ウェルスダイナミクスのプロファイルを活かして成功するには?

Pocket

「ロードのプロファイルなのですが、
ロードらしく成功するにはどうすればいいでしょうか?」

ということをよく聞かれます。

 

ロードに限らず、

「●●のプロファイルらしく成功するには、
どうすればいいか?」

が気になる方が多いようです。

そう思うのは当然だとは思います。

自分のプロファイルを知ったら、
そのプロファイルを活かしたいですよね。

 

もちろん個人としてプロファイルを活かした能力を、
発揮していただきたいと思います。

 

同時に、本当の意味でウェルスダイナミクスを活用したいなら、
チームでの活用方法も考えてみることをおすすめします。

 

自分で自分をフローに乗せるよりも、
他人をフローに乗せたあとに自分もフローに乗る方が、
楽にフローに乗ることができるケースが多いのです。

 

チームでのウェルスダイナミクスの活用を考えたときに、
必要となってくるのは、

「どこで自分は必要とされるのか?」

を考えることです。

 

「●●のプロファイルらしく成功するには、
どうすればいいか?」

に対するヒントもここにあります。

 

例えば、バンドのメンバー募集を考えてみてください。

あなたがギターを演奏できる人だとします。

 

まだメンバーが集まっていないので、
メンバー募集をしているバンドを探しているとします。

 

そんな中、見つけたメンバー募集中のバンドが、

「ドラムの人が足りないから探しています。」

という場合は、どうでしょうか?

 

いくら、あなたがギターを弾けても、
既にそのバンドにギターの人がいたら、
受け入れてもらえない可能性が高いでしょう。

 

一方で、ドラムができる人であれば、
多少下手でも、受け入れてもらえるかもしれません。

そのパートが必要とされていたわけですから。

 

プロファイルを活かすのも、これと同様です。

色々なビジネスをしている人・会社・チームで、
求められている人材がいます。

そこで求められるかどうかは、
必ずしも、あなたの能力だけが問題ではありません。

もちろん能力は高いほうがいいですが、
それ以上に

「そのチームに足りないものを提供できるかどうか?」

が重要になってくるのです。

 

あなたが提供できる価値を、
必要としている人・会社・チームが必ずあります。

 

自分を理解し、相手を理解することで、
プロファイルを活かした仕事もしやすくなるのです。

 

特に、チームでウェルスダイナミクスを活かすには、
すべてのプロファイルの特徴を学んでおくと、
自分だけでなく、他人のことも理解しやすくなりますよ。

すべてのプロファイルの特徴を理解するには、

「プロファイル攻略セット」で学ぶのがおすすめです。

→ 「プロファイル攻略セット」の詳細はこちら

Pocket