ウェルスダイナミクスの効果

Pocket

ウェルスダイナミクスの効果

こんにちは。

スタープロファイルの瀬賀です。
寒い日が続いていますが、
お風邪などひいていませんか?

お体ご自愛ください。

『ウェルスダイナミクスを知ると
どんないいことがあるのですか?』

と改めて聞かれました。

たくさんあるのですが、

ウェルスダイナミクスを知ってよかった!!
と、思う方の多くの方が
真っ先におっしゃるのは、

≪ストレスが軽減された≫

と、いうことです。
なんのストレスから解放されるのでしょうか?
特に大きな2つは、

*自分はこのままでいいのか?という迷いのストレス

*価値観の違いによるコミュニケーションのストレス
ウェルスダイナミクスは
本来備わっている『強み』が
どこにあるのかに焦点を当てています。

この強みによって、
自分にとって最も抵抗の少ない道のりを、
明確にするためのプロファイリングシステムです。

しかもその道のりは
強みの違いによって8パターンもあります。

だから、憧れのあの人と
あなたの道のりは
違ってもいてもいいのです。

ほとんどの場合、
人からいただくアドバイスは、
ご本人の成功体験からくるものです。

プロファイルの違いはあれど、
参考になることもたくさんあります。

が、どうも腑に落ちないアドバイスの時は、
もしかするとプロファイルの違いに
よるものかもしれません。

その場合は、
自分のプロファイル戦略を
見直してずれていないか確認してみましょう。

人と違っていてもいいのです。

その際に感じるコミュニケーションのストレスも
プロファイルの違いからきているものであれば、

『なるほど、自分と違う価値観でみると
同じ事象でもそうなるのか!』

と、客観的にみることができるようになります。

 

私自身もこの解放感を感じた一人です。

私はスタープロファイルですが、
子供のころからアキュムレーターでなければならないと
思っていたのです。

でも、できません(今思えば当たり前…^^;)

なので常に自分に対して発していたメッセージは
『私はこのままではいけない』
でした。

私がウェルスダイナミクスを
皆さんにお伝えしたい!!
と思う理由の一つが、
私のような子供時代を過ごす人を軽減したい。
という思いなのです。

私たち大人が、
ウェルスダイナミクス的に、
それぞれ強みを活かす道のりが違う!と
いう視点を持っていたら、
これから育っていく子供たちに送るメッセージは
どう変わっていくでしょうか?

私は小学校の時に
「自分で勝手に判断しすぎる」
と、何度も担任の先生に
通知表に書かれていました。

それで、子供なりに、
どうやったら人に従えるのか?
自分で判断するのをやめられるのか?
と、悩んでいました。

強みとは、
「ついうっかり何度もやっちゃう得意なこと」
と、私は定義しています。

悩んでいてもやめられず、
また、注意され、
・・・の繰り返しでした。

ウェルスダイナミクスを知った時、
とっても解放された気持ちになりました。

自分はこのままでよかったのか!と、
大きな承認を得たことを感じました。

そして、今まで
「どうして、成功者は違うことを言うのだろう」
と、いう悩みが解消されました。

それによって、
自分以外の方の意見も
以前よりも理解できるようになりました。

ウェルスダイナミクスの目的は、
プロファイルを判定することではなく、
もっとも抵抗の少ない道のりを進むことで、
『フローな状態』を手に入れることです。

フローな状態になると
努力が努力でなくなり、
欲しいものが
あなためがけて寄ってくる
ようになります。

プロファイルはそのための指針になります。
ぜひ、ご自身のプロファイルを見極めてください。

プロファイルを知るためには
オンラインで受けるテストがあります。

ぜひ、テストを受けてみてください

プロファイルテストは
全国のプラクティショナーからも
購入していただくことが可能です。

 

プロファイルの特徴がよくわからない!!
そんなときは、
メルマガの過去の記事を集めた
このブログを見てください。

いろいろな情報が満載です!

 

瀬賀啓衣(スター)

Pocket