4月 26

ロジャー・ハミルトン来日講演『最高の未来の創り方』で学んだ2種類の資源とは?

Pocket


4月22日は
ウェルスダイナミクスの
考案者ロジャー・ハミルトンが
1年ぶりに来日し

日本を代表する
お金の専門家
本田健さん

情熱の専門家
パッションテストの
ジャネット・アットウッド

とのイベント
「才能と情熱とお金の
スペシャリストから学ぶ
最高の未来の創り方」
を開催しました^^

会場でお声がけいただいた方が
沢山いらっしゃいました。
目があっただけ
で、失礼した方々も…
(バタバタしていてスミマセン・汗)

ありがとうございました!

来ていただいた方は
3人の講演
楽しんでいただけましたか?

当日は会場に
私のウェルスダイナミクスの師匠で
本田健さんとも
古くからの大親友
そして、ジャネットとも
親交の深い
宝地図やレイキでおなじみの
望月俊孝さんが
来てくださいました。
ウェルスダイナミクスが
日本に上陸した当初
100名以上のプラクティショナーを
養成してくださった
大恩人です。

実は、当時
ウェルススペクトルの講座は
トレーナーになって
100名以上のプラクティショナーを
養成した人のみが受講できる
というルールでまさに
『秘伝の書』でした。

そして、その受講された
第1号が望月さんでした。
現在はトレーナーが
育ったということで

クリス岡崎さん
マツダミヒロさんらとともに

後任へバトンを渡してくださり
ウェルスダイナミクスの
名誉シニアトレーナーとして
見守ってくださっております。

その望月さんも
ロジャーの話を聞き

「ウェルスダイナミクスが
素晴らしいことは
もちろん知っていたけど
改めて聞くと
やっぱりいいね」

と、言ってくださいました。
そうなんです!!

ウェルスダイナミクスは
素晴らしいツールだと
知っていて
毎日活用している
私も毎年イベントのたびに
感動するのです。
ウェルスダイナミクスは
素晴らしい!ポイントはたくさんあり
語り始めたら寝かせて
差し上げられないのでf(^^;

ロジャーのお話で
そうだよね〜〜〜と
感じたところをシェアしますね^^(←前置きいいから早くね!)
それは『2種類の資源』について
です。
資源には二週類あります。

それは、

学校で習う『欠乏』する資源と
侵されない『減らない』資源

です。

『欠乏』する資源は
使うとなくなるので
足りないと奪い合うようになります。

そして、使うと減るので
いつも仕入れていないといけません。

それは、ろうそくに火をつけると
減っていく蝋のように・・・。
一方で
侵されない減らない資源は
与えても全く減らないので
逆に増えます。

ロウソクの火を
他のロウソクに分けても
自分のものは減らないようなもの。

与えれば与えるほど
どんどん世の中の火が
増えていきますよね?
このロジャーの話を聞いて
ウェルスダイナミクスの意義を
改めて痛感しました。
ウェルスダイナミクスの
プロファイルは
まさに『侵されない資源』

でも
資源は眠らせていては
うまく使えない…ですよね?

だからこそ
ウェルスダイナミクスで

使えば使うほど
与えた側も
もらった方も
豊かになる資源を
掘り起こして
活用していただきたい・・・
と、心から思いました。

当日、会場には
その資源を持ち寄った
シニアトレーナー
プラクティショナーが
日本中から集結して

また、本田健さんや
ジャネットの
コミュニティの方たちとも
一体となり

初めていらっしゃる
参加者の皆様とともに
温かい豊かな空気に包まれた
空間になっていたなと
感じました。

今回、来れなかった方も、
また機会がありましたら、
ロジャーの講演を直接聞いて、
ウェルスダイナミクスを深く深く
体験してみてくださいね。

瀬賀啓衣(スター)

Pocket

3月 02

ロジャー・ハミルトンと香港

Pocket

ウェルスダイナミクスや
考案者ロジャーのルーツを辿る!
・・・そのひとつは、写真の【香港】。

———————————

今日の投稿では、
ウェルスダイナミクスの考案者、
ロジャー・ハミルトンの話を
させていただきたいと思います。
ロジャー・ハミルトン、
という名前から、おそらく西洋人かな?
と思われるかと思いますが、
・・・そんな予想の通り、
ロジャーはイギリス人です (^ ^)

しかし、生まれは香港なんですね。
その歴史から、
東洋と西洋が面白く融合した
地域です。
・・・そう聞くと、まさに!
ウェルスダイナミクスも
ロジャーの生まれ故郷のように、
西洋と東洋の考え方が面白く融合した
面白い理論だと気付けるのでは
ないでしょうか?

ビジネスのための理論という
面からは、
西洋的なものを強く
感じるかもしれません。
しかし、
「私たちはみんな、五種類の周波数を持って生まれてくるが、人によって五つの配合の割合が異なっている。この説を最初に示したのは中国の『易経』(変化の本)である。五種類の周波数は、現代の心理テストの土台であるのと同時に、中国医学、武術、風水などの中国の学問の土台でもある。」
『億万長者 富の法則』
(原題 YOUR LIFE YOUR LEGACY)
とあるように、
ロジャーが東洋の易経などの思想も
多く取り入れて理論立てたのが
ウェルスダイナミクス、なんです。

※ちなみに五種類の周波数、とは
一番高い周波数
【水】(スピリット)
四種類の基本周波数
【木】(ダイナモ)
【火】(ブレイズ)
【地】(テンポ)
【金】(スチール)
のことです (^_^)v

また、
ロジャーのプロファイルは
【クリエイター】。
そう、クリエイターの
新しい物事を生み出す力によって
生まれたのが
ウェルスダイナミクスです。
・・・なのでこれまであなたが
出会ってきたビジネス理論や
自己啓発の考え方にはない、
全く新しい内容を目にすることも
あるかもしれませんが、

それを支えているのが
ロジャー自身の
びっくりするほどの失敗と、
いくつもの事業をてがけ
20代後半で既に億万長者になった
大きな大きな経験です。
なので決して机上の空論、
ではなく、
ビジネスに直結した
理論になっているんですね。
非常に新しくも、
ビジネスでの方向性をきちんと示して
あなたを導いてくれる
ウェルスダイナミクス。
深めれば深めるほど
あなたが歩んで行く道が
より強固なものになっていきます。
ウェルスダイナミクスを
学ぶ手段はたくさんあります・・・
これからも是非、学びを
どんどん深めていってくださいね。

ロジャー・ハミルトンが考案した、
ウェルスダイナミクスの簡易診断テストを受験したい方は、
⇒ こちらから無料で受けることができます。

あなたの強みを発見してみませんか?

Pocket

1月 06

箱根駅伝にみる【フロー】と【スペクトル】

Pocket

箱根駅伝とフローとスペクトル
「わくわく大作戦」2015年
「ハッピー大作戦」2016年
「サンキュー大作戦」2017年

青山学院大学が箱根駅伝出場にあたり
掲げた作戦名です ^^
・・・何十キロも走る、キツイ!駅伝では
気の引き締まっていない作戦名のようにも
思えますが・・・

そもそも、2015年に「わくわく大作戦」
と原監督が名付けたのには
こんないきさつがあったそうです・・・

「実は12月の10日に公式発表の場で
作戦名出したんですけれども、
チームの状態は非常に良かったんですね。
一方で、選手がガチガチに緊張している姿、
『優勝するぞ!優勝するぞ!』というような
雰囲気がありましたので、
それをちょっと、リラックスさせようと
いう思いがありまして。」

(2015年1月4日 真相報道バンキシャ!より)

そう・・・最大限やそれ以上の力を
発揮するには、
いい精神状態、いい雰囲気であることが
必須条件だと
原監督は知っていたのですね ^^

普段の生活からウェルスダイナミクスを
どう活用すればいいか?と考えて
生活していると、

「これもウェルスダイナミクスと
共通しているなあ」なんてことを
思う瞬間がよくあります。

青学の長距離メンバーに流れている
雰囲気は、間違いなく
【フロー】でしょう。

山道をただひたすら走る!!
という、普段走ることとは
縁のない人からすると
苦しい以外の何物でもないような
ことにも思えてしまいますが、
選手たちは本当に楽しそうに走り、

実際に優勝後のインタビューでも
「楽しい」という言葉が
たくさん出てきていました!

さて、あなたはどうでしょう・・・?
自分の目の前のことに楽しく取り組み、
かつ、
結果も出せている状態でしょうか?

チームを率いる原監督、
実はもともと、
中国電力の伝説の営業マン。

チームの雰囲気づくり以外にも、
目標を設定し、そして達成していく習慣を
選手たちに伝えたり、

選手たちから意欲的に動くように、
辛抱強く待って
考えて動ける選手たちに育てたり。

営業と同じように箱根で結果を出すにも、
楽しく没頭してしまう
【フロー】になることの大切さを
きっと知っていたに違いありません。

しかしながら原監督のやり方は
一部の方からの批判もあるようです・・・

もっと厳しい雰囲気の中でやらないと、
とか、
駅伝を仲良し同志でやるのはいかがなものか
とか、
緩い空気はダメだとか・・・

ウェルスダイナミクスの目的のひとつは、
「仕事=楽しい!」を実現して、
フローに乗ること。

ですがまだまだこの考え方よりも、
「仕事=厳しいもの」
「苦しいことを我慢してやるからこそ
お給料がもらえる。お金=我慢料」
の認識の方が強いケースも
多いように感じるのです・・・

勘違いしてはいけないのは、
「仕事=楽しい!」の実現は
ただ楽をする、というのではないんです。

青学の選手たちは後ろのチームを
大きく引き離しても、
全力で走ります・・・それはなぜか?

その理由のひとつが、
3年生以下の学年だと、
今ここで実力を見せてアピールせねば、
来年も走れるか分からないから。

相当に層が厚いチームになっているので
うっかりしていると自分の座は
すぐに他の誰かに奪われても
不思議はない状況。

とっても仲良しでありながら、
実はチームメイトはお互いライバルで、

高めあっている「同志」であり、
紙一重の差で自分を脅かしている存在。

ここにはチームの一員(スペクトルレベル:オレンジ)
としてだけではなく、既に一個の競技選手
(スペクトルレベル:イエロー)としてのマインドが
あります。

監督の指示に従っていたら
いいだけの世界よりも
はるかに厳しい世界です。

自分個人がどうすればいいか考えて
動かなければ
他の選手に抜かれてしまうのなんて
きっとあっという間。
・・・でも、その世界を知っている。

あなたはいかがですか?

誰かの指示待ちで、
嫌々ながらも動いていく生活を
選ぶのか、

それとも
厳しさと隣り合わせでありつつも、
自分自身が心から楽しんで、没頭して、
結果に繋げていく生活を選ぶのか?

原監督はもともとビジネスの世界で
成功したやり方を
スポーツの世界に取り入れて、
10年の時間をかけて
これ以上ないほどの
結果を出すチームへと変えてきました。

このやり方・・・

今度はまた、スポーツの世界から、
多くの人がビジネスの世界に
取り入れて、
結果を出して、
それを見た人も新しいやり方を
取り入れて、
切磋琢磨し合える存在が増えていくでしょう。

こんな形で、日本の経済も
活性化して、もっと明るくなるのでは
ないのかと思うのです。

そして・・・

自分らしさを存分に発揮して、
【フロー】に乗って結果をだすための
【ウェルスダイナミクス】が
皆様のお役に立てたとしたら
とても嬉しく思います! ^^

あなたは自分の「強み」「才能」に気づいていますか?
もし、まだ気づけていないのであれば
今すぐあなたの才能を発見しましょう!

→ 無料簡易テストを受験する

Pocket

12月 06

誰とつながればいいか?

Pocket

ID-10082222

ビジネスをしていく上で、
優先して繋がったほうが良いプロファイルとは?

 

実はプロファイルテストを受けたら、
解説に書いてあるのですが・・・

見落とす人がかなり多いようです。

 

では、どのプロファイルが、誰とつながったらいいか?

 

 

発表します!

 

 

以下のようになります。

 

・クリエイター

最大の支援者⇒出資者、機会提供者

特に必要なプロファイル⇒メカニック、ディールメーカー

 

・スター

最大の支援者⇒推薦者、支持者

特に必要なプロファイル⇒クリエイター、ディールメーカー

 

・サポーター

最大の支援者⇒アドバイザー、同志

特に必要なプロファイル⇒メカニック、クリエイター

 

・ディールメーカー

最大の支援者⇒チームメンバー、マネージャー

特に必要なプロファイル⇒メカニック、クリエイター

 

・トレーダー

最大の支援者⇒アドバイザー、機会提供者

特に必要なプロファイル⇒サポーター、メカニック

 

・アキュムレーター

最大の支援者⇒出資者、同志

特に必要なプロファイル⇒サポーター、メカニック

 

・ロード

最大の支援者⇒マネージャー、出資者

特に必要なプロファイル⇒サポーター、ディールメーカー

 

・メカニック

最大の支援者⇒出資者、機会提供者

特に必要なプロファイル⇒クリエイター、ディールメーカー

 

以上が、優先してつながる人たちです。

 

最大の支援者となる人は、
プロファイルに関係なく誰でもなり得ます。

また、特に必要なプロファイルの人と繋がることで、
最大の支援者が引き寄せられていきます。
(テストの解説では触媒となる存在と書かれています。)

 

必ずしもビジネスパートナーを、
この判断基準で選ぶ必要はないと思いますが・・・

意識をしながらビジネスを進められると、
スムーズに展開するはずです。

 

なお、最大の支援者として表記されている、
「出資者」「機会提供者」などの名称は、
ウェルスネットワークの用語です。

おおよその意味は
単語を見れば理解できるとは思いますが、
詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

http://jwda.ocnk.net/product/58

 

簡易テストでもプロファイルは出ますが、
正確な診断結果は、
プロファイルテストを受けないと出てきません。

詳しい解説もついてきますので、
トライしてみてください。

 

ウェルスダイナミクスのプロファイルテストの詳細はこちら

http://profiletest.net/profiletest/

ちなみに、オススメのコースは、
診断セッション付きのコースです。

テストお申し込み時に一緒にお申し込み可能です。

 

 

Pocket

12月 05

結果がでない人の特徴

Pocket

困った

結果が出ていない人って、
いろいろなことに手を出してしまう人が多いです。

サッカーのプロと野球のプロに、
同時になろうとしてしまうようなことを、
平気でしてしまうのです。

 

別に趣味としてサッカーや野球を楽しむなら、
自由に楽しんでいただければよいと思います。

しかし、ビジネスとしてお金をいただきたいと考えるなら、
ある分野のプロとして一定以上のレベルになる必要があります。

サッカーと野球のプロに同時になろうとするのが、
いかに難しいことかは、想像できるでしょう。

実際に、サッカーと野球のプロに同時になれる人なんて、
どんなに天才でもいないですよね。

メジャーリーグで活躍するイチロー選手は野球に専念をしていますし、
日本代表の本田選手はサッカーに専念をしているはずです。

でも、その天才でもできない難しいことを多くの人が、
ビジネスの世界ではやろうとしてしまうのです。

これは、ずーっと1つのことをやりなさい。

というわけではありません。

 

スポーツ選手になった人が、
引退後芸能人になったり、監督になったり、

あるいは解説者になったりすることはあるでしょう。

それは、プロとして一定のレベルを極めたからこそ、
次に見えてくる新しい道なのです。

 

まず、自分のビジネスを新たに立ち上げるなら、
その分野でのプロになること。

 

そのためにプロとしてどんな立ち位置でいればいいか?

この参考になるのが、
ウェルスダイナミクスのプロファイルなのです。

 

だからこそ、プロファイルを明確にして、
自分の戦略を1つの絞ることを私たちは提案しています。

プロファイルがどの戦略をあなたがとればいいか、
示してくれるのです。

 

あなたが飛行機であるなら、
プロファイルは行き先を示すコンパスのようなものなのです。

あなたは、どの道を選びますか?

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

wd

Pocket