強みを発揮し過ぎると失敗する事例とは?

Pocket

ウェルスダイナミクスは

『自分の才能を知り、弱みを克服するのではなく
強みを伸ばすことにフォーカスする』

ことを、支持しています。

が、時々私がクライアントさんに
おススメするものがあります。

それが

 

『プロファイルのスイッチ・オフ』です。

なんで、そんなことをするの?
と思いますか?

時と場合によってはその方が
目的が果たされやすいからなんです。

このスイッチオフができるのも
自分のプロファイルの才能を理解できていればこそ。

ぜひ、効果的な

『プロファイルのスイッチ・オフ』

をマスターして

ウェルスダイナミクスの
プロファイルの使いこなし

で、自由自在に
あなたのしたいことを
達成していってください。

 

==================

プロファイルのスイッチとは

==================

オフとかオンとか

そもそもの
プロファイルのスイッチってなんだ?

と思われたかもしれません。

私は

 

『意図的に自分のプロファイルの才能を最大限に生かし
発揮する行動をとるために押すスイッチの事』

 

と、定義しています。

だったら余計
スイッチ・オンした方がいいじゃん!

はい。おっしゃる通り
ほとんどのケースの場合
スイッチ・オンしていただくことが多いのです。

スイッチオフは、限られた場合にのみ
活用していただきます。

 

==================

スイッチのオンとオフの選別

==================

才能であるがゆえに
『苦手』と感じることってありませんか?

例えば

 

クリエイターが
『次々と浮かんでくるアイデア』を止めること

とか

サポーターの人が
『熱く応援する』ことを我慢する

とか

トレーダーが
『求められているものは何かを感じ取ること』
をやめないといけない時

とか

ロードが
『分析的思考』を止めなくてはいけない時

 

などです。

これらは、まぎれもなく才能なのですが
その才能も

適切な時に、適切に使われると
『強み』と呼ばれ
人から喜ばれます^^

 

ですが…

同じ才能を

不適切な時に、不適切に使ってしまうと
『弱み』と呼ばれ
嫌がられてしまいます><

 

この後者にならないようにすること、それが

プロファイルのスイッチ・オフ

です。

 

例えば、ビジネスのプロジェクトで
もう実行していかなくては間に合わないのに

クリエイターが
どんどんいいアイデアを出し続けて
チームを混乱させたり…

ただ寄り添って話を聞いてほしかった恋人の話を
分析して解決しようとしすぎたり…

そんな時は、上手に

スイッチ・オフ

してみてください。

 

例えば、
トレーダーが急に大人数の前で
発表しなくてはいけなくなった時

オフした方がいい才能はどれだろう?

とりあえず『洞察力』をオフ
で、緊張を緩和させよう…

など

活用の仕方は様々です。

 

この時に、弱みとしてとらえると
解決が難しく感じます。

あくまで、強みを出し過ぎない
と考えることをお勧めします^^

それだけでかなり、上手くいきますよ!

ですが、オフするためには
自分のプロファイルとその才能を
しっかりと、正しく、把握しておかなくてはいけません。

そうしないと

上手くできないこと=弱み

として認識してしまい、せっかくの才能を
自在に活用することが困難になります><

 

そのためには
ウェルスダイナミクスのプロファイルテストと一緒に
トレーニングを受けた、ウェルスダイナミクスの認定講師による
診断セッションを受けることをお勧めいたします。

テストと同時のお申込みが
もっともお得です^^

診断セッションのお申込みはこちらから

⇒ WD診断セッション

 

プロファイルテストを受験していない場合は、
まずはこちらからプロファイルテストの受験をしましょう。

→ WDプロファイルテスト

 

テストの申し込みフォームに入力したあとに、
セッションにも同時に申し込むことを選択できます。

 

プロファイルの活用が上手くいったら
ぜひ、私にも教えてくださいね♪q(^^q

 

瀬賀 啓衣(スター)

 

Pocket