計画倒れにならない目標の立て方

Pocket

2022年がスタートして、
9日が経ちました。

あなたにとって、
2022年は、どんな1年でしたか?

うん?
2022年??
2021年の間違いじゃない???

そう思いました?
いえ、間違いではありません。

「あなたにとって、
 2022年は、どんな1年でしたか?」

私は、2021年末からスタートさせた
アパレルブランドSorgeが、
雑誌に取り上げられて、
認知が一気に広がり、
売上3000万を達成しました。

特に大きかったのは、
バーチャルマーケットや
アウトドアイベントに出店したこと。





と、、、

まだ、2022年は始まったばかりですが、
非常に鮮明に青写真が描けています。

 

あなたはどうでしょうか?

2022年あなたはどんな1年を送り
誰に、どんなことに感謝していますか?

例えば…

想像もしなかったような
チャンスをものにして、
新しいビジネスをスタート。

その結果、毎日、笑顔で周りに
感謝の心を持って楽しく過ごしている。

 

もしくは、
理想のパートナーと
運命的な出会いがあり
毎日、ワクワク、ドキドキの連続。

今までとは違って、
毎日が楽しくて仕方がない状態。

 

または、
目標としていた体重になり、
着たかった服を着て、
大好きな仲間と、
美味しいご飯を食べて
幸せを感じている。

そんな状態でしょうか?

 

このタイミングで、
どれだけ鮮明に青写真が描けているかが、
今日のタイトルである、

「計画倒れにならない目標の立て方」

につながります。

毎年目標を立てても計画倒れ、
途中で目標を立てたことすら忘れてしまう。

今年こそは!と、毎年思うけど、
結局、目標を立てることが
目的になっていて実現したことがない。

 

もしそうだという人も、大丈夫!

今日は、この先で、
自分が望む未来を実現する目標の立て方、
“フューチャービジョン”の書き方
ご紹介します。

 

これまでにいろんな
目標設定をする方法を学びましたが、
本当に実現できたのは、
この方法だけです。

実際にこの方法を使って、
目標の1つであった、
ダイナモ of the year 2020を受賞しました。

そして、2021年も着実に目標を実現し、
アパレルブランドを立ち上げました。

2022年こそは、目標を実現し、
自分が望む未来を手にしたい方は、
ぜひこの先を読み進めてくださいね。

 

 

■フューチャービジョンって何?

 

フューチャービジョンって
聞いたことありますか?

フューチャービジョンとは、
あなたの「目的地」と今後1年間で実現したい
「理想的な人生」を具現化するものです。

 

まぁ言ってしまえば、
最高傑作の1年後の物語(日記)を創る。

そんなイメージです。

 

当然ですが、
これは単なる目標設定や
視覚化ではありません。

フューチャービジョンを作成することは、
今後1年間でのあなたの
人生の発展について全体的に考え、
その青写真を作ることです。

 

あなたの可能性を広げ、
達成可能な範囲で、ワクワクする
フューチャービジョンを作る。

ポイントは、

・達成可能な範囲で!
・ワクワクする

この2つです。

 

起業して、まだ1円も稼いだことがない人が、
いきなり1000万稼ぐ!なんて不可能です。

まずは、5万円稼ぐことからスタートです。
それができたら、桁を上げていけばいいんです。

夢はでっかく、と言いますが、
大きすぎる実現不可能な目標は、
リアリティがなく、意味がありません。

人間は、エコです。
無理だ…やっても無意味だと思った時点で
挑戦するのを諦めてしまいます。

ですから、実現可能な範囲で
目標を設定することが大事です。

が、あまりにも目標が小さすぎると
そこにワクワクしないかもしれません。

ですから、
達成可能な範囲とワクワクのバランスが大事ですね。

 

 

■質問に答えるように書こう

 

フューチャービジョンは、
1年後の物語(日記)ですから、
以下の質問に答えるような形で書いていきます。

 

  • どこで何を成し遂げたのか?
  • 何が起こったのか?
  • それをどうやって実現したのか?
  • その時何を感じたか?

 

この先で具体的な方法をお伝えしますが、
まず、紙とペンを用意してください。

パソコンやスマホの
デジタル機器を使うのではなく
手書きで書きます。

 

 

■フューチャービジョンの具体的な書き方

 

フューチャービジョンは、
「未来の視点から」「過去形で」書きます。

1年後の2023年1月9日、
すでにそれを達成している自分で、
それまでの1年間を振り返りながら書きます。

そして、物語の書き出しは、

「私はこの⼀年に本当に感謝しています。 なぜなら…」

です。

 

大事なのは、
その物語に感情が乗っているかです。

この1年いろんな出会いがあり、
いろんな出来事があったはずです。

物語には、感謝のエネルギーと
様々な感情を詰め込みます。

 

そして、⼈⽣のあらゆる側⾯について
できるだけ具体的に、
⼀年前(現在)から現時点(⼀年後)まで
どうやってたどり着いたのかを
エピソードを含めて書きます。

結果論だけでなく、
そこに関わっていた仲間の名前や、
起こったハプニングも含めて、
より具体的に書くのがポイントです。

 

フューチャービジョンに入れる内容としては、

 

  • 私の収⽀(キャッシュフロー)は・・・
  • 私の資産は・・・
  • 私の時間は・・・
  • 私のビジネス(仕事/事業)は・・・
  • 私の顧客は・・・
  • 私のチームは・・・
  • 私のパートナー/恋⼈ は・・・
  • 私の健康は・・・
  • 私の家族は・・・
  • 私の友達は・・・
  • 私の⽬的意識は・・・
  • 私の貢献は・・・
  • 次の1年間は・・・

 

ほんの一例ですが、
これらのあらゆる側面から書いていきます。

これらを埋めれば埋めるほど、
具体化すればするほど、
実現に近づいていきます。

 

 

■実現を左右する大事な要素

 

あらゆる側面から具体的な
フューチャービジョンが作れたら、
必ずやって欲しいことがあります。

 

それが…シェア(他者との共有)です。

 

家族、友人、パートナー、メンター
あなたの夢を応援してくれる人に
シェアしてください。

あなたが書いたフューチャービジョンを
誰かにシェアする。

これが、目標達成に近づくために
重要な役割を担っています。

 

シェアすると思いがけないところから、
応援があることだってあります。

誰かにシェアすることで、
聞いた相手はあなたを応援してくれますが、
誰にも言わないでいると、
誰もあなたを応援できないです。

ぜひシェアをしてくださいね。

 

 

■その前に…

 

時間を使って
相手に来てもらうわけですから、
シェアする前には、
一度自分で声に出して読みましょう。

黙読ではなく「声にだして」がポイントです。

 

声に出して読んで、
自分の心がどう感じるのか?

ワクワク度数を、チェックしましょう。

もし読んでみて、

ワクワクしない…
やる気が掻き立てられない…

だとしたら、
ワクワク度数が100%になるまで
加筆を繰り返しまします。

 

これなら実現できる!
どうやって目標達成しようかな?
ワクワクする!

 

これが理想の状態です。

ワクワク度数が100%になれば、
第三者にシェアして、目に見えるところに
フューチャービジョンを貼っておきましょう。

 

 

■達成可能なステップを設定

 

そして、書いただけで終わると
どんなに素晴らしい
フューチャービジョンも計画倒れです。

書いた後は、達成可能なステップを
四半期ごとに構築します。

簡単に言えば、
3ヶ月ごとのスケジュールを立てる
チェックポイントを作るということです。

 

これがないと、11ヶ月が経った頃に、

「あれ?あと1ヶ月しかないのに間に合わない……汗」

なんてことになりかねません。

そうならないように、
進捗のチェックをするために
スケジューリングします。

ポイントは、

「何(WHAT )」「いつ(WHEN )」
起きるのかだけにフォーカスする。

「クリアし続ける!」
確信できるものであること(低すぎず高すぎない)。

 

このタイミングでは、
「どうやって実現するの?」は、不要です。

何がいつ起こるのかを
しっかりと把握しておけば、
そのために必要なことは、
ちゃんと考えることができます。

 

四半期ごとのステップが構築できたら、
もっと細かい、
ベイビーステップも作りましょう。

大きなビジョンの実現であっても
最初の一歩は小さなことを
確実に行うことが目標達成への秘訣です。

四半期の目標の最初の3ヶ月の
目標を達成することにつながる、
小さな最初の行動を決めましょう。

例えば、
この記事を読んで、
実際にフューチャービジョンを書く。

これも立派なベイビーステップです。

 

どれだけ小さな一歩でもOK。

ビジョン達成に向けて何か
今すぐに実際にできる
行動を書き出してください。

・・・

以上、計画倒れにならない目標の立て方でした。

ぜひ、フューチャービジョンを書いて、
2022年を最高の1年にしましょう!

 

浅山 佳映子(クリエイター)

 

Pocket