未来(明日)を変える力を手に入れる

Pocket

ここを読んでいるということは、
あなたは変えたいものがある、
変わりたい意思があるという事ですね。

素晴らしいです!(*’▽’)b

では、早速お話します。

『未来を変える力』と書くと
何だか仰々しく見えますが、
とてもシンプルなんですよ。

 

今日の話を聞くともしかしたら
拍子抜けしてしまうかも(^▽^;)

それくらいシンプル!
でも、そのシンプルさで差が出る。

まずは次の文章をご覧ください。

−−−−−−−−−−

『今日』という時間は
『昨日』という『過去』の行動の結果。
もっと言えば、『昨日』まで全ての結果です。

であるならば、

『今日』に何かしらの不満があるなら
『今日』この時から変えなければ、
『明日』という『未来』も
同じ結果を繰り返します。

その『今日』を『変える』為の力。
それが『未来を変える力』です。

−−−−−−−−−−

長々と書いてありますが、
つまり、4行でまとめると…

 

昨日までの結果が今日です。

その今日に不満があるのなら
今日から変わらない限り
明日という未来も変わらない。

 

ここまでは大丈夫ですよね?

だから、今日から変わる為の力が
未来を変える力なんです。

 

じゃあ、未来を変える力って?
これがとてもシンプルなんです。

 

『今までと逆サイドの(違う)事をやればいい』

 

これなんですよ。

僕たちは惰性でやってる事や
無意識にやってたり考えてる事が
毎日あるんです。知らない内に。

その意識は毎日同じことを
繰り返してしまうルーティンになり、
変わらない毎日が変わらない明日を
生み出し続けているんです。

 

僕たち人間というのは
『安定感』というものが大好きで
常に安定したいと思っています。

この気持ち自体はいいんですが…。

この『安定感』の虜になってしまうと、
気づかない内に僕たちはとんでもない
マイナスや大きなコストを支払って
大切なお金や時間といった資源を失う。

そういう事をやってしまっているわけです。

 

だからこそ、覚悟を持って

『逆サイドの事or違う事をやる』

これをするのをオススメします。

 

安定感のルーティンから抜け出す為には
変える必要があるけど、小さな変化じゃ
なかなか抜け出せないものです。

であるなら、思い切って振り切る。

「こんなことして大丈夫かな…」
思うような事をしてみる。

その一歩が大きな結果に繋がります。

 

かの有名なアインシュタインも
このような名言を残しています。

 

「狂気とは即ち、
 同じことを繰り返し行い、
 違う結果を期待すること」

 

つまり、毎日同じ事を
繰り返しているのに違う結果を
求めるのは狂気、というわけですね。

まあ、一説によると、
この名言はアインシュタインが
残したものじゃないようですが…(笑)

それはこの際あまり関係ありません。

 

言葉の意味に納得できますよね?

そこなんです。

もし、あなたが会社を持っていて
会社の生産数を上げたいとした場合、
上げる為の行動を起こさなくてはいけません。

毎日100個の製品を作って
それで足りないというのなら…

作る時間を増やすか、作業員を増やすか、
設備を強化するか、マイナスを減らすか

何かしらやる必要がありますよね。

 

にも拘わらず、何もやっていない、
昨日までと同じ生産方式でやれば、
当然、今日の生産数は100個ですよね?

そういうことなんですよ(´-ω-`)

その結果に文句を言ったり
怒ったりしても、やはり、
当然未来は変わらず徒労に終わる。

空しい時間を過ごしてしまいます。

 

ここまでで、変える力の必要性
変わらない僕たちの時間
どういう関係があるかを
理解できましたか?

次に、変える為の具体的な
話をしていきましょう!

 

 

●逆の(違う)事をやる

 

具体的な話をする前に…
実は僕は実験をしました。

文章の書きだし部分の事を
オープニングというのですが、
それが今回は『いつもの半分』の
文字数にしているんです!

 

これには理由があって
噂の鬼先生である(本当は優しい)
松井万理さんから言われたのが、

 

「アリソンさんは
 オープニングが長いです」

「あと、引き込みも
 やっぱり足りません」

 

・・・。

鋭いスチールの刃に
相変わらず晒されています(笑)

まあ、以前のように凹むことはなく、
正面から受け止めていますけどね( `ー´)ノ

 

そんな有難いアドバイスがあったので、
僕なりにメルマガの質を高めて
これを読んでいるあなたにも更なる
価値提供をしていきたいので…。

今回、早速取り組みました。

 

通常、900文字前後のオープニングを
半分くらいの400文字くらいまでに減らしてみました。

これ、結構怖い事なんですよね~。
なんか不安になるんですよ;つД`)

これが『安定感』なんです。

今までと違う事をやる時、変える時は
この恐怖や感情が湧き出てしまう。

人間ってそういうものなんです。

 

でも、結果を変える為には
自分が変わらなければならない。

そこで、僕は思い切って
自分のやり方を半分に(違う事を)したんです。

この結果がどう出るのかは
これから様子を見ていきます。

試したことが全て上手く行くわけでは
ないですからね。

小さくテストです。

 

 

●昨日と違う事、していますか?

 

そろそろしめていきましょ~~~~!

もし、あなたが今日の自分に
満足していないならば、
今日から変えていく必要がある。

その為に思い切って逆サイドや
全く違う事をやるのが
インパクトとしては大きい。

そういうお話でした。

 

因みに、これはやれば必ず
望んだ結果になる保証はなく、
必ずしもこの方法でないと
いけないわけでもありません。

しかし、何度も言うように
昨日と同じことを今日繰り返せば、
明日も当然今日のような
満足できない日を過ごします。

その為にインパクトを大きくして
『変える力』を最大限発揮し
変化を起こす為の方法が
『逆サイドの(違う)事をやる』です。

 

「こんなことは無理!」

って思ってる事にお宝があります。

それは、自分の勝手な思い込みや
マイナスを生む解釈な可能性が
あることを忘れないでください。

もしくは、周りの言葉や環境で
いつのまにか自分に植え付けられた
誤作動を引き起こしているモノ。

『一般常識』にご注意くださいね(゚д゚)!

 

因みにこの考えが身に付けば、
仕事、私生活、人間関係などなど
色んな事に応用できる技術なので
是非ともあなたに身に着けてほしい。

そこで!

『安定感』と上手に付き合って
『未来を変える力』を使う為に
今日もアクションプランを
用意しました!

 

 

●まとめ

 

『僕たち人間は「安定感」
 によって気づかなうちに
 満足していない毎日を
 過ごしている。

 その呪縛を解き放つ為に
 インパクトのある逆サイドへ
 勇気を持って飛び込もう!』

 

 

●アクションプラン

 

Step.1

『自分の判断や決断を注意深く見る』
どんな時にどんな事を考えて、どう決断し、行動しているか?

 

Step.2

『その中でいつも(今まで)とは違った決断をして、行動する』
いつもはAを選んでいる、いつもは赤を選んでるなら、
BやCや青や緑を選んでみる。

 

Step.3

『それによって自分や周りとの関係性がどのように変化するのかを観察する』
行動の結果をしっかり見届けて記録する。
物事は蓄積する。富も蓄積する。

 

 

それでは、本日も
最後まで読んでくれて
ありがとうございました~!

またお会いしましょうね(^_^)/~

 

八重森 アリソン

 

Pocket