3月 09

「もっとお金が欲しい」から自分を解放する3つの質問

Pocket


あなたは
「お金が欲しい」と
思いますか?

正直に心の中でいいので
答えてみてください。

「もっとお金が欲しい」

という気持ちは
とっても大切なことを
教えてくれるのですが・・・

そのままで置いておくと
本質を見逃してしまうんです。

その本質とは
あなたの価値観です。

この価値観は
あなたの行動の
大元の大元になるものです。

ここを理解しておくと
とっても行動が
スムーズになり
結果が得やすいのですが

そうでないと
せっかく目標を立てたり
行動計画を立てても
実行し続けるのが
難しくなってしまいます。

すると、
ずっとずっと
ことあるごとに
「もっとお金が欲しい」と
思う日々が続いていくのです。

では、どうしたらいいでしょうか?

今日は、そんな時に
自分に問いかけるといい
質問を3つご紹介いします。

この質問の答えに向き合うことで
ずっと、そう思い続けることから
自分を解放することができます。

====================
1、そのまま妄想を続けると…
====================

ひとつめは
「もっとお金があったら…」と
思った後
その先の妄想を『意識しながら』
続けてみてください。

あなたは
もっとお金があったら
どうなると思っているのでしょうか?

できれば、
書き留めてみてください。

====================
2、その前に何が…
====================

「もっとお金があったら…」と
と思う前に
何がありましたか?

どんなことがあったときに
そう思うのでしょうか?

その直前にあったことを
思い出してみてください。

そして、出来たら書き留めてください。

====================
3、それができると満たされるもの
====================

1,2が叶うと満たされる
あなたの欲求・感情は
何だと思いますか?

この3つ目の質問が
とても大切なのです。

いかがでしょうか?

でてきましたか?

この質問はとても大切なのですが
なかなか一人で導き出すのが
難しいことが多いのです。

そんな時、どうすればいいでしょうか?

価値観は
自分の内面の奥底に
あるので
つい入り込んでしまって
答えが出ないことが多いのです。

そんなときは
客観的な指標をもとに
自己分析をしてみることで
答えが出ることがあります。

その客観的な指標とは
自分の本来の特性と強みと弱み
そして、情熱です。

すでに、それを
実践していて
さらに体系的に
その方法を知っている人から
学ぶのが早いのです。

ご興味ありますか?

自分のもともと持っている
特性を明らかにし才能を紐解くプロと

自分でもなかなか見つけられない
情熱を紐解くプロと

そして、それらをもとに
お金に換えていくプロが

あなたの価値観に沿った
具体的な行動と
継続するための『習慣』づくりを
お手伝いします。

その『習慣』が
価値観に沿って
幸福感に満たされる未来へと
導いてくれるものです。

手に入れに来ませんか?
4月22日3人のプロがあなたのために日本に集結です。
⇒ 詳しくはこちらから

※3月10日までは早期割引価格で申し込むことができます。

Pocket

3月 02

ロジャー・ハミルトンと香港

Pocket

ウェルスダイナミクスや
考案者ロジャーのルーツを辿る!
・・・そのひとつは、写真の【香港】。

———————————

今日の投稿では、
ウェルスダイナミクスの考案者、
ロジャー・ハミルトンの話を
させていただきたいと思います。
ロジャー・ハミルトン、
という名前から、おそらく西洋人かな?
と思われるかと思いますが、
・・・そんな予想の通り、
ロジャーはイギリス人です (^ ^)

しかし、生まれは香港なんですね。
その歴史から、
東洋と西洋が面白く融合した
地域です。
・・・そう聞くと、まさに!
ウェルスダイナミクスも
ロジャーの生まれ故郷のように、
西洋と東洋の考え方が面白く融合した
面白い理論だと気付けるのでは
ないでしょうか?

ビジネスのための理論という
面からは、
西洋的なものを強く
感じるかもしれません。
しかし、
「私たちはみんな、五種類の周波数を持って生まれてくるが、人によって五つの配合の割合が異なっている。この説を最初に示したのは中国の『易経』(変化の本)である。五種類の周波数は、現代の心理テストの土台であるのと同時に、中国医学、武術、風水などの中国の学問の土台でもある。」
『億万長者 富の法則』
(原題 YOUR LIFE YOUR LEGACY)
とあるように、
ロジャーが東洋の易経などの思想も
多く取り入れて理論立てたのが
ウェルスダイナミクス、なんです。

※ちなみに五種類の周波数、とは
一番高い周波数
【水】(スピリット)
四種類の基本周波数
【木】(ダイナモ)
【火】(ブレイズ)
【地】(テンポ)
【金】(スチール)
のことです (^_^)v

また、
ロジャーのプロファイルは
【クリエイター】。
そう、クリエイターの
新しい物事を生み出す力によって
生まれたのが
ウェルスダイナミクスです。
・・・なのでこれまであなたが
出会ってきたビジネス理論や
自己啓発の考え方にはない、
全く新しい内容を目にすることも
あるかもしれませんが、

それを支えているのが
ロジャー自身の
びっくりするほどの失敗と、
いくつもの事業をてがけ
20代後半で既に億万長者になった
大きな大きな経験です。
なので決して机上の空論、
ではなく、
ビジネスに直結した
理論になっているんですね。
非常に新しくも、
ビジネスでの方向性をきちんと示して
あなたを導いてくれる
ウェルスダイナミクス。
深めれば深めるほど
あなたが歩んで行く道が
より強固なものになっていきます。
ウェルスダイナミクスを
学ぶ手段はたくさんあります・・・
これからも是非、学びを
どんどん深めていってくださいね。

ロジャー・ハミルトンが考案した、
ウェルスダイナミクスの簡易診断テストを受験したい方は、
⇒ こちらから無料で受けることができます。

あなたの強みを発見してみませんか?

Pocket

1月 06

箱根駅伝にみる【フロー】と【スペクトル】

Pocket

箱根駅伝とフローとスペクトル
「わくわく大作戦」2015年
「ハッピー大作戦」2016年
「サンキュー大作戦」2017年

青山学院大学が箱根駅伝出場にあたり
掲げた作戦名です ^^
・・・何十キロも走る、キツイ!駅伝では
気の引き締まっていない作戦名のようにも
思えますが・・・

そもそも、2015年に「わくわく大作戦」
と原監督が名付けたのには
こんないきさつがあったそうです・・・

「実は12月の10日に公式発表の場で
作戦名出したんですけれども、
チームの状態は非常に良かったんですね。
一方で、選手がガチガチに緊張している姿、
『優勝するぞ!優勝するぞ!』というような
雰囲気がありましたので、
それをちょっと、リラックスさせようと
いう思いがありまして。」

(2015年1月4日 真相報道バンキシャ!より)

そう・・・最大限やそれ以上の力を
発揮するには、
いい精神状態、いい雰囲気であることが
必須条件だと
原監督は知っていたのですね ^^

普段の生活からウェルスダイナミクスを
どう活用すればいいか?と考えて
生活していると、

「これもウェルスダイナミクスと
共通しているなあ」なんてことを
思う瞬間がよくあります。

青学の長距離メンバーに流れている
雰囲気は、間違いなく
【フロー】でしょう。

山道をただひたすら走る!!
という、普段走ることとは
縁のない人からすると
苦しい以外の何物でもないような
ことにも思えてしまいますが、
選手たちは本当に楽しそうに走り、

実際に優勝後のインタビューでも
「楽しい」という言葉が
たくさん出てきていました!

さて、あなたはどうでしょう・・・?
自分の目の前のことに楽しく取り組み、
かつ、
結果も出せている状態でしょうか?

チームを率いる原監督、
実はもともと、
中国電力の伝説の営業マン。

チームの雰囲気づくり以外にも、
目標を設定し、そして達成していく習慣を
選手たちに伝えたり、

選手たちから意欲的に動くように、
辛抱強く待って
考えて動ける選手たちに育てたり。

営業と同じように箱根で結果を出すにも、
楽しく没頭してしまう
【フロー】になることの大切さを
きっと知っていたに違いありません。

しかしながら原監督のやり方は
一部の方からの批判もあるようです・・・

もっと厳しい雰囲気の中でやらないと、
とか、
駅伝を仲良し同志でやるのはいかがなものか
とか、
緩い空気はダメだとか・・・

ウェルスダイナミクスの目的のひとつは、
「仕事=楽しい!」を実現して、
フローに乗ること。

ですがまだまだこの考え方よりも、
「仕事=厳しいもの」
「苦しいことを我慢してやるからこそ
お給料がもらえる。お金=我慢料」
の認識の方が強いケースも
多いように感じるのです・・・

勘違いしてはいけないのは、
「仕事=楽しい!」の実現は
ただ楽をする、というのではないんです。

青学の選手たちは後ろのチームを
大きく引き離しても、
全力で走ります・・・それはなぜか?

その理由のひとつが、
3年生以下の学年だと、
今ここで実力を見せてアピールせねば、
来年も走れるか分からないから。

相当に層が厚いチームになっているので
うっかりしていると自分の座は
すぐに他の誰かに奪われても
不思議はない状況。

とっても仲良しでありながら、
実はチームメイトはお互いライバルで、

高めあっている「同志」であり、
紙一重の差で自分を脅かしている存在。

ここにはチームの一員(スペクトルレベル:オレンジ)
としてだけではなく、既に一個の競技選手
(スペクトルレベル:イエロー)としてのマインドが
あります。

監督の指示に従っていたら
いいだけの世界よりも
はるかに厳しい世界です。

自分個人がどうすればいいか考えて
動かなければ
他の選手に抜かれてしまうのなんて
きっとあっという間。
・・・でも、その世界を知っている。

あなたはいかがですか?

誰かの指示待ちで、
嫌々ながらも動いていく生活を
選ぶのか、

それとも
厳しさと隣り合わせでありつつも、
自分自身が心から楽しんで、没頭して、
結果に繋げていく生活を選ぶのか?

原監督はもともとビジネスの世界で
成功したやり方を
スポーツの世界に取り入れて、
10年の時間をかけて
これ以上ないほどの
結果を出すチームへと変えてきました。

このやり方・・・

今度はまた、スポーツの世界から、
多くの人がビジネスの世界に
取り入れて、
結果を出して、
それを見た人も新しいやり方を
取り入れて、
切磋琢磨し合える存在が増えていくでしょう。

こんな形で、日本の経済も
活性化して、もっと明るくなるのでは
ないのかと思うのです。

そして・・・

自分らしさを存分に発揮して、
【フロー】に乗って結果をだすための
【ウェルスダイナミクス】が
皆様のお役に立てたとしたら
とても嬉しく思います! ^^

あなたは自分の「強み」「才能」に気づいていますか?
もし、まだ気づけていないのであれば
今すぐあなたの才能を発見しましょう!

→ 無料簡易テストを受験する

Pocket

12月 30

見逃している11月9日の重大ニュース

Pocket

アメリカ大統領選挙にまつわる報道や投稿で、見逃している重大ニュース

 

ニュース1 世界は気候変動に関してアメリカに依存しないことを決定

 

モロッコでの国連COP22で、200の国が、
トランプ氏がなんと言おうと、
地球温暖化をストップする計画を
実行することを誓いました。

これは、パリ協定での採択を実現させる
という責任を持つ気候変動代表による年次の会議です。

トランプ氏が、この合意を”キャンセルする”と
脅していたことを踏まえ、彼が選挙に
勝ちそうだということを感じとった国々は、
ちょうど彼の勝利の一週間前に、国際法
の下で結束し、パリ協定を批准しました。
これは、トランプ氏が大統領に選ばれた
際この契約を法律上破棄するには、
4年かかることを意味します。

この素早い動きに、350.orgのMay Boeveは

“トランプ氏が気候変動の動きに関して
ブレーキをかけようとすれば、
我々は、全体重をアクセルにかける。”

と言っています。

 

ニュース2 インドはお金と汚職を断絶

 

インドの首相、ナレンドラモディ氏は
すべての500ルピーと100ルピー札を廃止し
(これはインドのキャッシュ全体の85パーセントにあたります。)
汚職を減らし、お金のない社会へと向かう抜本的な一歩を踏み出しました。

2015 年のEdelman Trust Barometerによると、
インド政府は中国、アラブ首長国連邦、
シンガポール、インドネシアと並んで、
国民から信頼される政府トップ5の一つです。

この5つの国全てが、長期プランを持ち、
テクノロジーを利用して、経済の速さが
経済の規模を上回るように努力しています。

それとは対照的に、西洋の国々はEdelman Trust Rankingsで、
50パーセント以下にあります。

これは政府が国民から信頼されていないということを示しています。

 

ニュース3 科学者たちが、初めて麻痺を回復

 

スイスの科学者たちは、脊髄の一部を
損傷した猿の麻痺の回復に成功したと
発表しました。彼らは脳インプラント
を電流とつなぎ、それを、WiFiを通して
猿の足に送りました。脳は脊髄なしで、
猿の足をコントロールする事ができました。

 

スイスの科学者たちは今、足に部分麻痺
を持つ8人の人たちに臨床試験を行おう
としています。

イギリスニューカッスル大の神経科学協会
のアンドリュージャクソンは、

“10年後には、脳と脊髄の接合部における
最初の臨床実演を見ることができると
いう考えは、理不尽ではない。”

と言います。

麻痺した人や動物達がもう一度歩いたり、
動いたりする力を持つ世界を、想像してみてください。

 

ニュース4 第一回、ハイパーループ プロジェクト発表

イーロンマスクが真空空間で、
マグネット上を浮いて走る電車を
提案した時は、飛行機に代わる環境に
優しいチョイスとはいえ、
ハイパーループという考え自体が空想と
思われていました。

そのわずか数年後の現在、二つの会社が
この夢を実現させようとしています。

 

昨日、ドバイの交通機関のトップ
であるMatter al-Tayerと共に
ハイパーループOneはドバイと
アブダビ間を走るハイパーループの
計画を発表しました。
これはこの区間を車では2時間、
飛行機では30分かかる従来のもの
と比較して、わずか12分しかかかりません。

このようなテクノロジーの進歩は、
革新的な政府の協力と共に、エネルギー
使用と二酸化炭素排出量を、私たちが
考えるより早く、別のものに進化させています。

 

ニュース5 アディダスが海から回収したプラスチックからシューズを生産

 

アディダスは新しいUltraBOOST Uncaged Parley
ランニングシューズを発表しました。
海から回収したプラスチックを使って
作った世界初の量産(一般用)シューズです。
一つの靴につき、11個のペットボトルと
同じ量のプラスチックから作られていて、
adidas.comにて購買可能です。

http://www.adidas.com/us/parley

全ての会社が手を取り合い、ゴミを減らし、
海洋汚染をなくすためリサイクル商品を作ることを、想像してみてください。

 

1.2億の人がアメリカ大統領選の投票に行きました。

でもそれは、世界の人口70億人のわずか2パーセントが、世界196カ国の0.5パーセントの割合でしかない次のリーダーを選んだにすぎません。
多くの人がこの結果に対して賛成、反対の強い意見を持っています。
もしあなたが、僕のようなフェイスブック投稿をしているなら、
その話題が全投稿の5割以上をカバーしていることでしょう。

ですが、世界は変わり続けています。

そして、良い人々は素晴らしいことをし続けています。

Pocket

12月 07

ディールメーカーは何をすればいい?

Pocket

Chairman of Japanese mobile carrier SoftBank, Masayoshi Son, gestures during a press conference announcing the company's earnings in Tokyo on November 4, 2014. SoftBank said net profit in the first six months of its fiscal year jumped by more than a third, thanks to a five-billion-USD gain from its stake in Chinese e-commerce giant Alibaba. AFP PHOTO / TOSHIFUMI KITAMURA (Photo credit should read TOSHIFUMI KITAMURA/AFP/Getty Images)

「プロファイルテストを受けて、

ディールメーカーという結果が出ました。

ディールメーカーは何をすればいいんですか?」
という質問がありました。

その質問にお答えしようと思います。
テレビ東京の「カンブリア宮殿」って知っていますか?

たくさんの成功された方が出演なさって、
セミナー並みのお話をしてくださいます。

“成功している人は「強み」を活かしている。”

これが、本当によくわかる番組です。

ソフトバンクの孫正義さんが
以前ゲスト出演されていました。
(ずいぶん前です^^;)

孫さんはウェルスダイナミクスのプロファイルでは
【ディールメーカー】というタイプです。

このプロファイルの人たちは、
人と話し、人に影響を与え、
人と交渉する能力を
生まれながらに備えています。

さらにタイミングのセンスもあります。

彼らはマーケットで
人と人をつなぎ合わせるチャンスを見つけることで
富を創り出します。

<ディールメーカーの強み>

・社交的
・親しみやすい
・茶目っ気がある
・常に人とつながりを持っている
・すばやくチャンスを見抜く
・頼みごとがうまい

<ディールメーカーの弱み>

・バックエンドを担当するチームが必要
・ネットワークの価値に左右される
・人を過剰に喜ばせる

という特徴があります。

ディールメーカーは自分では商品をつくりだすことなく、
適切な時に適切な人とつながり

8つの成功タイプの中で、
最も早く富を築く
と、言われています。

カンブリア宮殿をみていて
まさに、孫さんの戦略は強みを
最大限に使われていたんだ!!
そう思いました。

例えば19歳の時に1年に3億円以上稼いだ話。

孫さんは液晶画面付きの小型翻訳機を発明して
それだけで1億円以上の利益を上げたのですが、

それは、自分だけで成し遂げたのではなく、
その分野で有名な教授を探し、
会いに行き、ディールメーカーの
最大の武器である【交渉】をしました。

「先生、私はこういうことをしていて、
ぜひ、先生のお力をお借りしたい。

もちろんタダとは言いません。

けれど、先生のような偉大な方に
おいくらお支払していいか
僕にはわかりません。

金額は先生が決めてください。

先生の言い値でお支払いします。

一切値段交渉はしません。
言い値を全額お支払します。

けれど、今の僕にはお金が全くありません。

でも、これが売れたら
大きなお金が入ってくることは間違いありません。

それが入ってきたら
先生のいい値でお支払いします。
売れなかったら、みんなタダ働きです。

でも、きっと売れます。
ですから、力を貸してください。」

そう言って交渉したそうです。

「面白い日本の学生が来たな」と
思った教授は、そのお話に乗ったということです。

その後も、ゲームの開発をして、
19歳で3億円以上稼いだと言っていました。

すごい19歳ですね!!

このお話を聞いて、
彼が「特別」と思うか
自分も強みを知り、それを磨いて
「成功の流れに乗りたい」と思うかは
人それぞれです。

今の孫さんと同じことを
いきなりしようと思っても
難しいと感じるでしょう。

けれど、この時の孫さんには
お金も人脈もほとんどなかったはずです。

その状況での
成功話だからこそ
ヒントになるはずです。

自分の強みを最大限に活かすには、
まず、自分の強みを知る必要があります。

あなたの強みは何ですか?

いろんな経験を積みながら、
強みを導き出すのもいいと思います。

けれど、
プロファイルテストを受けることで
自分の強みを知ることができるとしたら?

ぜひ、自分の強みと傾向を知ってください。

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

wd

Pocket