アナタが提供できる価値とは?

Pocket

あなたが提供できる価値とは?

ウェルススペクトルを上げていくにあたって、
大きな変革を経験するであろうステップの1つが、

基礎プリズム⇒企業プリズム

への変革。

すなわち、雇われて給料を得るのではなく、
自分の力でお金を稼ぐことを経験することではないでしょうか?

多くの人は、この価値観の変化に対応できずに、
独立してもまた会社員に戻ってしまいます。

だから、ロジャー・ハミルトンも、
「才能は開ける」の著書の中では、
今、会社員の人がいきなり独立することは、
推奨しているわけではないのです。

今、会社員の人が独立する過程においては、

「他人のフローに沿う」経験を積むことを、
推奨しています。

これはどういうことか?

今の会社で働きながら、
あるいは今のビジネスを行いながら、

・自分がやってみたいと思える分野を見つけ、

・その分野で卓越した結果を残している、
人や企業を見つけてアプローチをし

・より相手のフローを大きくするための、
手伝いをすることで収入を得る。

これを起業する前段階の、
練習として行えばよいのです。

そのためには、
今の自分が相手にどんな貢献をできるのかを
見極めることが必要です。

WD Square Original CompactvxLなし

周波数別の相手の事業の収益を伸ばすために
貢献できることの例としては、
以下のようなものが考えられます。

【ダイナモ】

・既存顧客が必要とする新しい商品やサービスを考えだす

・マーケティングパートナーになる

・セールスパーソンがさらに収益を伸ばせるよう、計画や戦略を練る

・画期的な販売キャンペーンのプロモーションを行う

【ブレイズ】

・マーケティングパートナー、アフィリエイターになり、
自分の人脈をターゲットとして商品販売の協力をする

・各種イベントや会議でメッセージを伝え、
新規顧客と交流する。

・既存顧客にどんなニーズがあり、
何を買いたいと思っているのかを電話でヒアリングする

・価値を付加してくれる人脈や
商品がある人とパートナーシップを結ぶ

【テンポ】

・セールスパーソンの生産性を一層向上させるような組織構造を作る

・経費を削減する方法を見つける

・価格設定のテストを行い、顧客が払う意志のある価格を探る

・既存顧客へのサービスの向上を支援することで、
注文のキャンセルを減らし、再注文や紹介を増やす

【スチール】

・数字を分析し、コスト削減方法を見つける

・現金回収率を向上できるよう、システムを変える

・コストがかさむ事業活動を自動化することで、
生産性と費用効率を向上させる

・セールスパーソンが最も付加価値の高い活動や
顧客に集中できるよう、分析結果やデータを提供する

・ネット上でセールス、更新、サービスの提供、
コミュニケーションができるようなシステムを提供する

いかがでしょうか?

あなたが貢献できそうな分野は有りましたか?

 

どうやって価値を提供すればいいか、
わからない方は上記の一覧の中から、
ご自身の周波数の得意分野を1つ選んでみましょう。

そして、
その価値が提供できる人間になることを
目指してみましょう。

それが、スペクトルを上げるための、
一歩につながるのです。

 

Pocket