どんな時も自信を持つ方法

Pocket

今日のテーマは『自信』です。

自信があれば行動もできて
色々な可能性を生み出すことができる!

…そう思いませんか?

自信って行動の源と言っても
過言ではないと僕は思います。

正に車で言うガソリンのような存在。

 

実際僕はコーチングやセッションなど
様々な人との会話を通じて、この
『自信』を多くの人が求めている、という現実を
目の当たりにしてきました。

では、早速本題に入って
自信をつける方法を話す…前に!
大事な前提を共有させてください。

 

 

●そもそも自信とは何か?

 

この文章を読んでいるあなたは
少なからず『自信』について
興味があることかと思います。

では、そもそも論ですが…
『自信』ってなんでしょうか?

あなたにとって自信とは
どういうイメージがありますか?

少し考えてみてください。
考えてみるとこの先の話が
よりあなたに吸収されやすくなります(^^)/

 

…。

 

……。

 

どうですか?
考えてみましたか?

では、自信という単語を
Wikipediaで調べてみました。

−−−−−−−−−−

人間が自らの能力、知識、信念などを
信頼している精神の状態を意味する。

自信があればうまくいくと自分を信頼し、
未経験の領域に挑戦する場合でも
自己不信や戸惑いを克服することができる。

自信を獲得するためには家族や他人との
人間関係、社会の中での生活などを通じて、
経験を蓄積しながらそこから得られた知識や
教訓を建設的に活用しなければならない。

つまり自分がうまく物事を進める
力量の結果として自信は内面化される。

−−−−−−−−−−

 

……なんか小難しい固い文章ですね~(゜-゜)

簡単に要約すると僕はこう読みます。

 

『自信とは自分を信じること』

 

文字通りですけどね(笑)

−−−−−−−−−−
人間が自らの能力、知識、信念などを
信頼している精神の状態を意味する。
−−−−−−−−−−

 

ここにも書いてあるとおり、
『自ら』なんですよね。

自分で決める必要があります。

自分が自分のことを信じた瞬間、
自信が生まれる、というわけです。

 

 

●自信を持つにはどうしたらいいか?

 

さあ、きっとこの部分が
とくに興味のあるところかもしれません。

勿体ぶったような形になってごめんなさい。

でも、定義って大事なんですよね。

自分が求めているもの、
本当に欲しいものは何なのか?

それを明確にしておくことで
何を得られるかが大きく変わります。

前提にお付き合い頂きありがとうございました。

 

早速いきますね。

自信の定義を意識したところで
『自信を持つ方法』をお話します。

実は、答えは先程の
Wikipedia調べにあったりまします。

 

−−−−−−−−−−

自信を獲得するためには家族や他人との
人間関係、社会の中での生活などを通じて、
経験を蓄積しながらそこから得られた知識や
教訓を建設的に活用しなければならない。

つまり自分がうまく物事を進める
力量の結果として自信は内面化される。

−−−−−−−−−−

 

これもシンプルにするなら
僕はこう捉えます。

 

『自信はクリアした“後”からついてくる』

 

声優の林原めぐみさんの歌に
こんなフレーズがあります。
分かる人は、メールください(笑)

それは置いといて…

自信を得るには周りの人の存在や、
経験や知識などによって形になるモノ。

人、経験、知識を通して得る。

その結果として自信が形成されていく。
これが自信を得る方法です。

…答えは意外とシンプルですね(笑)
自信を得る方法を特定しました。

ただ、ここからが
真の本題となります。

僕が伝えたいことはこの先なんです。

 

 

●何故、自信がないのか?

 

現代人の多くが自信を失っていることを
あなたも肌で感じているかもしれません。

これにはちゃんと理由があります。

先程自信を得る方法に
“人、経験、知識”とありました。
そこから自信は形成されていくと。

だからこそ、多くの人は何かを学び
仕事、人生に活かしていこうとします。

この文を読んでいるあなたも
きっと勤勉な方だと僕は思います。
でなければ、わざわざこのテーマで
貴重な時間を使わないからです。

にも関わらず自信がない。
何故だと思いますか?

 

あなたがもし自信がないのであれば、
それはあなたの責任です!!!

……ということはありません。
あなたの責任ではありません。
決して。

気弱だとか実績がないとか、
繊細さんだからとかではない。
全く別の原因があります。

 

それは『広告』です。

 

この世であらゆるところにある
『広告』が僕たちの痛みを刺激して
色んな言葉で煽ってきてるんです(@_@;)

テレビ、電車の中、街中のパネル。
ネットにも様々な場所に広告があります。
僕たちは広告を見ない日がありません。

一説によると人が1日で広告を見る回数は
平均して250回前後と言われています。

広告の1つ1つの影響は小さくても
10回、100回と重ねる毎に
僕たちの意識に影響を及ぼします。

 

そして、広告の最大の特徴として
『痛みに訴求する』やり方が一般的です。

「あなたはダメな人ですよ!」

と暗に示唆するような内容が殆ど。
何故なら、人が一番反応する方法だから。

 

  • トイレが汚いのも
  • 赤ちゃんの体重が少ないのも
  • あなただけが上手くいっていないのも

 

ぜ~んぶあなたのせいですよ~って
広告はグサグサと刺してきます。
(そして“解決策”を売りこみます)

恐怖、痛み、損を刺激すると、
人は行動に移ることを彼らは
知っているからです。

そんな風に毎日のように
僕たちの不安や恐怖を煽る広告たち。

そんなものを毎日のように見ていたら…
そりゃ、自信も逃げちゃいますよね。

 

 

●自信を失わない為にすること

 

そろそろまとめです。
ここまでの話を振り返ると…

 

自信とは自分を信じること。

そのために必要なのは、知識や経験。
人の存在によって僕たちは自分を信じられる。

しかし、多くの広告などによって
それを見た僕たちは自信を失う。

 

ここまで一緒に進んできました。

ここから解決策をお話しますが…
勘の良いあなたはもう気づいてるかもです。

解決策はたったの2つ!

まず、広告を見る目を変えること。

 

因みに広告について
ここまでネガティブに書いてますが、
必ずしも広告=悪とは限りません。

広告が悪いのではなく、
“あまりにも痛みを刺激するような
広告が多すぎるのが問題”なんです。

要はバランスですね。

暗いニュースばかり見てると、
この世の終わりだと錯覚するような
絶望感が漂ってしまいます。

良いこともあれば悪いこともある。

広告を見る時、どんな意図で
メッセージを伝えているのか?

冷静に考えるとかなり
防御力アップです。

 

そして、2つ目。
とくに大事です。

あなたを認めてくれる、
安心感を与えてくれる人。

そんな人と一緒にいる時間
なるべく長くしてみてください。

僕たち人間というのは特性として
悪いところはよく見えてしまって
良いところは見えにくいんです…。

更に広告の援護射撃も相まって
すごい勢いが自信がなくなりますΣ(゚д゚lll)ガーン

実は自分の自信を一番奪うのが
自分自身だった…なんていうことも。
世にも奇妙な物語チックですね。

 

自分を責めないこと、認めること。

これが自信を持ち続けるコツです♪

でも、一人だとそれが難しいから
あなたを認め、元気にしてくれたり、
安心感を感じる人と一緒にいてください。

それだけで自信はうなぎのぼりですヽ(=´▽`=)ノ

大丈夫!あなたはできます。
こんな長い文章を真面目に
ここまで読んでくれたんですからね♪

僕は誰よりもあなたを信じています。

それでは、また(´∀`*)ノシ バイバイ

 

八重森 アリソン(ディールメーカー)

 

●自信が湯水のように湧く場所(追伸)

 

自信とはなんぞや?
自信を得る方法とは?
自信がなくなる瞬間とは?

今日の話はこんな感じでしたね。

最後に書いたように
自信を得る手っ取り早い方法は

 

『自分を認め、元気にして安心をくれる』

 

そんな人と一緒にいること、と伝えました。

冷静に見渡してみるとあなたの周りにも
最低一人はいるはずです。
よ~く見てみてくださいね(^^)/

で、僕考えたんですけど、
あなたにとって僕がその一人だったらな~
思ったんですが、どうですか?
迷惑ですかね?(´;ω;`)

もし、迷惑でないのなら…
これからも関わってほしいです。

ただ、文章だとどうしても
僕が一方的に話すことが多くなります。

そこで提案です。

9月30日(木)、20時から生放送(ライブ)
行う予定です。そこへ遊びに来ませんか?

ライブのテーマは

『大相談会』

なんですよね。
あなたが困ってること、
悩んでいることをコメントしてください。

誠実に、真剣に回答させて頂きます。
あなたの気づきになれば幸いです。

更に、大手企業にも務めながら
講師としても大活躍中の福川大地さんも
様々な視点でお答えしてくれます。

 

ライブ会場へ行く
https://youtu.be/0y_uYfxEnf4

 

是非、遊びに来てくださいね♪
あなたに会えるのを楽しみにしています。

 

Pocket