簡単!稼ぐ力をつけるロードマップ

Pocket

この間、箱根で秘密の講座を
行ってきました。

その中で、

「松井さん、富を築いていくのが
 重要だということはわかりました!
 しかし、具体例が分かりません。
 松井さん自身はどうやったんですか?」

と、言う質問がありました。

 

もしかしたらあなたも
興味あるかなと思いました。

だからこそ、今回は私が

「どうやって富を作ってきたか」

の詳細を念入りに詳しく
シェアしていこうと思います。

 

 

●強いキャッシュフローを築く、究極のロードマップ

 

実は、お金持ちになる(富を築く)ための
超簡単なロードマップが存在するのです。

私はコピーライターとしてキャリアを
積んできているので…

多くの人にはライティングのスキルを
活かすことで富を築いたと思われます。

 

しかし、実は違うんです。

私が使ったのはこのロードマップだけ。

着実に富を築きあなたの懐に
太く強いキャッシュフローを
流し込む究極のロードマップです。

 

いったいどんなロードマップなのか?

その答えは…

 

「ウェルススペクトル(富の灯台)」
(ミリオネアマスタープラン)

 

です。

 

私が今の仕事にシフトしたのは2015年..

そこからじわじわ富を積み重ね
今の状態を作ったのはこれを
“着実に”こなしてきただけなのです。

 

 

ウェルススペクトルってなに?

 

簡単に言うと…

「経済的なレベルを上げる
 具体的なステップ」

です。

本当にこれを使うと簡単に
富を築きキャッシュフローが
的確に産まれていくのです。

だからこそ、今この瞬間に
すべてのキャッシュフローが
ストップしたとしても私は
このロードマップを使います。

また、ゼロから同じことをやるだけ。

むちゃくちゃ簡単で効果的。

それがウェルススペクトルです。

 

私が今の仕事にシフトしたのは
2015年5月です。

それまでは実家の老人ホームの
管理者として働いていました。

当時は、およそ40万円(手取り37万円)。

しかし、私は本当に不安でした。

 

なぜ不安だったのか?

「こんなにもらっているのに
 なんで1円も溜まっていかないのか?」

という事を常に感じていました。

 

「何かがおかしい・・・」

と、感じてはいましたが、
なぜかいつも手元にお金が
残らなかったのです。

 

・金持ち父さん、貧乏父さん

・7つの習慣

・成功の9ステップ

・ウェルスダイナミクス

 

などなど・・・

いろいろなことを勉強して
お金持ちになりたいと心から
願っているにも関わらず、そんな状態でした。

その疑問への答えを与えてくれたのが
この「ウェルススペクトル」でした。

ウェルススペクトルの全体像を
知ってお金持ちになりたい人は..

こちらをご参照ください。

 

『才能は開ける/ロジャー・J・ハミルトン著』
→ https://amzn.to/38BoKYi

 

全国のウェルスイベント
→ https://www.wdseminar.jp/

 

 

●不安だった私がまず始めたこと

 

当時、私はは『赤=生存者』というレベル。

赤からオレンジの課題は・・・

 

1:情熱を発見する

2:スタンダードを上げる

3:フローに沿う

 

でした。

それと同時に、自身が
赤外線の課題もできてないと
ハッキリと理解しました。

 

赤外線から赤の課題は・・・

 

1:お金を測定する

2:行動を正す

3:義務を果たす

 

そのような状況でした。

だからこそ、私は以下の
スタンダードを決めて
自分の好きを収入にする道を
模索することにしたのです。

 

当時決めたスタンダード。

 

・資産状況、お金の流れは
 完璧に把握できてて当たり前

・内的価値を見直すのは当たり前

・自分の人生は自分で決めて当たり前

 

この3つを決めてやっていきました。

そして、それらを
生活のスケジュールに
落とし込んでいきました。

 

これが結果的に赤外線の課題。

「行動を正す」

と、赤の課題。

「スタンダードを上げる」

とリンクしていたのだと思います。

 

そして、当時はすでに自分が
パッションがある事は知っていたので..
(人を啓発すること、鼓舞すること)

それをすでにやっていて、
それで大きなキャッシュフローを
すでに持っている会社や人を
リストアップしました。

これが赤→オレンジの
『フローに沿う』という課題に
合致していました。

 

 

●「休みの日だけ、修行しに来ないか?」

 

そして、義務を果たすということは
当時はよく分かりませんでしたが、
今ならよくわかります。

“赤外線→赤”の義務を果たすは..

「今自分が持っている人脈の中で
 与えられている義務を果たす」

ということです。

 

要するに、今の仕事に文句を言わず
仕事には呼ばれているものと言う事。

今、自分に与えられている仕事は
自分の能力にぴったりで、自身の能力を
しっかりと発揮しない限り、次の仕事に
呼ばれることは無いという理解です。

 

要するに私は当時・・・

・赤外線の課題を固めながら

・赤→オレンジの課題に取り組みました。

 

その結果・・・

あるセミナーのスタッフとして
いつものように全力で取り組んでいたら..

そのセミナーの講師の方に、

 

「休みの日だけ、修行しに来ないか?」

 

と、お誘いを受けることが出来ました。

 

その会社は…

 

・教育事業

・WEBマーケティング

・コピーライティング

 

の会社でしたので私は
二つ返事で応えました。

ちなみにつながりたい企業リストには

「コピーを学びながら働けるところ」

と書いていました。

 

そうして私は実家で働きながら
タダ働きでコピーを始めました。

そうしているうちに実家の施設で
ある問題が発生したのです。

その時、その修行していた先の
社長さまに事情を説明すると..

「バンリさえ良ければ、
 月20万でウチで働かない?」

と、誘っていただけたのです。

 

私はその時、、、

「これは、やめるべき“サイン”だな」

と、感じたので実家の仕事を
離れることを決意しました。

 

 

●サラリーマンをしながら書き続けた修行時代

 

そんな経緯で月20万で働き始めました。

しかし、それでは家族5人が
食べられないのでWDのセミナーや
個別コンサルティングをしてしのぎました。

この時はなんとか家族を
食べさせないといけないので
なりふり構わず売りました。

セールスのコンサルティングも付け、
高額商品を売るスキルを100万円かけ
学びながら、どんどん実践しました。

 

少し話はそれますが、勉強しても
成果が出ない理由は本当にやる理由が
弱いからだと思っています。

月20万円ではどうしようもないから、
本当に何も考える暇もありませんでした。

自信があろうがなかろうが、売りました。

 

そうして2ヶ月ほどした時に
スペクトルテストを受けると..

「オレンジ」

に上がっていました。

オレンジに上がっても油断せず
常に、大きなフローに沿うための
リストを更新していました。

どんな会社につながれば
自身のキャッシュフローを
大きく出来るかを考えていました。

 

だから、サラリーマンをやりながら
セミナー講師をやりながら、
さらに無料で、ある会社のコピーを
1年間ほど書いていました。

当時の自分の戦略はとにかく実績を
積むことでした。

書いたコピーで出た結果こそが
資産だと思っていましたので
とにかく結果を出してくれそうな
会社に無料でどんどん書きました。

そうやって、だんだんと
ウェルスネットワークが
出来ていきました。

 

そうやって、働いているうちに
とうとう体力の限界で燃え尽きました。

その時、お師匠さんに・・・

 

「そもそもなんで会社やめないの?」

 

と、質問されました。

そうして、私が老人ホーム時代に
何を求めていたかを思い出しました。

 

「朝、好きなだけ寝ることができる
 “出社しない生活”をしたい」

 

それが私の当時の希望でした。

そこで、当時の社長様に…

 

「なんとか自宅で仕事ができないか?」

「給与じゃなくていいので外注で
 雇ってもらえないか?」

 

と、相談をしたところ。

 

「いいよ」

 

と返事をもらいました。

そうして、老人ホーム時代に
描いていた夢は叶いました。

 

 

●たった一人の恩人から始まった、私のキャッシュフロー

 

その後、社長様に注文をもらいながら
下請けとして働いていきました。

そうするとプロジェクトが落ち着くと
私の仕事がなくなり、来月から収入が
入らないという状況になりました。

 

そんな時に、タダ働きで書いていたところに

「これこれこういう事情で
 これからは執筆にお金を
 出してもらえませんか?」

と、お願いしたらOKを貰えました。

そうしながら、ウェルスダイナミクスの
セミナーやコンサルティングを止めて
徐々にコピー1本に絞っていきました。

 

この会社さんも当時私を拾ってくれた
恩人である彼から紹介を受けました。

その後も、いろいろあって
今の状況ができたのですが…

今、つながりをもたせてもらい
書かせてもらっている会社さまは…

 

「9割はその最初の社長様に
 ご紹介いただいた方です」

 

確かに、私にはコピーのスキルを
磨くことに対する努力を
惜しまない情熱がありました。

しかし、今のキャッシュフローは
そのたった一人の恩人から始まっています。

 

スキルがいらないとは言いません。

しかし、私のキャッシュフローの源は
確実にこのウェルススペクトルに
きちんと取り組んだことだと思います。

恐らく、コピーのスキルだけを磨き
スペクトルを無視していたら未だに
サラリーマンだったと思います。

 

未だに3〜5ヶ月に1回は
スペクトルの課題を見直します。

そして、足りてないところには
取り組んでいるのです。

 

「ウェルススペクトル」

私がキャッシュフローを
生み出せているのは
コピーのスキルではありません。

このたったひとつのロードマップを
使い込みまくった結果です。

 

 

●プロファイルより!?も重要なもの

 

ウェルスダイナミクスというと
多くの人がウェルスプロファイル(才能タイプ)だと
思い込んでいるフシがあります。

しかし、ウェルスダイナミクスは..

 

・ウェルススペクトル

・ウェルスフィットネス

・ウェルスネットワーク

・ウェルスプロファイル

 

の4つで成り立っているのです。

私はこの内、一番使わないのが…

「ウェルスプロファイル」

です。

その他、3つに取り組むことで
私は富を築きました。

 

もちろんプロファイルも、チームの中での
自身の役割を考えるときには使います。

しかし、残り3つの方が

「断然、重要!」

だと思っています。

 

ぜひ、この3つを踏まえた上で
ウェルスプロファイルを見直してください。

そうすれば、あなたは自然と
楽にスッとお金持ちになれます。

 

「え?ホントですか?」

 

と、信じられないのは当たり前です。

人は、自分が体験したこと以外は
100%確信を持つことはできません。

だからこそ、信じなくても大丈夫です。

少なくとも私はそうやりました。

あなたがどのように生きるかは
あなた自身でお決めになってください。

 

・・・

 

ぐだぐだと身の上話をしましたが、
あなたのお役に立てましたか?

ぜひとも感想を直接お送りください。

バンちゃんにメッセージを送る
matsui@jwda.org

 

最後までお読みいただき

誠にありがとうございます。

 

松井 万理

 

追伸:

こういった事例って役に立ちますか?

私は他人がどうやって成功したかは
正直、あまり興味ありません。

 

なぜなら、自分の道は自分で
作るしか無いと思うからです。

だからこそ、ノウハウや法則など..

「応用の効くセオリー」

を重要視してしまいます。

 

でも、こういった事例が大事と
感じる人もいるようですね。

あなたはどう思いますか?

ご意見いただけると幸いです。

バンちゃんにメッセージを送る
matsui@jwda.org

 

Pocket