コロナの先にある未来を描く

Pocket

ディールメーカーのアリソンです。

今回は

『コロナの先にある未来を描く』

がテーマです。

 

前回は今の時代を生き抜く術について
お話をさせてもらいました。
前回の続きとなるお話をしていきます。

今の時代に必要な生き方も大事ですが、
その先も見据えて動いていかなくてはいけません。

無計画に突っ走っても事故るだけです。

暗雲立ち込めるこのコロナショックの後、
どのようにして生きていけばいいか。

ここもしっかり押さえていくことで
再びコロナショックのような事件があっても、
安定の中で自分の生活を送ることができます。

 

未来に備えて今から準備を始めたい方は
読むことを強くオススメします。

僕も日々準備をコツコツ進めています。

一緒に準備していきましょ~!

 

 

●どんな時代でも安定する方法

 

今の時代が大変なのはわかった。

その為に『時代に左右されない自分の価値を明確にする』
ことが必要なのも何となくわかった。
 
じゃあ、具体的にどうすればいいの?
 
と思っているかもしれません。

その声はとても理解できます。
僕も同じ立場なら同じように思うからです。

なので、今から順を追って説明しますね!

 

まず、前回最後に少し紹介をした
『レイマン』の名前は憶えていますか?

今回、このレイマンが具体的な方法を
教えてくれる重要人物となります。

レイマン・アウ

 

何故、重要人物かと言うと、
それは、レイマンの生い立ちに関係するからです。

この生い立ちがあるからこそ実現可能な
ある重要事項があるのです。

僕が東日本大震災で学びを得て
今のコロナでも安定して働いている
因果関係のストーリーがあるように
レイマンにも同様のストーリーがあります。

とても大事な部分なので
是非ともじっくり読み進めてくださいね。

 

レイマンは生粋のアメリカ人で36歳。
日本人の奥さんと仲良く暮らしています。

アメリカで20年、香港で2年、中国で3年過ごした後、
日本に移り、11年を経て今に至る形です。

 

色んな国に移り住んだ過程で
それぞれの国の言葉を学んだ結果、
現在は6ヶ国語を話すことができます。

日本語、英語、フランス語、スペイン語、ラテン語、北京語。

 

いやー、凄いですよねー、コレ!

僕は日本語は問題ないのですが、
元母国語のポルトガル語を7割程度を忘れて、
世界共通語の英語もサッパリという(笑)

以前、似た境遇だと書きましたが、
ここだけはかけ離れた経歴だと痛感します(゚Д゚;)

 

あ、でも、奥さんと仲良しという所は
バッチリ同じな自信があります!

…と、それはさておき(笑)

 

現在のレイマンのお仕事に移りましょう。

レイマンは日本適性力学協会で
通訳・翻訳を中心に活動し、
ウェルスダイナミクスの考案者、ロジャーが
来日した際の通訳も務めており、

他にも様々なプロジェクトに参加しています。
 
更にロジャーと共に行動することが多い関係もあり、
様々な実業家とも広く交友関係があります。

…なんか自分で書いてて本当に凄い人だな~と
改めて思います。

 

ここまで書いてお気づきの方もいるかもしれませんが、
様々な国に移住をして、様々な言葉を話す。

そして、様々な成功している人達も広く知っている。

これらの経験と体験をしているレイマンは
とても『多くの視点』『囚われない考え方』
備わっているということです。

この部分が今回の重要事項の部分になります。

 

レイマンは今まで3000人の方とセッションをし、
そこで気づいたことがあると言っていました。

それが、

 

『日本人は1つの正しい答えを求めてしまう』

 

ということです。

そのせいで多くの選択肢を見過ごしたり、
逆に多くの中から1つを選び取ることができず、
時代や状況に翻弄されてしまうということです。

 

特に今の時代はスマホで様々な
情報が入ってきやすい時代です。
逆に情報が多すぎて

「一体何を選んだらいいんだ…?」 

と感じたことはありませんか?

この情報量の多さに悩んで、疲弊して
自分の価値観や方向性を考慮せずに
選んでしまったそれが「詐欺」だったりと…。

 

時間やお金を浪費してしまうことに
繋がってしまう思考をしてしまうのです。
このようなメルマガを読んでいるということは、
 
「成長したい、前へ進みたい!」
 
と思う気持ちがあると思います。

しかし、現実は上手くそれが叶わず、
情報や時代に翻弄されてしまって
徒労に終わる人が後を絶ちません。

 

レイマンは日本人のそのような部分に
憂いを感じていました。

僕も様々なクライアントさんと付き合う中で
この部分で苦しまれている方を多く見てきました。

 

 

●勉強しなきゃいけないのは、ナゼ?

 

因みに、何故僕たちはこのような考えに
至ってしまうのか?答えは簡単です。

それは、多くは義務教育や社会の流れで
この考え方が身についてしまったのです。

 

学校ではいつも答えを教えてもらってきました。
1+1=2というように、『答えがある事』しか
学んでこなかったわけです。

 

「なんで勉強しなきゃいけないんですか?」

という子供なら誰もが思った事ある質問に対して
ちゃんと答えてくれた先生をあなたは見たことありますか?

 

「良い学校、良い会社に就職するためだよ」

と答えられて納得がいきましたか?

良い学校とは何でしょうか?

良い会社とは何でしょうか?

そもそも、『良いの定義』は何でしょうか?

 

そこまで掻い摘んで話してくれた先生がいたら
是非紹介してください。
とても仲良くなれそうです。

僕の時にはそのような先生はいなかったですが、
今なら言葉にすることができます。

 

もし、明確に言葉にしてくれて
伝えてくれたのなら、勉強に対しても
もっと前向きになれる子供が増えると僕は考えます。

このような前提で僕たちは育ったので、
どうしても『答えがあることだけ』
求めてしまう思考になってしまうんですよね。

それが、結果的に僕たちの選択を縛ってしまうわけです。

 

僕も以前まではサラリーマンでしか
生きるすべはないと思い込んでいましたが、
今は全く違う目線で世界を見ることができています。

違う目線で世界を見ることができるようになった僕は、
最愛の娘の送り迎えをすることができ、
一番近くでその成長を見守る時間ができました。

家族との時間を多くとることができ、
心と体が満たされた安心感の中で
毎日を生きることができています。

 

もし、以前のサラリーマンという数ある中の
1つの道しか選べない僕であれば、
残業や夜勤でまともに子供との時間をとれず、
非常に辛い状態で今を生きていたかもしれません。

もちろん、サラリーマンが良いとか
悪いの話ではないのです。

サラリーマンの仕事に、今の仕事に
心から満足し、充実しているのであれば、
それは胸を張ってやればいいのです。

 

でも、今の自分の仕事や行動に疑問があり、
違和感を感じながらも他に舵取りもできない…。

そんな状態でこのコロナショックで
仕事の量も減っていくとなっては、
不安を抱えるな、という方が無理な話です。

 

そんな今の時代を生き抜く方法、それが

『時代に左右されない自分の価値を明確にする』

だったのは憶えていますよね?

実はこの表現はレイマンのフレーズの1つなんです。
時代を生き抜き、その先へと続いていくために
他にもレイマンは3つのフレーズを唱えています。

 

  1. 自分の価値を確立する
  2. 自分のメッセージを明確化する
  3. 会話をリードできる質問力を身に着ける

 

この3つができるようになれば、
どんな状況、時代であろうとも
自分で舵取りが出来て不安に左右されず、
安心して生きていくことが可能となるのです。

 

実際にこのフレーズを聞いてみて
僕はとても納得しました。

僕が歩んできた道をこのフレーズに当てはめると
確かにピッタリはまったからです。

 

レイマンは様々な国で学んで、
様々な人を見てきてきました。

僕とは比べ物にならない程の情報量と
引き出しを持っているのがレイマンなのです。

 

『多くの視点』『囚われない考え方』
持っているレイマンだからこそ
今までとは全く違う考えや行動に
結びつけることができるのです。

 

今まで想像もしていなかったところに
正解というのは存在しています。
  
何故なら、今の自分に満足しているのであれば、
今までと同じ選択、道を歩めばいいのです。

しかし、今の自分に満足していないのであれば、
昨日とは、今までとは違う選択をしなければなりません。

 

昨日の行動が今日の結果です。
 
当然、今日やったことは、明日に繋がります。

今の自分に不満であれば、今日変えない限り
明日も変わらないということになりますよね。

 

「しかし、そんなことはわかってるよ!」
「それができれば苦労しないよ!」

という思いを抱く人も少なくはないと思います。

新しい事を取り組むときや
一人で何かをするのは辛いですからね。

最初の一歩は勇気がいるものです。

 

レイマンはそういった考えを持つ人を

「何とかしたい!」「力になりたい!」

そういう部分に熱い『情熱』を持っている方なんです。

その能力も十二分に備わっています。

 

だから、今回僕も仲間として、
友達として協力することになりました。

僕もとっても大好きで激推しのレイマンの
今後のプロジェクトに是非期待してください。

僕もできる限りのことをしていきます。

 

 

●明日を変える為に今すぐできること

 

はい、かなり長くなってしまいました。

貴重な時間を費やしてここまで読んで頂き、
本当に感謝しています。

ありがとうございます!

 

そんな貴重な時間をしっかり活かすために
1つ提案させてください。

昨日の記事でも提案しましたが、
是非、アウトプットをしてください。

ここまで読んだということは、
『何か』を感じたからこそだと思います。

 

是非その『何か』をそのままにせず、
イメージして言葉、文字に具現化してください。

それだけで明日を変える為に今すぐできる
最良の方法になります。

 

「今まであまりアウトプットしたことがない」
「なんだか難しそう…自分にできるだろうか?」
「時間がない。忙しい。自分には無理」

もし今までこのように考えているのであれば、
是非とも今までとは違う行動をしてみてください。

アウトプットするだけでそれができてしまうのです。

 

このアウトプットで自分の今の状況を知り、
現在地と目的地を知ることができます。

カーナビを使うときでも、現在地のGPSを元に
目的地を入力するからゴールできますよね?

それと全く同じです。

 

しっかりゴール(理想)に辿り着けるように
現在地(アウトプット)を知ってください。

それがレイマンがやろうとしている
プロジェクトの参考にもなります。 

 

もし、前回既にアウトプットが済んでいる方は、
新たに考えて出てきたことでもOKです。

現在地と目的地は常に更新されます。

常に観測していくようにするのをおすすめします!

 

 

【アウトプット】

 

〇あなたは今どんな気持ちですか?
(不安、悩み、気持ちを書いてください)

〇理想の未来、なりたい姿は何ですか?
(こうなりたい、なってほしいことを書いてください)

 

あなたの生の声をお待ちしています。
↓↓↓

yaemori@jwda.org

 

今回も最後まで読んで頂き
ありがとうございました!

アンケートの集計を待ちたいので、
来週中には更新しますね♪
 
それでは、また! 

 

八重森 アリソン

 

Pocket