時間のムダ遣いしてませんか?

Pocket

時間のムダ遣いしてませんか?

先日、ウェルスダイナミクスを
取り入れている、ある経営者の方と
お話しをしました。

ウェルスダイナミクスを
早く身近な方々に浸透させたいと
お話されていました。

理由はいくつかありましたが、
なるほど!と、思ったのは…

「ウェルスダイナミクスを
知らないことで時間のムダ
遣いをしていてもったいないんです」

とおっしゃったことです。

「うちだったら、
直ぐに解決出来ることに
たくさん時間を使って
揉めていてもったいないんです。

僕がきいたら、単にプロファイル
の違いによる見解の相違。

なのに、
自分と違う意見に対して
『そう思う人は一体何%いるのか』とか、
誰が正しいかを決めようと時間を
ムダ遣いしているんです。

うちだったら、
プロファイルが違うから
そもそも視点が違うことが
お互いにわかっているから、
複数の結論があってもOK。

それらをそれぞれ得意な人が
担当すれば良い。

でも、ウェルスダイナミクスを
知らないとひとつの正しい答え
を出すことが目的になってしまい、
時間もかかった挙句、結局、
勢いのある人の意見にまとまってしまう。

貴重な意見も消えて行くし、
それが重なると意見も出して
くれなくなります。
本当にもったいないです」

と言うことでした。

プロファイルの違いを理解することで、
社内でも違うことを受け入れ、
違うということを活かす文化が
定着することでムダな時間をカットでき、

それぞれの視点からの貴重な
アイデアが集まるなんて本当に
素敵だなとお話しを伺っていて
感じました。

違いを受け入れられることに
よって得られる分かりやすい
メリットだと思いませんか?

私もウェルスダイナミクスを
知った時、なんとなく漠然と
感じていた他者との違いを
体型的にかつ理論的に理解
できたことで、

妙なこだわりが溶けて行くような
感覚を体験しました。

社内だけでもなく
どんな人間関係でも
使える捉え方だと思います。

交流分析という分野で理想と
される自分と他者への肯定感
をこう表現します。

I’m ok.
You are ok.

ウェルスダイナミクスが
心の安定と有効な時間を
あなたにお届け出来ることを
心から願っております。
瀬賀啓衣(スター)

Pocket