子育てとウェルスダイナミクス

Pocket

子育てとウェルスダイナミクス

9月は娘の誕生月でした。
気づけばわが子も17歳。

成長すればするほど
トレーダーだなと感じます。

=============================
子育てとウェルスダイナミクス
=============================

うちの娘の話をすると
子供向けのプロファイルテストは
ないのでしょうか?
と言うご質問や

子ども向けのテストを作ってください。
と言うご要望を多く頂きます。

プロファイルテストに関しては、
慎重にと感じています。

なぜならば、使い方によっては
子どもの可能性を制限する方向に
利用してしまうことがあるからです。

子供のころは様々な体験をして
ほしいなと思っております。

一方で、
ウェルスダイナミクスは子育てに
有効なツールであるとも思います。

ぜひ親御さんにウェルスダイナミクスの
知識をつけていただくことで活用
していただきたいと思っています。

メリットはいくつもありますが、
そのうちの一つが、

『自分の特性に偏った
ジャッジをしなくなる』
というところです。

お子さんの性質や発言、
行動、考えなどが、
ご自身と違っていても

どちらが正しい
どちらが間違っている

という2択から解放されるということです。

どっちも正しい

と言う可能性を受け入れやすくなります。

「人はそれぞれ違う」ことを
漠然とは知っているものの
論理的に体系的に理解し、
確信している状態とは
明らかに差があります。

ウェルスダイナミクスは
その確信を与えてくれます。

我が家は私がスター
娘がトレーダー

持っている強みや弱みが
大きく異なるプロファイルです。

彼女が小さいころは、
ウェルスダイナミクスを
知らなかったので、
私は引っ込み思案な娘を心配し

「いい?人は目立ってなんぼだよ!」

「もっと、自分から前に出よう」

などなど、
言っていました。

この発言自体、
私の価値観を良しとし、
娘のありのままを否定して
いたのではと、今は感じます。

ウェルスダイナミクスを知ってからは、
『みんなと同じで居たい』という
娘の【調和】という価値観を
重んじられるようになったことや
周りに合わせることができるのが強みだと
確信できたことで
黙ってみていられるようになりました。

ウェルスダイナミクスを学ぶことで、
マイナスポイントと思われる性質を
見つけたときにも、
強みを見つけるヒントだと理解する
ことができるようになります。

これは、子供を見る時だけとも限りません。

ウェルスダイナミクスを
学ぶチャンスは広がっています。

書籍や教材、全国のプラクティショナーの
セミナーや個人セッションをぜひご活用ください。

おススメは、
ご自身プロファイルテストと
解説セッションを受けること。

その時に、子育てに活用したいと
プラクティショナーにご相談ください。
瀬賀啓衣(スター)

 

Pocket