11月 14

ロードの人が人脈を広げる方法

Pocket

lord

【ロードの人が人脈を広げる方法】

をお伝えします。

 

ロードの方の中には
人付き合いに苦手意識を持つ方も多いのではないでしょうか。

ロードに限らずスチールプロファイル、
すなわち、アキュムレーター・ロード・メカニックに、
共通する悩みかもしれません。

 

ですが、仕事やプライベートのさまざまな場で、
良い人間関係を新たに作ったり、維持していくことは、
どんなプロファイルでも必要なことです。
そんなときに、ロードを始めとした、
スチールプロファイルの人は
どうしたら良いでしょうか?

私が新しい人間関係を作る時の行動を少しご紹介します。
参考にしていただければと思います。

 

それは、自分が興味のあるコミュニティを選んで、
そのコミュニティに何度も通うということです。

 

例えば、私はウェルスダイナミクスに興味を持ったとき、
何度もウェルスダイナミクスのセミナーや交流会に通いました。

ウェルスダイナミクスを学ぶこと自体が、
私にとって、とても楽しいことだったので
全然苦になりませんでした。

そうしているうちに、いろんな人と知り合いになり、
自然と、その業界での人脈も広がっていきました。

 

また、スチールプロファイルの方は、
インターネットを使うのが得意な方が多いようです。

私もメールやFacebookなどのネットツールを、
大いに活用して色々な人と知り合ったり、
仲良くなったりしてきました。

 

そうやって、場の力やツールの力の活用が
内向的な方にとっては、
良い人間関係を作る大きなサポートになります。
逆にスチールの方の真逆の、
ブレイズの方(スター、サポーター、ディールメーカー)は、
人間関係を作るのがとても上手そうに思えるかもしれません。

しかし、そういった方たちも、
気をつけないといけないことがあります。

人が好きで会話が大好きだからこそ、
ハマってしまう、落とし穴があるのです。

それはまた別の機会に。

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

wd

 

Pocket

3月 23

内向的な人の人脈作りのコツ

Pocket

今日は内向的な人に役に立つ
人脈作りのコツをお伝えします!

私はとってもシャイで内向的な性格です。

いまでも妻と一緒に行動するときは
外向的な妻に人と話すのをお任せすることが多いです。

でも内向的な私にも
ネットワーク(以下、人脈)はしっかりあります。

充実した人生をいきるためには
「過不足ない人脈」が大切な要素になります。

幸せに成功して行く過程で一緒にお互いを高め合う、

そんなつながり、人脈がないとしたら。

一人で頑張ってても
きっと幸せを感じられる結果は得られないでしょう。

無人島でどんなに自分の徳を高めても、
分かち合う人がいないと意味がなさそうですよね。

さて、人脈は大切ということはわかりました。

さてどんな考え方をしたら
自分の目的にあった人脈ができるでしょうか?

一番大切なことは、

「自分の目的にあった人脈を把握する」ことです。

明確な目的意識がない人が
いろんな人と知り合っても名刺が増える、
Facebookの友達が増えるだけです。

自分の人生の目的にあって、
相手の人生の目的にもあわない人とのつながりは
エネルギーを浪費することになります。

私の場合は知り合う方は
「豊かな学びと成長の機会の循環を一緒に作る」
という私の人生の目的にどこかでつながるような方ばかりです。

私と1分以上話をしているとほぼ確実に
「豊かな学びと成長の機会の循環を一緒に作る」
について聞くことになります。

そんなビジョンがいいなと感じる人としか
私は話がうまくできないことが多いです。

なので長くお付き合いのある人はいい人ばかりです。

たまにそうでない人がアプローチをかけてきても
決して私とつながることができません。

結果的に「ひでさんの知り合いはいい人ばかり」
という状態になり、安心感、信頼感が生まれてきます。

安心できる、信頼できる、確実にガイドしてくれる、

そんなイメージというかブランドの様なものが
「松本の人脈」を通して表れてきます。

そういうエネルギーが見えてくると
さらに同じような目的や考え方をもつ、
先に進んでいる人、
これからの輝く才能を持っている人が、
どんどん雪だるま式に集まってきます。

内向的な私はただただ自分の目的を追求しているだけでいいんです。

細かいテクニックももちろん使います。

笑顔のトレーニングもしたことあります。(笑)

でも人脈をつくる上で一番大切なのは、

「何のための人脈なのか」を明確にして、
あなたの人生の目的を発信すること。

そして発信する場にいくことです。

私がウェルスダイナミクスを知って、
8年間使い続けている理由は、

道具としてのウェルスダイナミクスが
優れていることは当たり前ですが、

ウェルスダイナミクス考案者である
ロジャーさんが提唱している
WWW(World Wide Wealth)というビジョン、

「世界中の起業家たちが
それぞれの強みを活かして富をつくり世界の飢餓をなくす」

というビジョンに共鳴しているからです。

自分の目的を見極め発信することがとても大切!

あとは人脈をきちんと作るテクニックを実行するだけです。

「私は目的がまだ見つけきってないんだけど……」
という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな場合も大丈夫。

いいなと思える目的をもって
活動している人たちのいるところにいけばよいのです。

いろんな選択肢があるとおもいますが、

ウェルスダイナミクスに興味をもっているあなたでしたら、
5月28日、29日のロジャー・ハミルトン来日イベント*がおすすめです。
*開催終了しました

World Wide Wealth のロジャーさんに
引き寄せられる人たちに出あうことができます。

そして「豊かな学びと成長の機会の循環を一緒につくる」という目的をもった私、
松本秀幸も1日目の「チェンジメーカー・フォーラム」に登壇します。

2日間、会場にいます。

あなたと直接お話できるかもしれないと思うと
いまから楽しみです。

聞きたいことや一緒にやれそうなことがあったら、
是非お声をかけてくださいね。

松本秀幸(アキュムレーター)

 

Photo credit: JD Hancock via Foter.com / CC BY

Pocket

2月 26

人脈作りに効果的なやり方とは?

Pocket

人脈作り

ウェルスダイナミクスの考案者、
ロジャー・ハミルトンの来日が発表になりましたね。

見逃していませんか?

5月28日(土)、29日(日)の2日間です。

ちょっと先ですが、
2日間、ぜひ予定を空けてくださいね。

ちょうど1年前、私はロジャーの講演を聞く為に
ウェルスダイナミクスFESTA2015に申し込みました。

ロジャーの本を読んで、
プロファイル診断もすでに受けており
少しだけウェルスダイナミクスに触れた状態で
ロジャーに会いに行ったんです。

ですので、今あまりウェルスダイナミクスを知らないし・・・

ロジャーのこともよく知らないし・・・

という方でも、FESTAに申し込んで大丈夫です!

私はそんな状態でも、
すごく楽しめましたので。

当日はロジャーの迫力が凄かったです。

何といっても話が楽しい!

テンポ良く、ダイナミックにお話をされるので
ぐいぐい引き込まれます。

私も、今年のFESTAにはもちろん参加しますので、
よろしければ会場でお会いしましょう。

 

さて、FESTAの中で今年も多分、
話題が出てくるかもしれませんが・・・

ウェルスダイナミクスの中に、

「あなたにとって富とは?」

という問いがあります。

お金をすべて失ったときに残っているもの。

それがウェルスダイナミクスでの富の定義です。

あなたは、すべてのお金を失ったときに、
何が残っていると思いますか?

私にとっての富の一つは

「人脈」です!

自分が実現したい事をいとも簡単に
しかも自分より早く実行できる人が世の中に沢山います。

そういう方と仲間になれれば、
自分の成功も加速できると思いませんか?

では、そういう方とどうやって繋がるか?

ということで、
今回はウェルスダイナミクスFESTA2016で、
どのようにしてあなたに必要な人と繋がるか?

私のクリエイター的なアイデアを、
ご提案をしたいと思います。

まず、

「自分が何をしたいのか!」

をはっきりさせる事で協力者さんは集まります。

私は、クリエイターなので
物事をスタートさせる事が得意です。

でも、スタートの後が苦手です。
そういう事も含め、周りに公言しています。

その上で、こんな事をやりたい!
というアイデアをベースに、
チャットワークのグループを作って、
共感してくれそうな人をグループに加えるんです。

※チャットワークというのは、チャットを使った、
コミュニケーションができる便利なサイトです。

例えば、

「ウェルスダイナミクスをもっと深く学びたい」

と思ったのであれば、

・ウェルスダイナミクス勉強会

みたいなチャットを作って、
この人はという人にチャットの趣旨を伝えて、
チャットに加えていきます。

そうすると、価値観を共有できる仲間が増えていきます。

あなたのまわりに仲間はいますか?

いないのであれば、
今回FESTAに参加して作ってください。

そして、上記のような、
価値観の合う仲間を集めてコミュニティを作ることを
やってみてください。

そもそも「こんな事やりたい!」という「こんな事」すら
思いつかないと、あなたは思うかもしれません。

その場合は私みたいに、すでにやりたいことがある人と仲良くなって、
その人のコミュニティに参加してください。

そうすれば仲間はできます。
そこから、あなたに必要な人脈もできていきます。

FESTAでやるべきことはわかりましたね?

FESTAに参加して出会った人と名刺交換をして、
後日、出会った人の中で仲良くなりたい人に、
あなたが運営するチャットに参加してもらうんです。

「ウェルスダイナミクスFESTA復習チャット」

みたいな感じで、
FESTAで学んだことをシェアしたり、
FESTAで学んで実践したことを報告したりするチャットが
良いでしょう。

チャットワークをあまり使い慣れてなければ、
Facebookのグループでも良いと思います。

そうして仲良くなった仲間から、
更に別の方を紹介してもらったり
ひと段落したら、別のグループを立ち上げて
さらにレベルアップしたコミュニティを作り上げていきます。

いかがでしょうか?

FESTAの学びを最大限に活かせるコミュニティを
作れる気がしてきませんか?

グループはアイデアを拡大させる場所だと思っていますので、
必要な時に、最適なグループで発言をする。

そんなことを繰り返して、私は人脈作りをしています。

ですので、ウェルスダイナミクスのことを知っていて、
自分のプロファイルをわかっている人と出会える、
ウェルスダイナミクスFESTAというのは、
とてもとても有力な人脈づくりの場なんです。

コミュニケーションは苦手で・・・
と抵抗を感じるようであれば、
友人、知人を活用すれば良いと思います。

「こんな人と知り合いたい」
「こんな事業にかかわりたい」

そうすれば、どこかで

「紹介しますよ~」

ってなる確率が高いです^^

友人、知人がいなかったら、
私でもいいし、協会のスタッフの方などに、
当日近づいて仲良くなりましょう。

ぜひFESTAに参加して、人脈を強化してみてはどうですか?

FESTAへの参加はこちらからどうぞ
【満員御礼】終了しました
小林直人(クリエイター)

Pocket

1月 23

名刺交換だけで終わらない人脈作りの方法

Pocket

名刺交換だけでは終わらない、
人脈作りの方法について、
本日は松本トレーナーからの寄稿です。

人脈に関することは、
・ウェルスフィットネス
・ウェルスネットワーク

というウェルスダイナミクス考案者、
ロジャー・ハミルトンが考えたコンテンツの中にも出てきて、
重視されている考え方です。

松本トレーナーならではの、
出会った人と次の展開につなげるための、
ヒントをお伝えいただきます。

——————————————–

こんにちは。
コーチ&作家の松本秀幸です。

2016年は7冊目と8冊目の出版をしたいと思ってます。

3年ぶりにチャレンジです。

商業出版をするときには本人に
「価値」があるのは当たり前ですが、
レバレッジとなる「人脈」がとても大切になります。

まあ、出版でなくてもどんなビジネスをするときでも「人脈」、
しかも「信頼できる人脈」が大切なのは
あなたもそうだと思いますよね。

チャンスは人から運ばれてきますから、
誰とどのレベルの信頼関係を築いているかはとても大切なことです。

「人脈」は大切そうだ、と感じて交流会にいったり、
著名な方との名刺交換の列に並んだり、
出会った人と名刺交換に精を出していませんか?

それはそれでいいと思います。

いろんな所に言って素晴らしい人に出会ったり、
刺激を受けるのは大切ですね。

でも名刺交換しただけでは「人脈」になっているとは
言えないなとも感じているかもしれません。

ウェルスダイナミクスでは「人脈」を
次のようにとらえるといいかもしれません。

連絡したいときにすぐに連絡できて、
お願いしたりされたりできる。

という関係にある人が、
「人脈」であると考えるのです。

ここでは私がよく説明している
「人脈になっているかどうかの確認法」をご紹介します。

それは……

ちょっと考えながら読んでみてくださいね。(笑)

考えないと腑に落ちにくいですし、
腑に落ちないと行動に結びつかないですから。

さて「人脈になっているかどうかの確認法」です。

それに気づいたのはある方から
あるクローズドの会に声をかけていただいたことでした。

そのときになぜ声がかかったのだろうと考えてました。

すると、その方と話しているときに答えがわかりました。

その人が
「英語ができて、この会の趣旨に合いそうで、時間の自由の利く人」
と頭の中で考えた時に私が出てきたとのことでした。

おそらく何番目かに思い浮かんだのだと思います。

一番ではなくて、
でも思い出されて呼ばれる人数内に入ったということです。

その時に思いました。

これは何かに似ている。

そう、Googleなどの検索結果で
1ページ目に表示されるということと同じです。

「人脈」となっている人の頭の中で
「脳内検索」したとき上位表示されることが大切だということです。

たくさん人と会っても名刺を見直したら、
「この人どんな感じの人だっただろう?」
と思ってしまうこともありますよね。

たくさんの人に紛れて
普通に人と会っても思い出さないことが多いです。

「人脈」を作るときは
「誰にどのように検索されたいか」を考えて、
検索表示順位を上げていくことが大切です。

ウェブサイトのでの検索結果の
表示順位をあげるSEO対策というものに似てますね。

セミナーではどうやって上げるかをお話ししてますし、
もしご要望があれば次にメルマガを書くときにご紹介します。

どしどしご要望をお送りください。

一番いいのは直接セミナーやセッションで学ぶことです。

是非そんな機会も活用してみてください。

松本秀幸(アキュムレーター)

 

Pocket

2月 26

人付き合いが苦手な人の人脈づくり

Pocket

 

こんにちは。
トレーナーの松本秀幸です。

今回は「人付き合いが苦手な人の人脈づくり」
というテーマでお役に立てる情報をお伝えします。

世の中には
「人と会うのが大好き!」
という方もいますし、
「人付き合いはあまり好きでない」
という人もいます。

どちらも良し悪しはなくて、
自分の好きなことを
楽しくやっていければ、
どちらでもいいのです。

でも、「多くの人と会わないと、
仕事やチャンスが巡ってこないのでは?」
と思っているかもしれません。

実際にセミナーや交流会に参加して
名刺をたくさん交換したり、
お話して「人脈作り」をしているかもしれません。

「人と会うのが大好き!」
というかたはこの活動自体が楽しいですね。

「人付き合いはあまり好きではない」 という人は
たくさんの人と話をしなくても
【チャンスがやってくる人脈】を作りましょう。

今回は「人付き合いはあまり好きではない」 という方でもできる
【チャンスがやってくる人脈づくり】の例を紹介します。

☆売り込みなしで商業出版、
2ヶ月で1万7千部を無理なくやった人脈づくり☆

私は現在までに英語学習分野で
6冊の本を出版しています。

最初に本を出した時は、
出版社の編集者の方が
私のコンテンツ(iPhoneで英語学習)を
見つけてくださって、出版のオファーをいただきました。

出版したいと本気で思った人は
出版塾に通ったり、
編集者さんとの出会いを求めて
人脈をつくろうとすることが多いです。

いろいろ努力する割には
出版できる人は少ないようです。

私の場合は、多くの人に
会うのは好きではないので、
自分の価値を高め、
他者に見つけてもらいやすいようにしました。

出版社は常に価値ある本の
ネタと著者を探しています。

著者になりたい場合は
「売れるネタやキャラを
持っている著者の価値」
を高める必要があります。

その価値が高ければ高いほど
「本を制作し販売する
という出版社の価値」
が引き寄せられてきます。

私の場合は「iPhoneで英語勉強」
という本のネタの価値と
「国内独学でTOEIC満点」という
著者のキャラの価値に対して、

その価値を必要とする出版社の編集者さんが
出版のチャンスをもって来てくださいました。

多くの人が人脈作りで失敗するのは
人に役に立つ 「価値」を作っていないのに
多くの人に会いにいくからです。

自分自身が何者であり、
どんなお役にたてるか、
が明確でないと、
低いレベルの人脈しかつくれませんし、
結果も低いままです。

逆に人のお役に立てる価値をつくり、
それを表現できれば、
その価値が高ければ高いほど、
自分でも驚くようなチャンスがやってきます。

「人付き合いが苦手な人の人脈づくり」
というテーマですが、

その答えは

「自分が何者かをしり、
その才能を活かして価値をつくり、
お役に立てる人に提供し続ける」

ということでした。

人付き合いが苦手な人は、
価値が相手に見えるまでに
時間がかかることが多いです。

それでも「どのようにしたら
相手の役に立つか?」という
質問をしながら自分の磨き上げていくと、

あるときに大きな結果をもたらすことになります。

改善しながら続けていってください。

正しい方法で続けていけば結果はでます。

まずは、こんな人と繋がりたいな、
コラボしたいな、サポートしてほしいな、
という人をイメージして、
その人がどんなことに困っているか、
どんなことを喜ぶかを想像してみてください。

そして、その人の悩みを
自分が解決できるか、
解決できる人を紹介できるか、
と考えてアクションをとっていくといいです。

価値を高めレバレッジをかける、
人脈をつくるといった
正しい方法に興味のある方は
「ウェルスフィットネス」
「ウェルスネットワーク」
などの教材で学ぶといいですよ。

あなたの人生のストーリを最高傑作にしよう!
「Make Your Life Story a Masterpiece!”」

松本秀幸(アキュムレーター)

================================
松本トレーナーによるイベント、プラクティショナー養成講座はこちらから
===============================

 

Pocket