やり方だけでは駄目なんです

Pocket

ID-100268875

先日私は、書店のビジネスコーナーを眺めていました。

そこであらためて、
気がついたことがありました。

それは、
「方法」「やり方」の本が多いな
と、いうこと。

もちろん、いいことが
たくさん書いてあります。
私もこの日、何冊か購入してきました。

けれど、このまま実行しても
全ての人が同じ成果を
出せるわけではないだろうな
と感じました。

なぜ私がそう思ったと思いますか?

プロファイルを考慮していないから?

もちろん、それもあると思います。

それ以上に、
この方法を実行して成功した方たちが、
当然のものとして築いた
「土台」の部分が
本には書き切れていないことが
多いと感じるからです。

「やり方」ももちろん重要です。
結果を変えるのは行動でしかありません。

けれど、その行動を起こす
根本的部分の「土台」なくして
行動を保つことはできません。

ウェルスダイナミクスがお伝えしているのは、
この「土台」の部分がほとんどです。

ウェルスダイナミクスの
富の定義とは

『あなたが全てのお金を失ったときに
あなたに残ったもの』

です。

少し時間を取って
考えてみてください。

今あなたから
お金や資産と呼ばれるものが
全てなくなったとしても
あなたに残るものは
一体なんでしょうか?

ロジャーは、
そこにあなたの時間を投資しよう!
と言っています。

例えば、
「クリエイターの富を築く鍵は
より良い製品を作ること」
と、なっています。

どんな製品をどのように作るのかは
限定していません。

過去の成功者の例はいくつかありますが、
それもヒントに過ぎません。

クリエイターの価値は
「革新的な創造」です。

その価値を提供するならば、
何をしてもいいのです。

そして、その価値の提供の仕方が
自分の生まれ持った特質にあっているということが
起こす行動を支える重要な要素になります。

もともとから得意で大好きなことの場合、
それをすることによって
集中力が高まり、
フローという状態に入りやすくなります。

そして充実感を感じることができます。

ウェルスダイナミクスは
特定のお金を稼ぐ方法に焦点を当てていません。

ノウハウではないので、
ときには具体的でないと
感じられる方もいらっしゃいます。

でも、だからこそ、
方法や、やることを限定しない
不変的な理論だと感じています。

時代や、流行によって、
「やり方」は大きく変化していきます。

あなたの中にも、
変わらない重要な部分があるのです。

ウェルスダイナミクスで、
自分のプロファイルを知ることで、
自分にとって普遍的な重要部分を確認し、
確信を持って進むエンジンを手に入れることなのです。

 

ロジャーが携えてくるのが、
普遍的な「土台」の部分の
ウェルスダイナミクス理論

例えるなら「土台」の部分は車のエンジン部分
「やり方」は車のボディ

どちらもなければ
車は走りません。

やり方のところは、
現在お持ちのあなたのビジネス。
これからやりたいと思っているビジネスのことです。

現在バリに住みながら、
いくつものビジネスを展開しているビジネスオーナーであり、

ウェルスダイナミクス理論を使って、
数多くの起業家をフローに乗せてきた
ロジャー本人から話を聞けるのは
年に1度の来日イベントのみ!

毎年ホームページ、メルマガなどで
お知らせしていますので
お見逃しなく!

 

Pocket