8月 23

トレーダーの圧倒的な強みとは?

Pocket

Lynne-Twist

よくトレーダープロファイルの人に、
「トレーダーが分からない」と
言われます。

実は、他のプロファイルの人からも
言われます。

結局、みんなに言われます。

本日は、そんなトレーダーたちの謎を
解き明かします。

分かりづらい理由の一つは、
強みが確認しづらいから。

それは、彼らが七変化だからです。

必要に応じて自由自在に提供する価値を
変化させることができるのです。

そして、何を必要とされているかは、
言われなくても、超能力で感じることが
できます(笑)

「じゃあ、強みは何なのよ」
ということですが、

圧倒的なトレーダーの強み、
それは何といっても「共感力」と
「他者の役に立ちたい」という思い。

ロードの私からすると
素晴らしすぎて、口がO(オー)に
なってしまいます。

それが、一家に一台ではないですが、
「一チームに一人、トレーダー」と
言われる所以です。

そんなトレーダー代表とも言える
リン・ツイストさんのブログを書きました。
http://ameblo.jp/wealthdynamics/entry-12192609697.html 

そして9月3日、本田健さんと
リン・ツイストさんが
ジョイント講演会を開催されます。

成功したトレーダーのエネルギーを感じたい。
トレーダーの成功者から学びたい。

そう思われた方はチェックしてみてください。
http://www.aiueoffice.com/LK16/s0903w/

一般社団法人 日本適性力学協会
代表:宇敷珠美

Pocket

11月 01

ウェルスダイナミクスを子育てに使うには?

Pocket

ウェルスダイナミクスを子育てに使うには?

====================
子育てとウェルスダイナミクス
====================

先日、17歳になる娘から

「お母さんの育て方は、
なかなかよかったよ」

と、なんだか上からな(笑)コメントを
突然もらいました。

急に何かと思ったら、
お友達が苦労しているところで、
自分は何とも思わないことがあって、
良かったと思ったそうです。

どんなこと?と
尋ねると、

『サバイバルに育てたこと』

だそうです(汗)
どんな意味かといいますと、
私自身の子育ての方針は、

『いつ親がいなくなってもいいように
その年齢でできることを
できるようになっておくこと』

でした。
2歳から子供用の包丁を用意し、
子供の手の届くように
台所に踏み台を置く。

小学生の時は
朝は起こさない。

朝ご飯は自分で
考えて用意して食べる。

洗濯は自分でさせる。

お小遣いは、
お手伝いで稼ぐ。

中学生になったら
お弁当は自分で作らせる。

アルバイトをした時点で、
お小遣いはありません。

携帯電話の料金も
もちろん自分で。

高校生になった今は、
習い事の一つは
自分のアルバイト料から
月謝を払い通っています。
鬼扱いされることもありますが(苦笑)

成人した時の
親離れが苦痛でないようにと
考えた結果でした。
ただ、同時に心がけていたことは、
愛情を言葉にして伝え続けることです。

母を含めて、
『彼女を取り巻く
すべての人の愛情』をです。

お父さんが
彼女の誕生をどれだけ喜んで、
『バカ親』といわれるほど
デレデレにかわいがったか。

おばあちゃんが、
沢山手作りのお洋服を
作ってくれたこと。

バレエの先生が
生徒のことを思って
厳しくしてくれていること。
保育園の頃、寝る前に、
娘のことを大好きな人の
名前を一人づつ
声に出して言いながら
数えていたこともありました。

そして、健康で
楽しく保育園に通ってくれているから
お母さんは、お仕事頑張れるんだ、
ありがとうと
ことあるごとに伝えていました。
これが、
特によかったのだと
ウェルスダイナミクスを
知った時にホッとしました。

娘はトレーダーという
プロファイルです。

絆、つながり、調和を
最も重要視するのが
トレーダーです。
また、サバイバルなことも、
実はいきなり
導入しませんでした。

その前の段階で、
小学生になったら、
これは自分でやるんだよ。

中学生になったら
こうだよ。

と、予告とその前のことが
できるようになる経験をさせること、
を繰り返していました。

トレーダーにとって、
いきなりの大きな変化は、
辛いものです。

ですので、
事前に何が起こるのか
予測できる期間があり、
そして、準備、練習期間があったことが、
よかったのだなと思いました。

プロファイルを知らなかったことによる
反省点もあります。
私はスタープロファイルなので、
『みんなとおなじがいい』という
欲求が理解できませんでした。

ウェルスダイナミクスを知るまでは、
娘の
『みんなと同じがいいからこれがいい』
という要望は、
結構な確率で却下してきました。
「みんなと同じだと意味ないよ」
と、言い続けていました。(苦笑)

ウェルスダイナミクスをしり、
トレーダーの素晴らしさを知った今、
もう却下することはしません!!

が、それまでに、
沢山言ってきてしまいました。

「いい?人生目立ってなんぼよ!!」
とも言ってしまいました。(反省)
これから子育ての方は、
ぜひ、じっくりお子さんを
観察していただき、
価値観を理解する方法として、
ウェルスダイナミクスを活用して
頂きたいと思います。

☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆
ダイナモ
☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆

プロファイル:メカニック、クリエイター、スター

キーワード:自己重要感、奇抜なアイデア

アドバイス:自己重要感をつぶしてしまうことは
なるべく避けましょう。

また、そこが満たされるほめ方を
心がけるといいと思います。

奇抜なアイデア、大きな話を否定せず
発想力を承認しましょう。

☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆
ブレイズ
☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆

プロファイル:スター、サポーター、ディールメーカー

キーワード:多様性→不確実性
社交性、にぎやかさ、自己アピール

アドバイス:白黒つけない、
曖昧さを認めてあげましょう。

かっこいい、すごーいと声をかけましょう。
八方美人的な行動を認めてあげましょう。

まとめ役、リーダー役などをすることを
認め後押ししてあげましょう。

☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆
テンポ
☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆

プロファイル:ディールメーカー、トレーダー、アキュムレーター

キーワード:絆、つながり、調和
周囲を見ながらの動き、人に合わせて行動する
アドバイス:いつもよりそってくれるところを、
認めましょう。

周囲への気配りに対してどれだけ助かっているか
どんなに役に立っているかを伝えましょう。

オーバーにすごーい!!というよりも、
目線を合わせて穏やかに、
ありがとうを伝えましょう。

何かを投げかけてから反応するまでの時間に
ゆとりを持たせてあげましょう。

☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆
スチール
☆∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴.☆

プロファイル:メカニック、ロード、アキュムレーター

キーワード:確実性、効率、慎重さ

アドバイス:慎重さ尊重しましょう。
一人の時間を尊重しましょう。

褒めるときは本人が本当に
自信があるところを見極めること。
実際の成果を具体的にほめること。

生活の中にも明確なルールや
スケジュールがあることを好みます。

自分なりのルール化、
ルーティン化を承認しましょう。
以上は、特性を見分けた後の

注意点でもあり、

この指標をもって
何を好むか、喜ぶかを
観察することで
特性を見分けるヒントにもなります。
ウェルスダイナミクスがあることで
ご自身とお子さんのプロファイルが
違った場合に
価値観を受け入れやすくなります。

ぜひ、ご活用ください。
では、子供のプロファイルを
いったいどうやって見極めるのか?

そのために、
プロファイルテストを受けていない場合でも
相手のプロファイルが見極められるようになるための
通信講座があります。

瀬賀啓衣(スター)

 

Pocket

10月 24

トレーダーはトレードしないといけないの?

Pocket

トレーダーはトレードしないといけないの?

今回は誤解の多い、

「トレーダーなんだけど、やはり株のトレードや転売ビジネスをしなくちゃダメですか?」

「株のトレードや転売ビジネスには興味がないんですけど・・・?」

といった質問にお答えしていきます。

Trader

結論から言いますと、

トレーダーであっても興味がなかったら、
株のトレードや転売ビジネスに手を出す必要はありません。

「才能は開ける」の170ページから、
そのことが詳しく書かれています。

本の中では「テンポ」の周波数の事例ということで
紹介をされていますが、
「テンポ」の周波数はトレーダーの人は、
全員当てはまります。

ですので、ほぼトレーダーの戦略と読み変えることができます。

ちなみに、テンポの周波数はトレーダー以外にも、
アキュムレーターとディールメーカーの
プロファイルの方も一部含みます。

ご自身がどの周波数なのかは、
ウェルスダイナミクスの簡易テストを受けるか、
あるいはプロファイルテストを受験したときに、
周波数のパーセンテージが出てきますので、
そちらをご覧ください。

ここで紹介されている事例として、
自分の周波数がテンポであることを知り、
株のトレードをやろうと思って、
ロジャーに相談をした女性のことが書かれています。

ロジャーの答えは、

「トレードには手を出さない方がよい」

ということでした。

トレードを学ぶには時間がかかることであり、
それよりも自分が情熱を感じていることに、
取り組むべきてあるとロジャーはアドバイスをしました。

もちろん、トレードに情熱があるのであれば、
時間をかけてトレードを学ぶのもありでしょう。

もし、そうではないのであれば、
別の道を探していく必要があります。

お金をもっと稼ごうと思ったら、
ちまたにあるお金を稼ぐより良い方法を探して、
その方法に取り組む方は多いです。

あるいはすべてを自分で解決しようとしたり、
目の前にあるチャンスに飛びついてしまう方もいます。

これらはロジャーが提案する、
テンポの方が【やってはいけないこと】です。

たしかに、多くの方に言えることですが、
特にトレーダーで上記のことをやってしまい、
失敗する人は少なくありません。

リサーチをするのがうまかったり、
現場での状況に対応するのが得意なトレーダーが、
やりがちな失敗かもしれませんね。

今、トレーダーのプロファイルであり、

・会社員だけど今の仕事が楽しくない

もしくは、

・独立をしたけど、
生活していくのがやっとで将来が不安

そういった方がすべきことは、
まずは自分の人脈の中から、
一緒に働きたいと思える人を探すことです。

一緒に働きたいと思える人がいなければ、
自分が必要だと思う理想の人たちを探し、
つながる時間を確保する必要があります。

その人は自分が興味を持った分野の事業で、
すでに成功している人が望ましいです。

やるべきことは、
その人のチームに参加するか、
その人のチームを支援することで、
お金を稼ぐことです。

もっと詳しく知りたい方は、
「才能は開ける」をお読みくださいね。

さまざまな状況の方が、
どうすれば次のステップに進むことができるのか?

明確な道筋を示してくれます。

 

Photo credit: DocChewbacca via Foter.com / CC BY-SA

Pocket

9月 28

子育てとウェルスダイナミクス

Pocket

子育てとウェルスダイナミクス

9月は娘の誕生月でした。
気づけばわが子も17歳。

成長すればするほど
トレーダーだなと感じます。

=============================
子育てとウェルスダイナミクス
=============================

うちの娘の話をすると
子供向けのプロファイルテストは
ないのでしょうか?
と言うご質問や

子ども向けのテストを作ってください。
と言うご要望を多く頂きます。

プロファイルテストに関しては、
慎重にと感じています。

なぜならば、使い方によっては
子どもの可能性を制限する方向に
利用してしまうことがあるからです。

子供のころは様々な体験をして
ほしいなと思っております。

一方で、
ウェルスダイナミクスは子育てに
有効なツールであるとも思います。

ぜひ親御さんにウェルスダイナミクスの
知識をつけていただくことで活用
していただきたいと思っています。

メリットはいくつもありますが、
そのうちの一つが、

『自分の特性に偏った
ジャッジをしなくなる』
というところです。

お子さんの性質や発言、
行動、考えなどが、
ご自身と違っていても

どちらが正しい
どちらが間違っている

という2択から解放されるということです。

どっちも正しい

と言う可能性を受け入れやすくなります。

「人はそれぞれ違う」ことを
漠然とは知っているものの
論理的に体系的に理解し、
確信している状態とは
明らかに差があります。

ウェルスダイナミクスは
その確信を与えてくれます。

我が家は私がスター
娘がトレーダー

持っている強みや弱みが
大きく異なるプロファイルです。

彼女が小さいころは、
ウェルスダイナミクスを
知らなかったので、
私は引っ込み思案な娘を心配し

「いい?人は目立ってなんぼだよ!」

「もっと、自分から前に出よう」

などなど、
言っていました。

この発言自体、
私の価値観を良しとし、
娘のありのままを否定して
いたのではと、今は感じます。

ウェルスダイナミクスを知ってからは、
『みんなと同じで居たい』という
娘の【調和】という価値観を
重んじられるようになったことや
周りに合わせることができるのが強みだと
確信できたことで
黙ってみていられるようになりました。

ウェルスダイナミクスを学ぶことで、
マイナスポイントと思われる性質を
見つけたときにも、
強みを見つけるヒントだと理解する
ことができるようになります。

これは、子供を見る時だけとも限りません。

ウェルスダイナミクスを
学ぶチャンスは広がっています。

書籍や教材、全国のプラクティショナーの
セミナーや個人セッションをぜひご活用ください。

おススメは、
ご自身プロファイルテストと
解説セッションを受けること。

その時に、子育てに活用したいと
プラクティショナーにご相談ください。
瀬賀啓衣(スター)

 

Pocket

4月 02

羽生結弦選手から学んだスタンダードとは?

Pocket

羽生

先日、フィギュアスケートの
世界選手権2015を見ていて、

「これはウェルスダイナミクス通信で書かねば!」

と思ったので、お伝えしたいと思います。

羽生結弦選手らが参加していた、
フィギュアスケートの世界選手権をご覧になりましたか?

羽生選手は4回転ジャンプで失敗して、
惜しくも2位となりました。

そんな羽生選手へのインタビューでの一言が、
とても印象に残りました。

まずは最初に、

「悔しいです!」

と悔しさを全面に出していたのです。

もちろん、オリンピックで金メダルをとったくらいですし、
飛べるはずのジャンプを失敗したのですから、
悔しいのは当然のようにも思えます。

とは言え、世界選手権で2位ってことは、
世界で2位という結果を出せたわけですよね。

これは素晴らしいことです。

これだけの結果を出せれば、
喜ぶ選手も多いことでしょう。

それでも羽生選手が悔しがった理由。

それこそが、

ウェルスダイナミクス考案者、
ロジャー・ハミルトンの新刊である、

「才能は開ける」

の中にも出てくるキーワード、

・スタンダード

が高いからこそ湧きでた感情ではないでしょうか。

スタンダードというのは、
自分にとっての当たり前の基準です。

努力をして頑張って、
これだけ結果を出したいという目標ではありません。

「自分ならこれくらいできて当たり前だよね。」

という基準がスタンダードなんです。

羽生選手はジャンプは成功するはずだし、
優勝して当たり前だろうと思っていたはずなんです。

少なくとも自分にはそれができる、
実力があっただろうと。

もちろん、実際にその実力はあると思いますが、
今回は残念ながら結果には結びつきませんでした。

ですが、その結果が出たときに感じるのは、

「悔しい」

という感情なのです。

スタンダードが高い人は、
自分のスタンダードよりも低い結果だと、

「悔しい。自分はもっとできるはずだ。」

と感じるものです。

高いスタンダードにこだわりすぎて、
自分自身が苦しくなってしまうのは本末転倒ですが、

高いスタンダードを持って、
そのスタンダードを保てるように努力することは、
ビジネスにおいても好ましい結果を生みやすいです。

では、スタンダードを高めるのはどうしたらいいか?

1つはスタンダードの高い人と、
一緒に時間を過ごすようにすることです。

それだけで、スタンダードが上がる人もいるでしょう。

類は友を呼ぶとか、
朱に交われば赤くなるとか、ことわざにもありますよね。

これは、やはり事実なのです。

例外的な人はいるにしても、
多くの人はまわりの環境、付き合っている人の影響を、
多大に受けることになります。

だからこそ、スタンダードが高い人と付き合い、
一緒に時間を過ごすことが重要です。

ちなみに、羽生選手に勝って優勝した、
スペインのハビエル・フェルナンデス選手は、
羽生選手と友人でありライバルでもあるそうです。

同じコーチから学ぶ同門でもあります。

お互いライバルとして切磋琢磨していることも、
スタンダードが高まり共に結果を出せた秘訣かもしれませんね。

ところで、羽生結弦選手のプロファイルって、
何だと思いますか?

知らない方はプロファイルを予想してみてから、
こちらで答えをご確認ください。

http://ameblo.jp/wealthdynamics/entry-11774299746.html

意外に感じましたか?

それとも、予想どおりでしたでしょうか?

Pocket