2021年は“自分らしくない1年”に

Pocket

新年明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

というわけで2021年が始まりました。

昨年はコロナショックで
暗い1年となりましたね・・・

そんな中であなたは
2021年をどんな年にしたいですか?

 

「今年こそ自分らしく生きたい!」

と思いますか?

もし、イエスであれば
僕から1つ提案があります。

 

是非あなたには

「自分らしくない事」

に注目してみて欲しいのです。

 

「え、どういうこと?」

と思われるかもしれません。

実際、生半可にこれをやって
しまうと痛い目を見ます。

これには2つの理由があるのですが・・・

かなり重要なことなので
新年1発目はそれをお話しします。

 

 

■2つの理由

 

ウェルスダイナミクスは

「自分らしく生きる!」

を実践する方法です。

そんな中で

「自分らしくないことに注目する!」

とはどういうことでしょうか?

ちなみにこれを
そのまま文字通り捉えると
普通に苦しくなるだけなので
注意してください。

 

そうではなくて・・・

以下の2つを元に
考えて欲しいのです。

それが

 

1.  逆を知ること

2. 成長すること

 

です。

 

 

■自分らしさとは?

 

僕がセミナーで

「自分らしく生きたい人?」

と質問すると参加者全員が
手を挙げてくれます。

当然です。

多くの人が

「自分らしく生きたい!」

と思っていますよね。

 

でも次の瞬間・・・

「じゃあ、自分らしさって何?」

という疑問も頭に
浮かぶはずです。

そしてほとんどの人が
そこで立ち止まり

世の中に山ほどある

「〇〇診断テスト」

みたいなのものを端から
受けるようになります。

そして色んな結果を目にして
更に自分が分からなくなります。

 

こういう状態の人
本当に多いんですよ。

僕はあなたにこの状態に
なって欲しくはありません。

あなたにはいち早く
自分らしさを理解して欲しいです。

そのために必要なのが

「逆を知ること」

なんですね。

 

つまり、自分らしさを
理解したければ

「自分らしくない事」

にも注目する必要が
あるということです。

表があれば裏がある。
これが世の常です。

自分らしさが分からなくて
つまずいている人は
自分らしく無い部分に目を向ける事
新しい気づきが得られるでしょう。

 

そもそも自分らしさは
自分では分からない
ことが多いです。

自分にとっては
当たり前すぎるからです。

その点、自分らしく無いことを
やると「苦手」が顕著に現れます。

 

・きつい

・苦しい

・常に頑張っている

・人から評価されない

 

といった具合ですね。

もしあなたが現在
そんな事を感じているなら
自分らしくないことを
やっている可能性が高いです。

 

本来なら

 

・楽しい

・ラク

・全然頑張らない

・人から評価される

 

という面から、
自分の特性(強み、才能)を
見つけられると良いのですが・・・

人はネガティブなことに
目が行きやすいです。

ですので、この方が
自分らしさを見つけ
やすい人もいます。

 

「自分らしさを見つけるために
逆のことにも目を向ける」

 

これが自分らしくない事に
注目する1つの理由です。

 

 

■今より成長するために・・・

 

ちなみに僕も2021年を

「自分らしくない1年にする!」

と決めています。

 

・・・が

それは先に述べたような
自分らしさを知るため
ではありません。

僕の場合は

「そこに成長がある!」

ということを
知っているからです。

 

表があれば裏があります。

そしてこれは
どちらか一方だけを
使うことはできません。

必ずお互いに
影響を受けます。

ということは?

 

「自分らしくない事」

というのはある意味で
自分らしさを強化する
パーツでもあるんですね。

あなたもこれまでの人生で
自分の成長を感じた瞬間が
一度はあるはずです。

そんな時にあなたが
やっていたことは何ですか?

 

それは

「これまでにやってこなかった
新しいことにチャレンジした時」

ではないでしょうか?

 

それまでの自分にはない事に
チャレンジする事で
新たな自分を得ることが
出来たわけですね。

では、その逆に

「これまでと同じやり方を
やっているのに結果が
伴わなくなってきた・・・」

という経験をした
ことはありませんか?

 

自分らしくいるうちは
ある程度の結果が約束されます。

しかし一定の範囲を超えると
必ず頭打ちの状態がやってきます。

これは自分らしさという枠が
あなたにとって手狭になった事を
示すサインなんです。

 

そんな時に注目するのが

「自分らしくない事(新しいチャレンジ)」

なんですね。

あえて裏の部分に注目することで
表に影響を与える。

そうすることで
自分の世界をより
大きくすることができるのです。

ただ、これを成功させる
には条件があります・・・

 

 

■順番を間違えると・・・?

 

いくら自分らしくない事が
自分の可能性を広げるとは言え
闇雲にやれば良いという
わけではありません!

いつも大人しくて控えめな人が
毎日パーティーに行って
派手に盛り上がるなんてことを
やり続けたらどうなるでしょう?

そんなことをすれば
ストレスが溜まりまくって
家から出れなくなってしまう
かもしれません。

 

全ては「バランス」です。

自分の枠を広げるコツは

「バランスを取りながら
常にギリギリを攻める事」

です。

 

自分らしさをキープしながら
チャンスがあれば
自分らしくないフィールドにも
果敢に立ってみることです。

もうお気づきだと思いますが
そのためにはまず
自分らしさを知っておく
必要があるんですね・・・

この順番を間違えると
キツくなるんです。

 

本当の自分を知らないまま
訳も分からず行動し続けるのは
チャレンジとは言いません。

安心できる場があるからこそ
時に危険を選択することができます。

いつでも帰ってこれる
自分らしいフィールドを作ってこそ

「自分らしくない(新しい)チャレンジ」

を実行することが
できるんですね。

 

 

■あなたはどうしますか?

 

2021年をどうするか?
それはあなた次第です。

2020年の延長で生きる
ことも悪くはありません。

しかし、人間は成長を望む生き物だと
いうことを忘れないでください。

もし今年動かなくても
あなたを突き動かす出来事は
いつか必ずやってきます。
(その度に無視することもできますが)

だったら自分から
その瞬間を取りに行った方が
圧倒的にラクですよね。

 

「憧れだった講師、コーチという
仕事に今年こそはチャレンジしてみる!」

「講師・コーチとして
より広い世界で活躍する!」

 

いずれにせよ今日お話しした

「自分らしさ」

を基準に考えていくことで
望むものを手に入れることができます。

ウェルスダイナミクスを通じて
それを手に入れてください。

 

僕も今年は人生の中で
1・2位を争うほどの
チャレンジの年になります。

そんな中であなたが
更に前向きに行動できるような
発信をしていきたいと思いますので
楽しみにしていてくださいね。

 

では本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました。

本年もよろしくお願いいたします。

 

岩下 知史(アキュムレーター)

 

Pocket