ウェルスダイナミクスでチーム作りをする落とし穴

Pocket

ウェルスダイナミクスでチーム作りをする落とし穴

あなたは
ウェルスダイナミクスの
プロファイルをご存じですか?

お互いの弱みを補完しあい
強みを提供しあう
チーム作りをするために、
違うプロファイルと
組みましょう!

ウェルスダイナミクスの
スクエアを時計回りに
2つ先、そこからさらに3つ先の
プロファイルの人と
3人でチームを組むと
まんべんなく補い合う
チームになると
お伝えしています。

ウェルスダイナミクスのスクエアの詳細はこちら

例えば
あなたがスタープロファイルなら
スターから2つ先、
ディールメーカーと
そこから3つ先ロード
と3人で…
という感じです。

ですが、
スペクトルを理解すると
それだけでは
危ないと知ることができます。

=============================
スペクトルの課題がポイント
=============================

チーム作りの目的によって
どのスペクトルの人が
必要かは違います。

==========================
社内や組織内で
決まった仕事を
仕上げるときのチーム
==========================

<赤レベル以上の人>

が、組むことによって
達成可能でしょう。

なぜか?

赤レベルの人は
赤外線の人が
赤レベルに上がるための
課題をクリアした人

と定義できます。

すると、
赤外線の課題には、

*行動規範を守る
*義務を果たす

とあります。

決まった行動規範を守って、
義務を果たせる人
ということが言えます。

逆に、赤外線の人が
3人で組んでも
難しいと考えられます。

==========================
社内や組織の中で
自らアイデアを出したり、
決まりを作りながら
行うプロジェクトを
任せるチーム
==========================

<オレンジレベル以上の人>

となります。

彼らは、

情熱が明確になっており、
その情熱に通じる組織に
属していることが
条件になっているので、
喜んで価値を発揮しているでしょう。

==========================
起業家のチームの場合
==========================

<黄色レベル以上の人>

となります。

彼らは、独自性が明確で、
市場を理解し、
価値をお金に換える方法を
知っている人たちなのです。

起業家はゼロから価値を生み出し、
お金に換える必要があるので、
黄色レベル以上の人同士で組むのが
望ましいでしょう。

ウェルススペクトルの、
各レベルの解説は無料Eブックをご覧ください。

チームに必要なものは
<信頼>です。

信頼をお互いに持つには、
責任を果たす
ことです。

レベルに応じた
責任の持ち方、
任せ方があります。

そういう意味でも、
早く赤外線からは、
抜け出していくことが
大切ですね。

自分の赤外線のころを
振り返っても、
義務を果たさず、
何かが起こるのを待っていた
と感じます。

あなたはどんな責任を
持っていますか?

 

Photo credit: JD Hancock via Foter.com / CC BY

 

Pocket