自己投資でやりがちな致命的なミスとは?

Pocket

あなたは学ぶのが好きですか?

私は、大好きです♡

それが高じて今では..

「セミナービジネス専門のセールスライター」

になってしまったほどです。

私がはじめて高額セミナー合宿に
参加したのは2005年。

情報商材と言われる商品を
買ったのは2002年。

本を読み始めたのはその数年前からです。

 

そんな風に自己投資については
相当にやり込んできました。

投資した金額はもはやわかりませんね♡
(最低1000万円は確実に超えています)

さて、そんな自己投資業界キャリア
(なんじゃそのキャリアw)20年の
私が発見した、衝撃の秘密を今日は
詳しく公開していきたいと思います!

 

 

■2つの智慧

さて、私は自己投資という業界で
長年キャリアを積んできましたが、
その中で不思議に思う事があります。

それは、、、

 

なぜ、同じ事を学んでいるのに
それを活用して望みをスルスル
叶えていく人がわずかなのか?

逆に言えば、何故その学びを活用できず、
もがき苦しむ人たちが存在するのか?

私は、教育者としても活動していますので
ここに関してはすごくすごく興味があります。

 

そこで、氣づいたこと。

それが、、、

「智慧には2種類ある」

という単純な発見です。

 

ひとつは、、

「混乱を増長する智慧」

と、

「全体を包括する知恵」

という2つの知恵です。

 

この内、どちらの智慧を採用するかで
あなたの結果が変わってくるという事。

ちょっと簡単ではないと
感じるかも知れないので
これらの違いを説明しますね。

 

 

■混乱を増長する智慧=リダクショニズム

リダクショニズムってのは

「部分を学んで統合すれば
 全体が分かるに違いない!」

という考え方のことを言います。

 

つまり、全体をどんどん分別して
細かくしていく学習のことです。

この学習の特徴は、、、

「学べば学ぶほど新たな疑問が生まれる」

ということです。

 

結果、学ぶ事ややるべき事が
どんどんと増えていきます。

そして、もうひとつの特徴が・・・

「これが正しい(=アレはダメ)」
※相対的、善悪二元論、

構造的にそのようになります。

 

多くの人が、正しい方法や
正しいやり方、正解があると
強く信じ込んでいますが..

実際は・・・

「全ては場合と状況(コンテクスト)による」

のです。

 

つまり、私たちが学ぶべきは部分ではなく、

「場と状況を読み取る力」(受け入れる力)

「その状況に応じる力」(応じる力)

です。

 

この全体性を受け入れる感性が
衰えているとどんなに部分を、
学んでも上手く行きません。

逆に一時的にうまく行っても
永遠にセミナーや部分学習に
追われ続けることになりますね。

そして、もしこの2つの力があれば、
部分として学んだ事が活かせます。

 

 

■答えは全体性に依存する

多くの人が学べば学ぶほど
混乱するのは著しく答えに
集中しすぎているからです。

 

例えば、Facebookの集客法とか。

広告を出すときにはここのボタンを
押してこういう設定が良いよとか。

インスタのリールでこういう順番で
こういう事を話すとバズるよとか。
(数ヶ月で代わる可能性大ですよね)

 

そうではなく、今がどんな状況で
どんな背景があるからそれがバズるのか?

ということに着目する必要があります。

そして、余計な思い込みが
無ければ無いほどに正確に
今の状況を受け入れられます。

 

・こうに違いない!
・ああに違いない!
・これはこうあるべき!

 

という想いが全体性への
氣づきを、鈍くさせます。

ちなみに、掴めそうで掴めない!
全体性ってそんなものです。

 

つまり、これに正解はありません。

ですので、大切なことは、、、

「結局、私は何も分かってない」

という謙虚な姿勢なのです。

というわけで、私達に必要な学習は
かなり意外な結論へと達します。

 

 

■何も分かってない=智慧

そうです。

実は何も知らないという姿勢
何も分かってないという想いが
叡智への近道となるのです。

もちろん、体系的、理論的に
さまざまな事を「知る」のは
氣持ちの良いことではあります。

しかし、最終的に、、、

「私達は分かったつもりなだけで
 全く何も分かっていない」

 

これを念頭においた上で
ウェルスダイナミクスを含む
さまざまな体系を見つめてみる。

私たちが全体性を完璧に完全に
掴む事はほとんどありません。
(直観によって約4%の人は掴めます)

 

だからこそ、あくまでも・・・

「知識は参考にしかならない」

それよりも、、、

「今この瞬間を正確に捉える方が大事」

という事実を深く深く、
肝に銘じておく事が
重要になってくるのです。

 

なぜなら、それが今この瞬間の
全体性(背景)を詠む事に
つながって行くからです。

この「全体性=背景」を詠んだ上で、
今、使える事を学んでいけば、
あなたは素早く望む結果を得ます。

そして、背景を読み取るためには..

「手間(行動と時空間)をかけて背景を知る」

これが重要になってくるのです。

 

例えば、私は今、竹細工を創ったり
野菜や、お米をつくったり海水から
塩を創造したりします。

そういった背景が分かるからこそ、
その素晴らしさを知ることができます。

他にもビジネスにおいては…

「金融という世界の流れ」
「マクロ経済の流れ」
「あらゆるビジネスの裏側」

を、体験しています。

 

もちろん、私の体験はまだまだ
幅の小さな範囲でしかありません。

しかし、その「幅」が広がれば
広がるほどに物事を立体的に
捉えることが出来るようになり..

「全体の最適解(全体利益)」
※関わる人と自然の利害が矛盾しない施策

が、何となく感じ取れます。

 

じゃあ、どうやって背景を学ぶのか?

と言うと・・・

 

と、行きたいところですが、
ちょっと話が長いので
今日はここで終わっておきます。

ちなみにウェルスダイナミクスは
このような背景を読み取るために..

「お金のセンスを磨く(ウェルスフィットネス)」

を、推奨しています。

 

ちょこっと専門的になりますが、
ウェルスフィットネスと言えば
内的価値に注目が集まりがちですが..

実はこのお金のセンスを磨く方が、
私は重要だと考えています。

 

お金のセンスと磨くというのは、、、

「世の中でどんな価値とレバレッジが
 組み合わさって富が生まれているか?」

を、観察する作業となります。

ビジネスという文脈においての
手間(全体性と背景)を着実に
感じ取るにはこの練習は有効です。

ですので、あなたが富という
文脈に置いて望む結果を
手に入れたいと望むのならば..

ぜひ!お金のセンスを磨いてみてね。

 

松井万理(バンビちゃん♡/メカニック)

 

 

追伸:

私がウェルスダイナミクスを
すごく応援する理由は簡単です。

このような背景をしっかりと捉え、
長期的に結果を出すために役立つから!

巷で紹介されている稼ぎ方の殆どが、
実は、この本質に触れていません。

ウェルスダイナミクスはお金を
生み出す元についてのお話です。

 

だからこそ、これをしっかりと
身につけることができれば、
お金で困ることは一切なくなります。

なぜなら、お金を生み出すには
何をしたら良いかが分かるからです。

もしも、あなたが一生お金に
困りたくないと思うのなら、
もっとウェルスダイナミクスを
しっかりと学んでください。

 

とは言え、何事にも順序が大事です。

例えば、種をまかずに
水もやらずに収穫はできませんよね?

それと同じで、物事の順番を
間違ってしまうと、かなりの
遠回りになってしまうのです。

では、どんな風に、どんな順番で
学んだら良いのかと言うと…

興味ある人は、「学びの順番!」と
私にメッセージを送ってくださいね。

【バンビちゃん♡にメッセージを送る】
matsui@jwda.org

 

追伸2:

本当に、この「学習スキル」を
しっかりと身に付けていない人は
本当に「損」をしています。

あなたが学びや自己投資で
損をしたくないのなら、
確実にメッセージを送ってね。

タイトルは「学びの順番!」ですよ!

ほんじゃ、私にメッセージを送ってくださいね。

【バンビちゃん♡にメッセージを送る】
matsui@jwda.org

Pocket