あのメンターが絶対やらない3つのこと

Pocket

あなたには尊敬する人や
メンターと呼んでいる人はいますか?

本の著者、有名人、憧れている人…。

その人の言葉、想いに触れて
刺激をもらって行動をしていく。

あなたに影響を与えている人が
少なくても1人や2人居ると思います。

 

僕も当然、メンターと呼ぶ人が居ます。

例えば、日本初のプロゲーマー、
梅原大吾さんがその一人です。

僕は彼が書いた本の
『勝ち続ける意志力』
かなり影響を受けています。

 

あと最近は
YouTube大学をやっている
オリラジの中田敦彦ことあっちゃん!

独特な動きとわかりやすい解説で
自己啓発、経済、漫画、人間関係と
様々な情報を発信しています。

あっちゃんの動画を見る事が多く、
気づくとあっちゃんの喋り方を
真似ている自分に気づきます(笑)

 

今日の話はそんな
自分にとって尊敬する、影響力のある
人たちから学ぶ時に…

『絶対にやってはダメ』なこと

をお伝えしていこうと思います。

“やったほうが良い”ことよりも
“やってはダメ”なことに関する
面白いお話をしていきますね(^^)/

 

 

●実は『逆』なんです

 

では、ここからは
あなたが尊敬している人や、
憧れている人、目標にしている人。
そんな人を1人、思い浮かべてください。

その人のことをここでは
『メンター』と呼びます。

本の著者でもいいし、
YouTuberでも、どんな人でもOKです。

直接会って話したことがある人なら、
その人の“言葉”も一緒に思い出してください。

 

あなたが尊敬する人なのだから、
メンターは意識が高く、聡明です。
バンバンと行動もしていることでしょう。

メンターは自分の信念があって
様々な言葉、想いを発しています。

例えば、

 

「計画を立てることが大事」

「目の前の人を意識する」

「自分を責めてはいけない」

「70%の完成度でいいから外に出す」

「後悔ではなく、改善するのが重要」

 

あなたも1度は見たことがある
言葉があると思いますが…
これらの言葉を見た時、
あなたはどう感じますか?

 

「計画を立てることが大事か…。
 じゃあ、早速計画を立ててみよう!」

 

でしょうか?

確かに、メンターが言うことを
実施するのはとても大事なことです。

成果に繋がる行動や思考を
自分にインストールするのは
必要な行動の1つではあります。

しかし、“やったほうが良い”ことより、
もっとインパクトのある方法をご存知ですか?

 

それが、“やってはいけない”ことです。

言葉はそのままの意味として
捉えることもできますし、
逆の意味を考えることが出来ます。

 

「計画を立てることが大事」

計画を立てない

「目の前の人を意識する」

目の前の人を意識しない

「自分を責めてはいけない」

自分を常に責める

 

“やったほうが良い”ことは、
“やってはいけない”ことの裏返し。
逆も然り、ですね。

ここを意識することが出来れば、
メンターからの言葉を今まで以上に
受け取れるようになるんです。

 

反対の意味を考えると、
“やったほうが良い”ことの意味を
今まで以上に取り込む事ができます。

両面で考えることができれば、
視野を広くして理解を深める。
正に一石二鳥となるわけです(^^)/

 

 

●逆張り思考のメリット

 

僕が尊敬するメンターの人から
僕はこの考えを学びました。

 

「メンターがやっていることよりも、
 “メンターがやっていないこと”に
 意識を向けて行動をする。」

 

つまり、今の自分とメンターを
照らし合わせてみた時に…

メンターがやっていないのに
自分がやっていることがあるとしたら…?

それは今すぐに見直すべき
マイナスなものである可能性が
非常に高いと言えるんですよね!

そして、マイナスなことを止めるのは、
一番時間を効率的に活用するための
考え方でもあるわけなんです(∩´∀`)∩

 

新しいことを始めるのには
気力と時間と勢いが必要です。
簡単に言えば、疲れます(笑)

で、なかなか始めることができず、
始めても長続きしない…など
疲弊することも珍しくありません。

人は何かを足していく(プラスする)のを
よーくやってしまいがち。

 

「あれをやろう!これをやろう!」

「アレもほしい!これも欲しい!」

 

足していくばかりを考えると、
僕たちの時間はすぐに足りなくなります。

1日24時間という枠は一生増えないので、
時間配分を考える必要があります。

そんな時に考えるべきことは、
足す(プラス)よりも引く(マイナス)こと。

 

メンターは効果的なことをしている一方で、
効果的ではないことは絶対にやっていません。

だから、メンターがやっていないことで
自分がやってることは余剰で無駄です。

であれば、マイナスの行動を減らし、
時間や精神的ゆとりを生み出すこと。

そうして初めてメンターが行っている
プラスの行動を効果的に始められるんですよね。

 

 

●あの人の“逆張り”は?

 

ウェルスダイナミクスの考案者、
ロジャーも僕にとってとても大きな
メンターの1人です。

そんなロジャーがあと一ヶ月後の
6月24日(木)に初のオンライン開催となる

『ウェルスダイナミクスFESTA 2021』

を日本語通訳付きで開催します。

そこでロジャーが予定している内容は
主に以下の3つ。

 

  • 10年先を見据えることができる確かな情報
  • 急激に変化しているデジタルマーケティングへの対応方法
  • 困難を勝利に変えるチームづくり

 

この3つを逆張り思考
考えてみると、新しい見方ができます。

 

  • 1年先、10年先の未来を見据えているか?
  • 急激な変化に対応できているか?
  • 一人だけでやっていないか?

 

このような質問を自分にすると、
今の自分が

何を最優先に考えて
行動を起こせばいいか?

が見えてきます。

同時にロジャーというメンターから
“絶対にやってはいけない3つのこと”
理解できるようになります。

やってはいけないことを止めて
やるべきことがわかれば、
あとはめっちゃ楽になります。
やればいいだけですからね!

ウェルスダイナミクスFESTA 2021では、
まさに大きなメンターとしての力を持つ
ロジャーがオンラインでこれからについて
最先端の情報をお届けしてくれます。

チケット販売5月17日(月)一般公開予定です。
この文章を読んでいる勤勉なあなたは
必ずエントリーしてくださいね。

 

6月24日(木)18:00〜22:00
オンライン開催(日本語通訳付き)

ウェルスダイナミクスFESTA 2021

〜あなたのビジネスを10年継続させる循環型
『セールス&マーケティング5.0』〜

※5月17日(月)一般公開予定

 

====

 

僕は6年前に独立をしてから
すぐにウェルスダイナミクスFESTAに
参加したことで大きく勢いが付きました。

今では自分がしたい生活を
9割方叶える事ができました。
コレも全て『富づくり』のおかげ(^^)/

そして、富づくりの天才である
ロジャーの言葉には絶対に
注意深く耳を傾けてください。

ロジャーの

 

“やったほうが良いこと”

“やってはダメなこと”

 

この両面を意識してFESTAに参加すれば、
コロナ時代を不安なく乗り越えていけます。

あなたと一緒に富づくりができるのを
心から楽しみにしていますね♪

それでは、ありがとうございました!

 

八重森 アリソン(ディールメーカー)

 

Pocket