ディールメーカーが最速で富を築けるワケ

Pocket

今回は

『ディールメーカー』

をテーマにお届けします。

今週の記事に似たような内容が
あったようななかったような気がしますが、
今回はこのテーマです(笑)

 

そもそも…

何故ディールメーカー(以下DM)プロファイルについて
書こうと思ったのか?

元々僕はある時、協会に進言しました。

 

「ディールメーカーのライターいませんか?」

 

つまり、ディールメーカーの人が
何を考えてどう動いてるのか?

それが知りたかったんです。

そんな動機だったのが、ひょんな流れから
ディールメーカーの僕自身が
メルマガ(記事)を書く事になりました(笑)

しかし、気づいたんです。
今日までDMについて書いてない事に…。

なので今日は書いてきます!

 

さて、そんなディールメーカーの
特性を表現する言葉として、

 

『適切な時に、適切な人同士をつなげること』

 

というものがあります。

でも、これだとわかりにくいですよね?

Deal Maker(ディールメーカー)は
字の如く、ディール(取引)
メーカー(作る人)なんです。

つまり、取引をしていく上で
人と人を繋げる、人じゃなくても
何かと何かを繋げる事で富を築きます。

ただ、これも『取引』って書くと、
契約か何かかな?と思ってしまって
ちょっと難しく捉えがちなところもあります。

 

この『取引』がどんなことを意味するのか?

人と人を『繋げる』ってどういうことなのか?

 

今日はこの疑問に答えていきます。

あなたがDMなら、どうやって自分の才能を
開花、活用していくのかというヒントになるし…。

もしくは、あなたの周りのDMに対して
どんな風に接していけば良いのか?

DMの扱い方、チームの組み方がわかるようになります。

 

そして、ディールメーカーは
実はウェルスプロファイルの中で…

『最も早く富を築く事が出来る』

言われてるんですよね~~~~!

かっくぃ~~~~~~!!(≧▽≦)

 

最強の交渉人・ディールメーカー。

 

プロファイルの中で一番
他人と
富を築く特性があるDMなので、
必ずあなたにもプラスになること
間違いなし!です(*’▽’)

 

 

●DMの基本情報/周波数

 

DMはブレイズテンポという
2種類の周波数を半分ずつ持っています。

 

・ブレイズとは…

周りから自分がどう思われているか?
『誰』をベースに考える特性。

 

・テンポとは…

周りの人がどう感じているのか?
『いつ・どこ』をベースに考える特性。

 

僕がプロファイル診断結果で一番注目した
DMの特性が

『一対一で話すのが得意』

という部分でした。

1人の人間と仲良くなるスピード、深さは
他のプロファイルより抜きんでていますね。

それ故に

 

『自分の人間関係に一番影響を受けやすい』

 

そんな面もあります。

だから、1人1人と丁寧に人間関係を
築いていくことが喜びになる。

だから、プロファイルの中でも
最も人間関係に特化したプロファイル!

それが、ディールメーカー(=゚ω゚)ノ

 

▼参考図

参考図の通り、

『他人を当てにする』

と書いてあるように
人をベースに考えつつ、
繋がりを求める気質がある。

だから、『他人』というのが
DMのキーワードになるんです。

 

 

●DMの強み・弱み

 

そんなDMの強みは
大きく分けて3つ。

 

1.人との繋がりを作れる

2.その場で柔軟に対応できる

3.人の懐に入り込む

 

DMはテンポ周波数の特徴である
「体感的」な特性が備わっているので、
その場で起きた出来事に対して
柔軟に対応することができます。

それが人なら猶更得意なんですね~!

その強みを『対応力』に活かせば、
交渉、接客、育成などの分野で
活躍することが出来きます。

 

一方で弱みに関しては

 

1.周りの人間関係に左右される

2.道から外れる

 

先程も書きましたが
『他人』がキーワードではあるけど、
それ故に周りの人間関係次第では
マイナスにも転じるので注意が必要。

ついつい、人の頼みを何でも聞きすぎる、
「良い人」をしすぎてボランティアに偏り過ぎて
自分の事を疎かにする、という面があります。

勿論、それも扱い方次第ですが、
一歩間違えるとDMの戦略から
外れてしまって戻ってこれなくなることも…。

 

まとめると、
良くも悪くも『他人』に
影響し、されるのがディールメーカーです。

 

 

●DMが活躍しやすい職種

 

今までの情報をまとめると…

持ち前の人脈や相手に対する適応力を
活かせる場であれば、フローに乗れるんです。

職種にすると以下のものが候補としてあります。

 

・受付

・接客業

・介護士

・カウンセラー

・カスタマーサポート

 

必ずしもこの5つとは限りません。

交渉繋がりを活かせるばであればOK!

 

逆に言えば、
アイデアを求められたり、
詳細が重要な仕事やシステムの話。
これは…フローから外れます。

その力はダイナモやスチール、
言うなれば、メカニックの領域ですからね。
近づかないのが吉、です。
最初にアイデアを出すの…ツライです(笑)

 

…でも!

 

勘違いしないでほしいのが、
DMはアイデアがないわけじゃない。

ちゃんと、アイデアはあります。
でも、適切なタイミングがあるということ。

例えば…

皆が活発に意見交換をして
(大体ダイナモが先行する)
(それを追うかのようにブレイズも)
この時、DMはそれをじっ…と聞く。

で、あらかた出尽くしたと思ったら
そこが動く時、発言タイミング!

それまでに交わされた内容を精査して
より良くするアイデアを提示する。

 

つまり、出てきた様々なアイデアから
派生させるアイデアを出す事。

これが、刺さります!

 

『後追いアイデア』

ここを意識すると
かなり楽になるし、妙案出てきますよ~♪

現在の僕のスタイルは全てこれです。

 

 

●DMの動き方、動かし方

 

では、今までの情報や前提を元に

 

・DMはどうやって動いたらいいか?

・もしくは、動かすと良いのか?

 

そこをお話ししていきます。

基本的にDMは人の懐に入る能力が高い、
これは、一対一で最大の効果を発揮します。

DMだから自然と、深く相手の心に入る事が出来ます。

組織で例えるなら、
カスタマーサービスや相談窓口。

相手に寄り添うことで、価値になる場所。
そこが、活躍の場です。

 

トレーダーやアキュムレーターも
一対一で話すことが出来るし
好きではあるんですが…

DMはそこに情熱がハンパない(゚д゚)

 

とにかく一対一で話したい!
(相手の事を深く知る為に)

相手の為に出来る事をしたい!
(本音を聴くので心が疼く)

その姿が相手を動かす!
(親切にされたらしたくなります)

 

人に対する興味関心のベクトルが
とても強いので、話した相手は
自然と心を開いて本音を言っちゃいます。

これはDMならではの能力です。

 

DMの人を活躍させたり
適切な場所へ配置したいのであれば、
一対一で顧客や従業員と関わってもらい、
その人達の『本音』を聞いてもらう。

それを元に商品を作ったり、
問題を解決したり、改善に活かす。

そうすれば、成約率や
稼働率を一気に上げる事が出来、
それが利益に繋がります。

 

欲しいものは聞いちゃえば、正解率は100%ですから。
トライアンドエラーもいりません。

そして、DMは聞けちゃいます。
そこが本当に強い!
活かさない手はないです。

これがDMの『取引』である
重要な部分でもあるわけです☆

 

 

●DMの注意点

 

最後に注意点です。

これはDMに限らない事ですが…

もし、あなたがDMなら上記で話したことが
そこまで特別なこととは感じないかもしれません。

しかし、それは勿体ない(´・ω・`)

才能のジレンマとして
僕たちは自分自身の才能を
この世で誰よりも理解していない。

そういう状態に陥りやすい。

 

何故なら、才能とは…

 

・楽にできること

・当たり前にできること

 

だからなんです。

今あなたが呼吸していることを
意識しないレベルでやっているように
才能とは呼吸のようなもの。

当たり前すぎて(呼吸しないと死ぬし)
わざわざ意識せずともやっちゃう(楽だし)

でも、とても大事なことをやっている。

ここを意識しないと
宝の持ち腐れが発生します。

 

才能とは筋トレと同じ。

使えば使うほど発達しますが、
使わないと萎んでいきます。

そして、使う為には
意識しなければならない。

シンプルなことです。

 

だから、あなたの「当たり前」は
誰かが欲しくて欲しくて、
やってもらいたくてたまらない
最高の贈り物であるということ。

これを念頭に置いて
自分の才能を使い始めてくださいね!

 

 

●DMのまとめ

 

1.とにかく人とつながれー!

繋げる人、繋がる人がいないと
ガソリンの無い乗用車です(´・ω・`)

 

2.一対一の状況をつくれー!

一番活躍しやすい、集中できる
自分のフィールドで戦いましょう。

 

3.人の懐にガンガンはいれー!

目の前の人を喜ばせる。笑顔にする。
それは『信頼』となって全ての源泉になります。

 

以上のことを意識して
最高の交渉人になってくださいね!

 

…と、ここまで書いたけど
1つだけ注意が必要です。

僕が書いたDMの姿は
必ずしも絶対ではないこと。

あなたの状況、人間関係、
アクセスできる場所によって
やれること、できることが変わります。

それは、必ずしも一対一の
フィールドではないこともある。

大切なのは自分の現状から
接続していくことなんですよね。

僕のお話が逆に選択肢を狭めるような
ことにならないことを祈っています。

 

それでは、本日も
最後まで読んでくれて
ありがとうございま~した!

またお会いできるのを楽しみにしています(^_^)/~

 

八重森 アリソン(ディールメーカー)

 

 

●こっそりな追伸

 

ドヤ顔でDMのことについて
お話した僕なんですが…

お恥ずかしい話、
ウェルスダイナミクスに出会って
今年で6年。から1年前。
2019年まで僕は…

ウェルスダイナミクスを
ちゃんと扱えてなかったんです。

 

当然、DMの本当の力も
発揮できず、くすぶっていました。

今思えば、人と関わる回数が
めっちゃ少なかったのが大きな原因でした。

そもそも、1人で色んな事を
しようとしていたので
うまくいくわけないんですよね。

他にもプロファイルを言い訳…
自分の選択肢を縛ることに
使っていた過去もあります。

ホント、お恥ずかしい限りです。

 

しかし、そんな僕が2019年の
中旬を皮切りにDMの力を
ウェルスダイナミクスも
ちゃんと扱えるようになりました。

 

僕を根本から変えてくれたモノ。

今でも成長を促してくれるモノ。

 

そのお話をあと半月後くらいに
やろうかなと思ってます。

 

『ウェルスダイナミクスを正しく使う』

 

このフレーズに興味があれば、
僕から発信を見逃さないでくださいね(*’▽’)b

 

Pocket