

そして、個性を発揮するには、

「できない部分を受け入れる事」

が、大切になってくるのです。

 

もちろん、ポンコツ部分を無視して
放置する必要はありません。
(真実は放置で大丈夫なのですが..)

私自身も、他の人の助けを借りながら
何とかスケジュールを遂行するために
日夜、努力を続けている次第です。
(本当は、無用な努力なのですが…)

大切なのは、、、、

「事実を事実として受け入れる許容力」
(赦し=どっちでも良い感)

なのです。

 

私は時間管理が苦手ですし
チームの人はそれを認識して
サポートしてくれています。

問題なのは・・・

「個として、完璧っぽいふりをすること」
(ホントは完璧でも完璧でなくても良い)

です。

苦手なことは意識しつつ、
改善を念頭に置きながらも…

「ああ、苦手なんだな」

と、知っておくことが大事。

 

この苦手性を言い訳にして、
傍若無人に振る舞うのは
「愛」が足りないですよね♡

だからこそ、改善する努力が
不要だとは言えませんが…

重要なのは、

「そんな自分でも良いんだと思うこと」

です。

 

必要以上に、苦手部分の改善に
意識を払う事で逆に強みを
押し殺してしまうって事です。
(何者かになろうとする脅迫観念)

私の周りも、相当私の適当さに
ウンザリしているかもしれない。

その上で、アリソンさんとか
なえさんとか、百瀬さんが
それを適当に助けてくれています。

 

このように、

「個人としての完璧さよりも
 集団としての完璧さに配慮する」
(つまり、全体利益を配慮する)

これが、お金を楽に自然に
引き寄せるために重要になります。

 

●自分だけを超越すれば簡単に達成できる

私達って、学校教育で・・・

「個人成績が存在する」

って、思わされています。

だからこそ、

「全部、ひとりでやらなきゃ!」
(自立への信奉と言う勘違い)

と言う考えに侵されています。

まあ、ここまでいろいろと
ごちゃごちゃ言ってきたけど、
要するに大切な事は簡単です。

 

「出来ること、出来ないことを
 冷静に赦し受入れ人と協力する」

 

ただ、それだけです。

自分の強みに特化するには
自分の弱みを赦さないといけない。

ちなみに、赦すって言葉と
許すって言葉は違います。

 

許す=罪や間違いがあるけど目をつむる

赦す=そもそも間違いがない(ジャッジの超越)

 

です。

この赦すが大切です。
(つまり、どっちでも良い感ね)

もはや、赦すとか赦さないとかすら
存在しない「ただ今在る」状態です。

 

つまり、個人の完璧性と言う
狂った幻想に振り回されずに…

「私は支えられて生きている」

という、単純であり当然なことを
受け入れる事が思っている以上に
重要なことだということです。

 

だからこそ、私に期待しないで下さい。

私は、私です。

ポンコツな私です。

服装のセンスは最低ですし、
時間も守れません。

話は抽象的ですし、
カッコよくありません。

人に寄り添わないですし、
自分勝手に生きています。

それでも、人の役に立つのです。

 

私たちは間違いなく人の役に立ちます。

それがあなたの思うような・・・

 

・他人に憧れられる

・模範にされる

・全員に認められる

 

というような役に立ち方かどうかは
全く分かりません。

しかし、私たちは間違いなく

「存在するだけで役に立つ」

のです。

 

●ポンコツであり天才

ごめん。

ちょっと話が飛躍してますね。

私が簡単に言いたいのは・・・

「あなたがあなたらしく居るだけで
 意外と役に立っている」

という単純な事実です。

そして、その価値を発揮するには、

「ダメダメだと思うような自分を引き受ける」

ってことだと確信しています。

だから、自分で自分を否定する
必要はないと思うんですよね。

 

ただ、私たちって社会的に
こういう事が「良い」って
思わされているんじゃない?

それを超える事が大切じゃないかなと…

多分人類って、全ての人が

「ポンコツであり天才」

だと、思うんですよね。

だからこそ、自分の嫌な部分も含め、
“赦し受け容れる”をやってみてほしい。

ま、そんな感じ。

最後まで読んでくれて、ありがとね。

 

松井万理(バンビちゃん♡/メカニック)

 

追伸:

ってことで、ごめんなさいね。

わたしは、あるがままの自分で
楽に自然に稼ぐ事を選びます。

あるがままの自分で稼ぐ。

これができれば人生の8割は
勝ちだと思うんですよね。

 

あなたはこの….

「あるがままで稼ぐ」

って興味ありますか?

興味ある人はこちらから
「あるがまま最高!」
メッセージを送って下さい。

【バンビちゃん♡にメッセージを送る】
matsui@jwda.org

 

Pocket