7月 14

ウェルスダイナミクス・スクエアの凄さ

Pocket

ウェルスダイナミクス・スクエアの凄さ

先日開催された
WDプラクティショナー養成講座の中で
受講生の方に感銘をうけていただいたのが
ウェルスダイナミクス・スクエア
(以下WDスクエアと略します)
の成り立ちと活用方法のセクションでした!

一言で言うなれば

「頭の中に
WDスクエアの知識だけを
持ち歩いていれば、
どこに行っても一通りの
コンサルティング・コーチング・アドバイスが
出来るようになってしまいます!!!」

ちなみに「WDスクエア」が
何か思い浮かばない人も
いるかもしれないので少し説明すると、
ウェルスダイナミクスのロゴにもなっている
4色に分かれているあの四角形の事で、
テストを受けた方は
テスト結果レポートの
真ん中辺りにも
バッチリ載っている
四角形の図です。

▼ウェルスダイナミクススクエアはこちら▼
946711_624347780932916_1678876568_n

プロファイルテストを受け、
自分のタイプと
他の7つのタイプを知ることで
それぞれの特性や違いがわかり、
気持ちや悩みがスッキリしたり、
対人関係でのストレスがなくなったり、
人生が生き易くなったりします。

でもそれだけで終わってしまうと
他でもよくあるような
診断テストと同じで
分類するだけになってしまいますよね。

そこはただの診断・分類で終わる
ウェルスダイナミクスではありません!

それらを8つに分けた上で
なぜそれぞれが違った思考や行動の観点を
持っているかという根拠と成り立ち、
そしてそれぞれが組織やチーム、
またはパートナーシップの中で
どう連携を取ったり、役割分担したり、
互いを活かし合えばいいのかという
フロー(やり方や手順)まで
導いてくれるのが
ウェルスダイナミクスの
圧倒的な特徴になってます!

そしてそのタイプ分けから
互いの活かし方の方法や手順までが
ほとんどをあの「WDスクエア」の図
一枚で説明出来ちゃうんです!

だから伝える人も覚える人も
どっちも楽でいいと思いませんか?(笑)

例を挙げると
四角形の4つの辺が
それぞれ様々な特徴を表していて

上の辺が直感なら、
下の辺は五感を得意とし、

右の辺が外向型なら、
左の辺が内向型で力を発揮する
といったように
対面が反対の特徴を持っている為、
4つの特徴をバラバラで覚えなくても
位置関係や対となる関係で
覚えることが出来ます。

さらに、
「WDスクエア」の中央の真ん中には
「水」を司るスピリットのエネルギーが存在しています。

このスピリットの視点を持つことで
スクエア上に存在する
8つのプロファイルを
本当の意味でフロー(流れや勢い)に乗せることが
出来るのです。

このスピリットの概念や活用の仕方、
そしてこのスクエアの使い方が
深いレベルで分かるのが
WDプラクティショナー養成講座であり、
それがこの講座の
一番の醍醐味と言えると
私は思っていますし、
多くのプラクティショナー養成講座を受けた方々も
その深さと実用性に感銘を受けて喜ばれています。

ロジャー著書「億万長者 富の法則」
プロファイルテストのレポートにも
それなりの情報が書かれているので、
がんばって独学で身に付ける事も不可能ではありません!

今日お伝えしたかったのは、
8つにプロファイルが分かれる
ウェルスダイナミクスを
ただのタイプ別診断テストという
使い方にとどまらずに、

ぜひそこからさらに具体的に実践的に
人々や互いの活かし方を知る事が
出来るツールとして
活かしていってもらえればということです。

そうしたら、私達も嬉しいですし、
考案者のロジャーも本望ではないかという事です!

ぜひこの価値が深いツールを
どんどん使いこなしていって下さいね!

さて今日の内容はいかがでしたでしょうか?

分かりにくかった、難しかったなどありましたら
どんどん質問や感想など頂けると嬉しいです。

 

Pocket

7月 14

用心深いプロファイル

Pocket

ウェルスダイナミクスの、
プロファイルテストは受けましたか?

受けた方は、ウェルスダイナミクスを知ってから、
どのくらいたってからテストを受けたでしょうか?

すぐに受験しましたか?

それとも、検討を重ねた末に受けましたか?

それとも、今もまだ受けるかどうか検討中でしょうか?(笑)

私自身、ウェルスダイナミクスを知ってから、
プロファイルテストを受けるまでに、
半年くらい受けようかどうか悩んでいた気がします。

結構、長いかもしれませんね。

「良いと思ったからすぐに受験しました!」

という方も、結構いらっしゃいますが、

私はけっこう慎重な方だったと思います。

内向的なプロファイルの方には多いと思いますが、
用心深く本当に価値があるものかどうか見極めたい。

十分に情報を集めてから行動をしたい。

そんな考え方をする方も多いようです。

私もその一人でした。

受けようと思った決めて手はなんだったのかなぁ・・・

と考えてみたところ、

それは「億万長者 富の法則」の本を読んだことでした。

ウェルスダイナミクスはすごく興味深い理論で、
もっと深く学びたいと思いました。

そのためには、
プロファイルテストを受けないと始まらない!

そう思って、悩んだ末にテストを受けました。

※参考までに「億万長者 富の法則」の書籍はこちら
http://bit.ly/okutomi

今になって思えば、
ウェルスダイナミクスがどんどん広まっていく、
面白いタイミングにテストを受けられたかな。

とも思いますし、
受けてよかったなと思います。

今から受ける方は、
当時と比べて解説レポートも
大幅にバージョンアップしているし、
診断セッションも受けられるようになっています。

ウェルスダイナミクスのセミナー数も、
数年前に比べたらずいぶん増えてきました。

これも全国で活動をしている
協会認定資格取得者である
プラクティショナーの方々の
活動のおかげです。

素晴らしいことだと思います。

・自分の強みをより活かしたい方。

・自分にどんな強みがあるのかを知りたい方。

・どんなビジネスパートナーと組んだらいいか知りたい方。

・転職を検討している方。

・起業している方、これからしたい方。

などは、プロファイルテストを受けて、
自分の強みに気付き、活かしてほしいと思います。

自分の強みのことはなんとなくわかる。

という方であっても、
ウェルスダイナミクスの凄いところは、
強みを活かした戦略まで提案してくれるところです。

自分に最適なビジネスパートナーが、
どんな人かを教えてくれる理論は、
なかなかありません。

このタイミングでプロファイルテストを、
ぜひ受けてみてください。

http://www.profiletest.net/token/user

できれば診断セッション付きで。
私はウェルスダイナミクスという理論に、
すごく可能性を感じていましたし、
その考えは間違っていなかったと思います。

だから、これからも突き詰めていきますし、
もっと良い活用法を考えて、
みなさんに提案していきたいと思います。

先月行われた

「ウェルスダイナミクスフェスタ2014」

でゲストとして挨拶をされた本田健さんは、

「ウェルスダイナミクスを
日本の義務教育で教えられるようにしたい。」

とまで言ってくださいました。

本当に私もそのレベルまで普及してほしいですし、
また普及させていこうと思います。

どうかその過程を、
みなさんも見ていただければと思います。

そして、今のうちに、
使いこなして自分の強みに磨きをかけていきましょう。

始めるのは早いに越したことはありませんので。

守屋信一郎(ロード)

 

Photo credit: lloydcrew via Foter.com / CC BY

Pocket

3月 26

人と会っているだけで収入になるビジネス

Pocket

deal

先日、

『ウェルスダイナミクスの実践にあたって、
戦略の面でわからないところがある方は教えてください。』

とメルマガでお伝えしたら、
たくさんの方からご連絡をいただきました。
全員にご返信ができておらず
大変申し訳ありませんが、
可能な限りシェアしたいと思います。
目立った質問に、

『ディールメーカーとして
人と会っているだけで、
収入になるビジネスをしていきたい。』

というものがありました。

ディールメーカーを
活かしたビジネスとして、
どんなものがあるでしょうか?
ここでは、ディールメーカーの
富づくりのための戦略を、
もう1度見なおしてみましょう。

ステップ1 土台を築く(全プロファイル共通)

ステップ2 富を生み出す時間を最大限にする
→取引及び人材の選別、交渉を取り仕切る

ステップ3 「価値」を生み出す
→良い取引、人脈の発掘、交渉スキルを持つチーム作り

ステップ4 「価値」の所有権を確保する
→対外的な人間関係、契約

ステップ5 「価値」に「レバレッジ」をかける
→契約の展開、アドバイザーチーム、専門知識、人脈

ステップ6 キャッシュフローの確保
→先払い手数料、後払い手数料、株式販売

これがディールメーカーの戦略です。

詳しくは「億万長者 富の法則」の書籍をご覧ください。

ウェルスダイナミクスの教科書的な書籍にも関わらず、
意外と読んでいない人が多くて驚きです。

必ず、ウェルスダイナミクスを学びたい方は、
チェックするようにしてください。
これから活躍していきたいディールメーカーの人にとっては、
ステップ1およびステップ2が特に重要になってきます。

さらに、どんな業界を選ぶにしても、

「ディールメーカー自身が相手にとって機会提供者になる。」

という意識を持つ必要があります。
ディールメーカーの取引は、
無理矢理契約を結ばせるものではありません。
提案自体が相手にとって、
メリットとなっている必要があります。
例えば、あるディールメーカーの方からの相談で、

「セミナーの主催をこれからしていきたい。」

というものがありました。
自分自身でセミナーをするのもありだと思いますが、
ディールメーカーの強みを活かしてセミナーを主催するなら、
他人のセミナーをプロデュースするのもありでしょう。

むしろ、その方が自然に大きな結果を出せるかもしれません。
その場合、講師として呼ぶ人に、
どんなメリットを提案できるでしょうか?

多くのセミナー講師の悩みとして、
「集客が大変」ということがあります。
「集客は私がやりますよ。」と提案すれば、
喜んでジョイントしてくれる講師は多いと思います。

小さな規模であれば、
ディールメーカーの人が知人に声をかけるだけで、
集客はできるかもしれません。
あるいは集客力のある知人に頼んで、
集客協力をしてもらう方法もとれるでしょう。
その場合は紹介をしてくれる人にも、
メリットを提案する必要があります。

例えばメリットとして考えられることの1つは、
紹介してくれたら紹介料をあげますという、
アフィリエイトのようなモデルです。
あるいは、紹介してくれたら、
セミナーにご招待の上、
そのセミナーでチラシを配って、
そこで一言PRをする時間をとります。
といったバーターも場合によっては、
成立するかもしれません。

まずはステップ1のところで、
多くの人と知り合い
人脈を作っておくこと。

ステップ2の中で、
人脈の中から、
取引の機会を見出していくこと。

ここに最初は注力していくことです。
知り合いは多いけどお金にならない。

という場合は、
取引のチャンスを見つけきれていない可能性があります。
自分が参入する市場を見極め、
その市場の人達が求めているものを見極め、
求めているものを提供するように心がけてみてください。
自分のプロファイルに目覚めさえすれば、
もっとも短期間で富を手に入れることができるのが、
ディールメーカーの特徴です。
そのためにも基礎を築き、
戦略の手順を進めていきましょう。

Pocket

3月 07

辞めていくスタッフたち

Pocket

th

今年より、当協会認定WDトレーナーの
メルマガも定期的にご紹介していきたいと思います。
認定WDトレーナーとは、

当協会が発行する認定資格、

「ウェルスダイナミクスプラクティショナー」

を養成している、講師陣です。
つまり、ウェルスダイナミクスの先生の先生。

そんな講師陣から、
ウェルスダイナミクスの魅力をご紹介いただこうと思います。
初回は、この方です。
——————————————–

村上陽一シニアトレーナー【ロード】

——————————————–
はじめまして。
WDトレーナーの村上です。

私がウェルスダイナミクスに出合ったのは、3年前です。
当時、社内で相乗効果を発揮するために
どうしたらいいか悩んでいました。

スタッフの育成を試みたものの、
状況は改善せず、辞めていくスタッフもいました。
今考えると、私の厳しさに耐えられなかったのだと思います。

教えることは得意でしたが、
育成には行き詰まっていました。

そんなとき、
たまたまレンタルしたのが、
ロジャー・J・ハミルトンの
「億万長者富の法則」のDVD。

とても体系的にまとまっていて、
「これは、何か私の知らない世界がある!」と直感し、
すぐ「億万長者 富の法則」の本を購入し
テストも受けました。

結果はロード。

テストのレポートや本を読み、
ロードについてなんとなく理解できたものの、
一体、何をすればいいのか、
今一つつかめずにいました。

そんなとき、パートナーの強い勧めで
ウェルスダイナミクス・プラクティショナー養成講座を受けました。

養成講座の中で、
ウェルスダイナミクスの目的が
「フローに乗ること」であることを理解し
私は「どうすれば、フローに乗れるだろう?」と自問始めました。
その直後
新しいビジネスに関わることになり
フローを体験することになります。

そのビジネスは、
まさにチームで動くものでした。

チームメンバーの中の
あるスターがプレゼンテーションをして
動機づけをします。
もう一人のスターは
チームをまとめあげ前進させ、

ロードの私は、
細かい段取りを担当しました。

そして、パートナーとスタッフが
一丸となって、この流れを支えてくれました。

スターの特性は、
沢山の人を巻き込む力です。
革命家に圧倒的に多いのはこのタイプです。

ですが、その反面スターは、
細かいことや確認が苦手です。

ロードである私は、
そこを得意とします。

リサーチした情報の中から、
強みとする分析力を使って、
説得力のある説明をしました。

そして、関わる人たちに安心感と信頼感を
与えることができたと思います。
チームとして
それぞれの強みを活かしあった結果、
私が求めていた
『相乗効果』の実感を得ることができました。
ウェルスダイナミクスでは
これを「レバレッジ」といいます。

この事業は一年半で
当社の一番大きな事業に発展してきており、
これからがとても楽しみです。

ロードは、効率の良いことを好みます。

また確実性も重んじるので
費用対効果を考え投資をします。

ですので真に価値の高いものにしかお金を出さないといわれます。

そんなロードの私ですが、、
ウェルスダイナミクスを活用すると
投資額の何倍にもなると自信を持って言えます。

今は、この生きた学びを通し、WDトレーナーとして
確信をもってウェルスダイナミクスを
お伝えしています。

村上陽一(ロード)

——————————————-
村上トレーナー主催のイベント・講座はこちらから
——————————————-

 

Pocket

2月 06

起業準備には何をすればいいか?

Pocket

起業準備には何をすればいいか?

 

「起業準備中なのですが、
ウェルスダイナミクス的には今のうちに、
何をしていけばいいですか?」

という質問をいただきました。
もちろん、起業する分野における専門知識や、
セールス・マーケティングのスキルなどは必要だと思います。

ですが、それらよりいっそう重要なこととして、
ウェルスダイナミクスでは

・富を築く戦略

・富を築くための具体的ステップ

を理解して実践できるようになることだとお伝えしています。
富を築く戦略というのは、
プロファイルテストを受験された方は、
プロファイルのレポートの中に出てきたと思います。

また、書籍「億万長者 富の法則」の中でも触れられている、
プロファイル別に用意されている6つのステップです。

1、富の基礎作り

2、富を築く瞬間

3、価値づくり

4、価値の所有権

5、レバレッジ

6、キャッシュフローの確保

これが富を生み出す6ステップの戦略です。
ビジネスで売上が発生しているのであれば、
この6ステップは意識するにしろ、しないにしろ、
必ず行われています。

一方で、自分のビジネスにおいて、
この富を築く戦略がどういうものになるのか?

考えることができない人もいます。それはなぜか?
実は、6つのステップのうちの
最初のステップ「富の基礎作り」は、
さらに細かくステップが分かれています。

そして「富の基礎作り」ができていないと、
スムーズに戦略を実行できないのです。
その、最初にすべき「富の基礎作り」のステップが、

1、ウェルスフィットネス

2、ウェルスネットワーク

3、富のプロファイルに焦点を絞る

4、ネットワークを活用する

5、チャンスを見つけ、基準に照らして選択する

6、価値の差異を創る

7、戦略の手順を実行する

この7段階なのです。
この中の7段階目が
プロファイル別に用意されている
6ステップの戦略を実行することなのです。

では具体的に富の基礎を築くステップは、
どうやって学べばいいか?
今、日本適性力学協会で主催している、
4回シリーズのセミナーでこれらを教えています。

独学で学びたい方は、

・ウェルスフィットネス

・ウェルスネットワーク

などの教材で学んで頂いても良いです。

直接教わりたい方は、
ぜひ、協会主催のセミナーに足を運んでみてください。

冒頭の質問。

「起業準備のためには何をすればいいか?」

これは、ウェルスダイナミクスを理解した上で、

・ウェルスフィットネス

・ウェルスネットワーク

を学び、自分の価値の人脈を充実させた上で、
起業したい分野で活躍する力を身につけていくこと。

をお勧めします。

Pocket