3月 26

お金持ちになれない理由

Pocket

「お金がないんです・・・」
「どうしてなんですか?」
そんな質問に答えるために
ノート描かれた・・・
【あるイラスト】のお話。

━━━━━━━━━━━━━━━
9歳の男の子「リチャード」が、

「うちのお父さんは一生懸命に
働いているのに、
どうしてうちはお金持ちには
なれないんだろう・・・?」

そんな疑問を持ったことから
スタートする、ちょっと不思議な
ストーリーの一冊の本、

『億万長者の秘密をきみに教えよう!』
(原題【WINK】 ロジャー・ハミルトン著)

今回の投稿では
そのストーリーの一部を
ご紹介したいと思います。

・・・同じように疑問を持っている方、
多いのではないのでしょうか?

「こんなに一生懸命に働いているのに、
どうしてお金はたまらずにすぐ
なくなってしまうのだろう・・・?」

そしてこう思ったりもします・・・

「世の中はなんて不公平なんだ!」
(↑これはお父さんのセリフでもあります)

物語の中で、
主人公のリチャードが
紹介された「一流の水道屋」
に会って話をしていたとき・・・

水道屋はこんなことを
リチャードに伝えました。
「お金持ちになりたいなら、お金について知っておくといいよ。お金には流れがあるんだ」

「お金の流れ・・・?」

そんな話をしながら、水道屋は
リチャードが持っていたノートに
絵を描き込んでいきます。

お金も水と同じで
排水溝に流れていってしまうと
戻ってこないこと、
貯蓄をしても水はたまるけれども、

【投資】をすれば
収入の蛇口を作り出すことが
できること・・・

お父さんのようにそもそも
収入が少ないときにはどうすれば
いいんだろう?

「お金がなくても、『お金の蛇口』をつくる方法はありますか?」
という質問には、

お金よりも貴重なもの・・・
【時間】をつかう、というお話。

自分のために時間を投資する。
価値のあること・・・
勉強する時間や仲間づくりに。

「こんな時間の使い方もあるんだよ。自分が苦手な作業を得意な人に任せれば、その時間は自分の好きに使える。その時間を自分に投資するんだ」

お金がない!という人・・・
さらには、
「時間がない!」という人にも
大きなヒントになりそうですね ^^
━━━━━━━━━━━━━━━
水道屋がリチャードと一緒に
ノートに描いて完成させた絵は、
『億万長者の秘密をきみに教えよう!』
の51ページにあります。

重要なことがたくさん
書き込まれているイラスト。

一度じっくり見てみてくださいね。
あなたの富づくりへの
大きな気づきがきっとあるはずです!

Pocket

3月 09

「もっとお金が欲しい」から自分を解放する3つの質問

Pocket


あなたは
「お金が欲しい」と
思いますか?

正直に心の中でいいので
答えてみてください。

「もっとお金が欲しい」

という気持ちは
とっても大切なことを
教えてくれるのですが・・・

そのままで置いておくと
本質を見逃してしまうんです。

その本質とは
あなたの価値観です。

この価値観は
あなたの行動の
大元の大元になるものです。

ここを理解しておくと
とっても行動が
スムーズになり
結果が得やすいのですが

そうでないと
せっかく目標を立てたり
行動計画を立てても
実行し続けるのが
難しくなってしまいます。

すると、
ずっとずっと
ことあるごとに
「もっとお金が欲しい」と
思う日々が続いていくのです。

では、どうしたらいいでしょうか?

今日は、そんな時に
自分に問いかけるといい
質問を3つご紹介いします。

この質問の答えに向き合うことで
ずっと、そう思い続けることから
自分を解放することができます。

====================
1、そのまま妄想を続けると…
====================

ひとつめは
「もっとお金があったら…」と
思った後
その先の妄想を『意識しながら』
続けてみてください。

あなたは
もっとお金があったら
どうなると思っているのでしょうか?

できれば、
書き留めてみてください。

====================
2、その前に何が…
====================

「もっとお金があったら…」と
と思う前に
何がありましたか?

どんなことがあったときに
そう思うのでしょうか?

その直前にあったことを
思い出してみてください。

そして、出来たら書き留めてください。

====================
3、それができると満たされるもの
====================

1,2が叶うと満たされる
あなたの欲求・感情は
何だと思いますか?

この3つ目の質問が
とても大切なのです。

いかがでしょうか?

でてきましたか?

この質問はとても大切なのですが
なかなか一人で導き出すのが
難しいことが多いのです。

そんな時、どうすればいいでしょうか?

価値観は
自分の内面の奥底に
あるので
つい入り込んでしまって
答えが出ないことが多いのです。

そんなときは
客観的な指標をもとに
自己分析をしてみることで
答えが出ることがあります。

その客観的な指標とは
自分の本来の特性と強みと弱み
そして、情熱です。

すでに、それを
実践していて
さらに体系的に
その方法を知っている人から
学ぶのが早いのです。

ご興味ありますか?

自分のもともと持っている
特性を明らかにし才能を紐解くプロと

自分でもなかなか見つけられない
情熱を紐解くプロと

そして、それらをもとに
お金に換えていくプロが

あなたの価値観に沿った
具体的な行動と
継続するための『習慣』づくりを
お手伝いします。

その『習慣』が
価値観に沿って
幸福感に満たされる未来へと
導いてくれるものです。

手に入れに来ませんか?
4月22日、3人のプロがあなたのために日本に集結です。
⇒ 詳しくはこちらから

※3月10日までは早期割引価格で申し込むことができます。

Pocket

1月 19

エゴの下にあるもの

Pocket

ウェルスダイナミクス
日本語にすると

富の力学

です。

富という言葉
普段どんな意味で使っていますか?

色々な方が
富を定義しています。

例えば、
『金持ち父さん貧乏父さん』の著者
ロバート・キヨサキさんは

富とは
「働かなくても生きていける日数」

と、定義しています。

ウェルスダイナミクスの定義は

富とは
あなたが全てのお金を失った時に
残ったもの

です。

決してお金が富ではない
と、言っているわけではありません。

お金は富の一部です。

ウェルスダイナミクスで
プロファイルを確認するのは
それ自体が目的ではなく
スタートラインに立つことなのです。

プロファイルも
富の一部なのです。

自分の価値を知り、それを磨き
人の役に立つとお金を頂けます。

それがビジネスです。

ビジネスを継続するには
とても大きなエネルギーが
必要になります。

自分のプロファイルに沿って生きていると
それが自然に継続出来るようになります。

そうでないと
息切れして続かなくなります。

それを何度か経験すると
自己否定するようになります。

エゴという言葉を聞いたことがありますか?
パーソナリティの構造の一部です。
自我と言ったりします。

エゴの上に道徳があります。
ワガママや主張が激しいことを
『エゴが強い』
なんて言ったりしませんか?

実はエゴの下に更に
エスという無意識が潜んでいます。
エスは本能の基本的な欲求です。
自分本位で即時の満足を求めます。

これだけ聞くと、
悪いことみたいですね。

反面、エスは
生きるためのエネルギーの源であり
よりよく生きたいという欲求でもあります。

自分のプロファイルに沿っていると
エスの欲求を満たしながら
価値を提供出来るようになります。

だから、苦もなく
継続出来るようになります。

価値を提供し続けることで
信頼が生まれ、富が構築されていきます。

そのための第1歩は
自分のプロファイルを確認して

本当にそうだなぁ~と納得するところから
スタートするのです。

ぜひ、お試しください。

 

Photo credit: James Jordan via Foter.com / CC BY-ND

Pocket

12月 28

植松努さんが語る夢を叶えるヒント

Pocket

植松さん

突然ですが、
植松努さんって
ご存じですが?

小さいころ夢見た宇宙開発を
小さな企業で実現した
北海道の経営者の方です。

TEDというスピーチイベントで
素晴らしいスピーチを
され話題になりました。

彼のスピーチには
沢山のメッセージが
詰まっています。

沢山の気づきが
得られるのでは
ないかと思います。

何度見ても
グッとこみあげてくるものがあります。

もし、見たことがなければ、
ぜひご覧いただきたいと思います。

夢を叶えるヒントが
沢山出てきます。

→ 植松さんのスピーチはこちら

====================
全財産が紙切れになる
====================

植松さんのスピーチの中で
おばあさまのお話が出てきます。

事業で成功したにもかかわらず
持っていたお金が突然価値を失い
紙切れ同然になった経験をした
おばあさまです。

お金を追うのではなく
本を読んで、頭に入れなさい。

それは、何が起こっても
誰にも奪うことはできないのだから。

この言葉は、
まさにウェルスダイナミクスの
富の定義と同じです。

「富とはあなたがすべての
  お金を失ったときにあなたに残ったもの

新しい年を迎えようとしている今だから、
ぜひ、ご自身の富について真剣に考えていただき、
来年をあなたにとって飛躍の年にして
いただきたいと思います。

====================
そんなに簡単に夢はかなわない
====================

植松さんのスピーチ動画を見て
ある方が、

「そんなに簡単に夢が叶ったら
苦労しないよ」

と言っていました。

きっと、その人は
正しいです。

植松さんのスピーチでも
語られた言葉

『思うは招く』

そう、思うことは叶うんです。

だから
「夢は簡単に叶わない」と
思っていれば、それは、
叶ってしまうということです。

ウェルスダイナミクスの
考案者ロジャー・ハミルトンは
こんな言葉で
表現しています。

『あなたが見えるものが
あなたが手に入れるもの』

ウェルスダイナミクスの
プロファイルテストは

新しい眼鏡となって
可能性を広げるための土台である
【あなたの才能】を見えるように
してくれます。

あなたのプロファイルは
まぎれもなく
『富』です。

プロファイルテストで
ご自身の才能を『見える』
ようにしておきましょう。

見えると
手に入ります。

<思うは招く>です。

→ プロファイルテストのお申込みはこちらです。

 

Pocket

9月 12

お金を稼ぐ活動よりも大切なこと

Pocket

お金を稼ぐ活動よりも大切なこと

【お金を稼ぐ活動よりも大切なこと】

とタイトルに書きましたが、
これ、何だと思いますか?

お金が大切ではないと言っているわけではありません。

むしろ、お金は必要なだけは稼ぐ必要がありますし、
今、生活費が稼げていない状態であれば、
まずは生活費を稼げるようになることが望ましいです。

そのために、日々の仕事をすることは、
とても大切なことです。

お金を稼ぐ活動というのは、
多くの人は会社に行って働くことですね。

自営業の人だったら自分のお店で働いたり、
あるいはサービスの提供を行うために活動をするのが、
お金を稼ぐ活動になるでしょう。

このお金を稼ぐ活動というのは、
生きていくために必要なものです。

ですので、やっていく必要のあることではありますが、
多くの場合それは時間の切り売りです。

また、その活動だけしていても、
思うように収入は伸びていかないことも多いです。

ウェルスダイナミクス考案者、
ロジャー・ハミルトンの著書

億万長者 富の法則

では、こんな一文があります。

『「富」を生み出している人たちは、
「お金」を稼ぐ活動よりも、
「富」の土台作りに力を入れている。

つまり、世の中の評判、便りになるネットワーク(情報網、人脈)、
知識、リソース、実績といったものを築いているのだ。

こうしたものが彼らのガーデンとなるが、
彼らは、自分の専門を中心としたガーデンではなく、
自分の情熱、自分の道、自分の志を中心とした
ガーデンを築き上げている。』

ロジャーは自然と富を生み出す仕組みを、
「ガーデン」(庭)と表現しています。

そしてガーデンの正体が、

富の土台である「世の中の評判(ブランドや信頼)」
「ネットワーク」「知識」「リソース」「実績」

などになるのです。

お金を稼ぐための時間が、
1日に8時間必要だとします。

たしかにその8時間は必要なものかもしれませんが、
1日24時間のうち使える時間はほかにもあります。

残った時間や仕事がお休みの日に、
自分のガーデンを築きあげていきましょう。

また、後半でも大事なことを伝えています。

『自分の専門を中心としたガーデンではなく、
自分の情熱、自分の道、自分の志を中心とした
ガーデンを築き上げている。』

この部分です。

自分の専門分野はたしかに、
お金を生み出しやすい領域かもしれません。

しかし、ガーデンを築く際には、
自分の情熱を基準に選んでも良いのです。

また、自分がこういう世の中にしたいという、
志を明確にしてガーデンを築く活動ができたら、
より素晴らしいですね。

アナタはこれから、
どんなガーデンを築いていきますか?

また、その充実させたいガーデンは、

・情熱(好きなこと)

・道(得意なこと、プロファイル)

・志(世の中をこうしていきたいという理念)

に合致するものでしょうか?

ぜひ、週末にお時間をとれる方は、
自分のガーデンの現状と、
これから充実させていきたい部分を考えて、
行動に結びつけていきましょう。

 

Photo credit: free pictures of money via Foter.com / CC BY

Pocket