アキュムレーターの成功事例

Pocket

Accumulator

 

先日、アキュムレーターの方の、
診断セッションを行っているときに、
アキュムレーターの成功事例について解説しました。

 

アキュムレーターの戦略に沿って成功した方に、
共通する特徴についてお話させていただきました。

 

「アキュムレーターの戦略」

に沿った話ではあるのですが、
凄くわかりやすく要点を絞って書きます。

それが、

1、自分の専門分野を極める

2、誰かに引き上げてもらう

この2つの特徴です。

 

 

まず1つ目、自分の専門分野を極めるということ。

 

これは、どのプロファイルにも当てはまるじゃないか?

と思われるかもしれませんが、

アキュムレーターの場合は目に見えない、
目立たない部分での知識や経験の積み重ねが大切です。

 

ウォーレン・バフェット・・・投資

 

イチロー・・・野球

 

羽生善治・・・将棋

 

など、それぞれの専門分野の第一人者です。

 

 

身近なところでも著者だったり、
アフィリエイターだったり、
ある分野で実績や経験を積み重ねることで、
土台を作っていきます。

 

その、経験や実績を積んでいる中で、
必ずしも商品だったり自分のブランドだったりと、
形ある結果にならない場合もあるのが特徴です。

 

だから、最初はほかのプロファイルに比べて、
目立ちにくいケースも多くあります。

 

蓄積を続けていく中で、
少しずつ結果が出てきて、
あるときドカッと上昇気流に乗るイメージがします。

 

中には、その蓄積だけで成功してしまう人もいますが、
多くの場合、それだけの実力をつけても、
上昇気流に乗れない方も多いように思います。

 

そこで、必要になってくるのが、

【誰かに引き上げてもらう】

ということです。

 

良いノウハウを持っている場合、
そのノウハウをパッケージ化してくれる、
メカニックの人。

 

あるいは、プロモートしてくれる、
クリエイターやサポーターの人・・・

 

などが、引き上げてもらうのに、
最適な人の一例です。

 

といっても、実力の伴わないうちは、
引き上げてもらうことはできません。

 

時間はかかっても、
引き上げてもらえるだけの実力をつけること。

 

それが大切なのです。

 

「結果を出せば、お金は後からついてくる。

自分の道をたどっていれば、結果がついてくる。

いったん得意分野を確立して、

ガーデンを作り始めれば、あなたは最高の資産と

チャンスを引き寄せることができる。」

 

とロジャーも言っています。

 

自分が情熱を持てる分野を見つけ、
その分野で結果を出すべく、
知識や実績を積み重ねていきましょう。

Pocket