長期的に売れ続ける人の頭の中

Pocket

どんなビジネスでも存在する、
長期的に売れ続ける人。

はたまた、お笑い芸人によくある
一発屋。

もしくは、そもそも売れない人……。

この人たちの違いは、
一体何なのでしょうか?

 

一発屋はまだしも、「売れない」ことを
目指してビジネスしている人はいないですよね。

これまでに、
1500名以上の方の指導や
プロデュースをしてきて、
セミナーを3000回以上も見てくると、

話している
「主語」を聞くだけで、

 

あぁ〜この人は、
もし売れたとしても一発屋だ。

すぐに売れなくなる。

 

おっ!
この人はさすが!
業界のトップに出るだけある!

 

なんてわかっちゃう。。。

 

さて、
ちょっとしたテストをしましょう!

 

あなたは、あるイベントで、
自己紹介をする機会に遭遇しました!

自己紹介でどんな話をしますか?

 

この「自己紹介」
今のあなたが

売れ続ける人か?
はたまた一発屋か?

どっちのタイプなのかが
わかります。

ちなみに「売れ続ける人」
「信頼を築いている人」ということ。

今日お話しするのは
初対面でも、自分も相手も気持ちよく
信頼を築く人になるための
“自己紹介術”でもあります。

さぁ、あなたが普段している自己紹介は
どちらのタイプでしょうか?

 

 

一発屋が使う主語は…

 

さて、あなたは何を自己紹介で
語りましたか?

ここでポイントなのは

 

どんな主語で話しているか?

 

です。

一発屋や、売れない人、
選ばれない人は、
この主語が「私」になっています。

 

「私」がどういう人かを
わかってもらうために
聞いてくれる相手の時間を使います。

「私」の商品がいかに素晴らしいかを
伝えるために、相手の時間を消費します。

 

私は、どこ出身です。

私は、学生時代にこんなことをしていました。

私は、今こんなことをしているんです…

私は、今こんなものにハマっていて…

私の商品は、こんなにすばらしいんです!

 

とか…

とにかく、
自己満の「私」語り!!

話し手は、自分のことを知ってもらった!
自分のことをしっかり伝えれた!

って、満足かもしれませんが、

聞いている方は、
一切何も記憶に残らない(笑)

 

逆にわかる人からすれば、

 

この人、浅いなぁ〜。

思考力ないなぁ〜。

 

なんて思われちゃう。

何かあったときに、
絶対にお声がかからない人です!

では、長期的に売れ続ける人は、
どんな自己紹介をしているのでしょうか?

 

 

長期的に売れ続ける人の主語は…

 

長期的に売れ続ける人の主語は
当然、自分(「私」)ではありません!

そう、「相手」を主語にして考え、話しています。

 

相手が好きなことはなんだろう?

相手が必要としていることはどんなことだろうか?

相手は私に、どんなことを期待しているのだろうか?

 

そして、相手に合わせて、
自分が持ってるカードを変える。

相手が興味あることを伝える。

ただ、これだけでは、
ただの聞き上手で終わってしまうので…。

さらに、“腹八分目”。

相手を満腹にさせることはしない。

 

かなり戦略的で
続きが聴きたくなる…

この人と繋がりたい!って思わせられるかどうか…

そんなことを考えて、話をしているんです。

 

もちろん、
自己紹介だけでなく、
セミナーでもセールスでも
同じです。

 

もし、あなたが

 

・集客できない

・次につながらない

・最後まで話を聞いてもらえない

 

そんな
悩みがあるとしたら…

主語を「相手」に変えてください!

これだけで、
大きな違いが出てきますよ。

 

あなたのために
時間を割いて話を聞いてくれている
大切な相手に、何を持って帰ってもらいますか?

どんなギフトを届けますか?

 

浅山佳映子

 

Pocket