クリエイターはつくってはいけない!?

Pocket

WDF2014_0321

クリエイターはクリエイト(創造)する人です。

以上(笑)

「で、それがうまくできなくて困ってるんだよ><」

という方々の声が聞こえてきそうです。

クリエイターの価値は
「次から次に湧いてくる革新的な発想、アイデア」

…であるがゆえに、苦戦しているクリエイターが多いのです。

どういうことでしょうか?

クリエイターは
アイデアが、たくさん出すぎて、
実際の形にすることが追い付かないのです。

完成させるのが苦手なので、
一つを完結させる前に、
もっといいアイデアが沸いてきて、
今度はそっちに夢中になってしまうのです。

それが故に、自分はだめだと思っている
クリエイターも多くいます。

クリエイターは
創る→Createをし、
Makeはしないほうが結果は早くでる!のです。

クリエイターの価値は【発想】なので、
実際の作業を人に任せることで
うまくいくケースがほとんどです。

もちろん、ビジネスをスタートしたばかりのころは、
自分ですべてやらなくてはならない場合も多いでしょう。

けれど、できるだけ、
そこを早く切り抜け、
手放すことが成功を早める鍵です。

そのためには、
自分の発想を実現するためのチームを作りましょう。

もしくは、その部分はアウトソースすることもできます。

<弱みは強みで補う>

クリエイターに限らず、
どのプロファイルの人もこの発想を持って行動することが大事です。

クリエイターは物事をスタートする人です。

アイデアを出して、
チームを活気づけて、
勢いをつける役割を持ちます。

アイデアにより、
チームを元気にするプロファイルです。

クリエイターのアイデアが、
他のプロファイルのアイデアと違うのは
そのアイデアが【革新的】であることです。

自分の価値を必要としている人は誰なのか、
真剣に考えること。

ヒントはプロファイルです。
クリエイターの強みを欲しているのは、
クリエイターから遠いプロファイルの人たちです。

スクエアの位置からご確認ください。↓
https://jwda.org/images/WD_Square_Original_2.jpg

いかにしたら彼らの役に立てるかを
必死で考えてみてくださいね!

自分一人でやらなくなってから、
成功が加速している体験をしている成功者がほとんどです。

クリエイターといえば、
ウェルスダイナミクスの考案者のロジャーも
クリエイターです。

クリエイターが、クリエイターとして
成果を上げる方法を、
世界中の誰よりも知っている人です。

そんなロジャーの話は別の機会に。

Pocket