自分の“得意”がわからない?そんな時は……

Pocket

あなたは、ご自身の
「才能(強み、弱み)」を理解していますか?

ウェルスダイナミクスをお伝えしている中で、

「自分の弱みは分かるけど、
 強みは良く分からない」

という声を聴くことがあります。

 

ウェルスダイナミクスで言う「才能」とは、

「頑張っている意識はないけど、
 自然とできていること」

を指します。

言い方を変えれば、

「できることが当たり前すぎて、
 自分で自覚できていない」

ということでもあります。

その結果、「強みが分からない」という
発言になってしまうのです。

 

まず前提として、才能が無い人は『いません』。
ただ、圧倒的に「才能に気づいていない」
場合が多いのです。

「じゃあ、どうやったら気づけるの?」

と言いたくなりますよね。

 

今日は、そんなあなたに朗報!

『自分の強みに気づく方法』

をお伝えします。

コーチ、コンサルタントをやっている方なら
クライアントに「強みに気づいてもらう方法」としても
お役に立てますよ。

 

 

●『なんでこんなことができないの?』

 

自分の強みに気づくポイントはひとつ!

周りの人に対して、

“『なんでこんなことができないんだろう?』
と感じること”

を挙げてみてください。

 

「これくらい出来るのが普通なのでは?」

「こんなに簡単なことがどうして出来ないの?」

こう感じるのは、
あなたが強みを活かしているからです!

 

「なんで周りからはアイデアが出ないの?
 アイデアなんて勝手にどんどん出てくるものでしょ?」

というあなた、

「自分からアイデアをどんどん出せる」
才能をお持ちです。

 

「色んな人と会って交流するのサイコ~!!
 1人で黙々と仕事するなんて意味がわからない」

というあなた、

「色々な人と会って交流する」才能をお持ちです。

 

「普通、場の空気くらい読めるでしょ?
 なんで場にそぐわないことを言うの?」

というあなた、

「場の空気を読める」才能をお持ちです。

 

そして、私はこれらが苦手!!です!!

つまり、

「自分が簡単に出来ることは、
 皆が簡単に出来て当たり前
 ……ではない!

ということです。

 

ここで1つ注意したいのは、

「得意、不得意(強み、弱み)」は、
単なる「できる、できない」とは違う

ということ。

努力して身につけたわけでもなく、
頑張っている感覚が無いのに「できる」こと。

それがウェルスダイナミクスで言う
「強み」です。

 

 

●確定申告の何が大変なの?

 

私がカウンセラーとして独立する前、
既に起業していた知人がこう言いました。

「ほんと確定申告って超大変だから!!
 独立したらほんと苦労するから!!!」

 

そして私がカウンセラーとして独立し、
初めて個人事業主として確定申告をしたとき……
こう思いました。

 

「……何が大変なんだろう?」

 

何か作業をやり残しているのではないかと
とても不安になりました。

それくらい、簡単に終わってしまったのです。

かかった経費をジャンルごとに分類して、
決まったところにデータ入力して申請。

使った書類は整理してファイルに入れておく。

一年分をまとめてやると量が多くて大変だから、
定期的に作業をしておく。

 

「……何がどう大変なの?」

 

そう、思いっきり私の得意分野だったのでした。

当時はウェルスダイナミクスを知らなかったので、
先程の知人に対して、

「大変ぶって、自分が売れっ子っていう
 マウントを取りたいだけでは?」

と思っていました。

 

今は分かります。

本当に大変だったんだろうなあ、と。

私の周波数はスチール。
整理と削除、分類は大の得意分野です。

かたや、知人の周波数はブレイズ。
数字や計算、事務作業は苦手分野です。

 

……マウントだなんて思ってしまってすいませんでした!!!

 

ご自身のプロファイルが分かっている方は、
「対極のプロファイルの『弱み』」
見てみるのもおすすめです。

 

 

●対極から見つける、あなたの強みが活きる場所

 

対極ということは、
強みと弱みが真逆であるということ。

つまり、

「あなたの強みが活かせる」可能性が高い

ということです。

 

「これが苦手な人がいるんだな」と気づくことでも、
自分の強みを知ることができると思います。

 

私のプロファイルはロードですので、
https://jwda.org/whatiswd/8profile/
より、対極のプロファイルである
「サポーター」の弱みを引用してみます。

 

【サポーターの弱み】

  • 数字や計算に興味がない
  • バックオフィス(事務管理部門)に向かない
  • おしゃべり好き
  • よく方向性を変える
  • たくさんの人に意見を求めすぎる
  • 常に変化を求める
  • ブレやすい

 

【私(ロード)の反応】

  • 数字や計算は好きです。
  • 事務管理は好きではないですが、別に苦労はしません。
  • おしゃべりをしては駄目なところでは黙っていられます。
  • よほどの理由が無い限り方向性は変わりません。
  • 必要だと感じた人の意見だけ聞きます。
  • 変化はあっても良いけど、常に求めてはいません。
  • 「ブレないですね」とよく言われます。

 

…ということで、
サポーターの人の苦手としているところは
カバーできそうですね。

お互いの強みと弱みを理解できると、

「なんでこんなに簡単なことができないの!」

とイライラすることも減ってきますし、
自分の力を活かせる場所も見抜きやすくなります。

 

「自分にとっては大したことがない」
と思っていることでも、
他人にとっては大きな価値となります。

小さなことからで構いませんので、
ご自身の「強み」を見つけていきましょう!

 

 

●最後に……

 

実際に周波数やプロファイルごとの
違いを感じていただくには、
セミナーへの参加がおすすめです。

周りの受講者さんの反応を見たり、
ディスカッションなどを通して

「本当に周波数やプロファイルごとに
 行動や考え方が違うんだ……」

というのをリアルに実感して頂けると思います!

⇒セミナー一覧はこちらから
https://wdseminar.jp/

 

白井 圭(ロード)

 

Pocket