6月 16

「ニーズをチャンスに変える」とは?

Pocket

5月には、ウェルスダイナミクスの創始者である
ロジャー・ハミルトン氏が来日されてフェスタが開催されました。

今回は2日間にわたってのレクチャー、そしてVIPランチ会にて
私が強く印象に残ったことを皆様にシェアしたいと思います。

「ニーズをチャンスに変える」

私にとって、この言葉が印象的でした。
シンプルなのだけど、とても核心を突いていると
思います。

ニーズ、つまりお客様が求めていることの把握は、
起業している方はもちろん、
起業を目指す方、営業職の方にとっては
当たり前にいつも見ていることだと思います。

「ニーズ」を正確に把握することはとても重要なのですが、
問題はそのあと。

「ニーズ」をそのままの形で、
お客様にオファーしても、強い反応を得られることは
難しいのですが、

それを「チャンス」に変えてしまうことで、
まるで別物に生まれ変わり、
お客様に伝わる価値を生む、ということです。

公開セッションでの事例でしたが、
北海道のある町に、外国人の旅行者に観光として
訪れて欲しい、という相談者のニーズがありました。

一般的には、
「こんなに素晴らしいところだから、ぜひ来て下さい」
と訴える内容になるのだと思います。

それは、うまくないとロジャーは言います。
なぜならば、これは、リクエストになるからです。

そうではなくて
例えば、日本の何かが体験できるようなツアーにする。

外国に住んでいる方に、

地元の人たちとの関わり、
日本の家族の一員として関わりができますよ。
さらに、ちょっと日本語も学べちゃう。
あなたも、英語を教えちゃう。

こんな素晴らしいチャンスがありますよ。
と訴えかける。

そんなアドバイスでした。

何かを求める「リクエスト」は、ニーズに基づいている。
ニーズは、欠乏に基づいている。
ないものにフォーカスをしている。

それに対して、チャンス(オポチュニティー・機会)の
提供は、豊かさ、充足に基づいている。
あるものにフォーカスしている。

ロジャーはそう言っています。

実は、あなた自身のニーズは、
誰かにとってワクワクするような
チャンスになりえるということです。

私は、なるほど、と思いました。

単なる、顧客目線からのニーズや
強い魅力、価値を提供する、というだけではなく
他者への「チャンス」として価値を創造する。

これは、常に価値を創造しつづけることが仕事の
起業家にとって、鍵となる視点では
ないでしょうか。

私自身、起業家支援、法人研修、
経営者コーチングなどで多くの方とお話しする
機会が多いのですが、

特に「価値の創造ができる人になるための共育」は
企業の現場でとても高まっていると実感しています。

まさに、そこにピッタリの話でした。

皆様も、ぜひ活用されてみてください。

村上燿市(ロード)

 

Photo credit: sunshinel0v35 via Foter.com / CC BY

Pocket

6月 08

ロジャー直伝!お願いを通すコツ

Pocket

ロジャー

あなたはお願いすることが得意ですか?
お願い上手な方もいれば
ちょっと、人にお願いするのが苦手…と
いう方もいるでしょう。

先日来日したロジャー・ハミルトンが
ウェルスダイナミクスFESTA2016で
こんなお話をしてくれました。

お願い上手だと自負していても
お願いは苦手だと感じていても
とっても参考になると思います。

ロジャーは

「要求は必要(困窮)を生み出す
それは『足りない』という考え方

その見方は
自分が得ようとする行動になる

チャンスは提供を生み出す
それはもうすでに充分に
ここにあるのだという考え方

その見方は
自分から与えようとする」

と言いました。

あなたが得たいものを
「お願い」として
人に頼むことは
自分には何かが足りていない
不足しているという
発想に基づくというのです。

足りないから頼むのではないかな?

そう思いますよね。

でも、成功者が人を動かすときは
発想が逆転しています。

彼らは足りないのではなく
チャンスを提供すると
考えるのです。

自分がやろうとしていることに
人手がいる

これを自分と一緒にやることが
その人の得たい
チャンスだと思う人を探そう!

という発想です。

これは、すでにお願いではなく
チャンスの提供になります。

このやり方を
ロジャーは会場の事例を使って
紹介してくれました。

その動画がこちらです。

通訳付きです^^

ロジャーが言っていることは
「形だけオファーにする」
ということではありません。
発想の根本が
そもそも違うのです。

もし、あなたが今求めているものを
チャンスとして捉えてくれる人がいると
思うとワクワクしませんか?

それがその人にとって
とってもやりたいこと
だったり
とっても楽にできること
だったり

以前、ロジャーの動画で
0×0=∞
と、言っていたことがあります。

例えば
youtube動画の方のケースも
そうです。

例えば、日本にいる日本人にとって
日本にいることが何か特別なこととは
思っていないことが多いでしょう。

ですが「日本に行きたい!」と思っている人にとっては
あなたが日本にいるということが
とても特別なことで
ぜひ、力を貸してほしいと
思われることなのです。

例えば、
真逆のプロファイル同士で
組むメリットがそれです。

自分にとっては何でもないこと
自分で得意だとかも気づいてもいない
プロファイルの才能を
使うことは
全く価値がないと
思っている場合もあります。

それは簡単にできてしまう
努力した記憶のない強みだからです。

でも、真逆の人にとっては
とてもしんどくて
大変でぜひ、手放したい
誰かに代わってもらえたらと
思っていることという場合が多いのです。

ウェルスダイナミクスのコミュニティでは
そんなプロファイルを
知っている仲間同志で
様々な活動が生まれています。

それは、
自分のプロファイルの才能を使って
自分らしく
無理なく
誰かの役に立つという
『提供(offer)』の
発想が徐々にできるように
なっていくからです。

今回のロジャーの来日で
改めてその価値を痛感いたしました。

プロファイルテストが
その入り口です^^

ぜひ、ご参加お待ちしています。
→ https://www.profiletest.net/token/user

 

Pocket

6月 03

ウェルスダイナミクスFESTAの内容を無料で公開します!

Pocket

無料公開

先月末の5月28日、29日にウェルスダイナミクスFESTA2016
を開催し無事終了することができました。

ご参加いただけた皆様、
本当にありがとうございます。

さて、FESTAに参加したかったけど、
日程の都合がつかなかったり遠方だったりして、
どうしても行けなかった!

そんな方のために、
ウェルスダイナミクスFESTA2016の内容の一部を、
無料で公開します!

しかも、ウェルスダイナミクス創始者、
ロジャー・ハミルトンみずからが撮影をした動画です。

今すぐ、こちらからご覧ください。

コメントにもたくさんの参加者の方が書き込んでいて、
FESTAの様子が伝わってくるのではと思います。

ロジャーの講演は毎年興味深い内容ですが、
今年は2日間のセミナーということで、
例年以上にロジャーの魅力が伝わったのではないでしょうか。

特に、上記の動画の例にあるような、
Q&Aセッションが何度も行われました。

そのときのロジャーの質問力と回答力が、
とても素晴らしいものなのです。

質問を受けてそれに応えるだけでなく、
ロジャーの方からも質問者の方に質問をして、
本当にその人が望むことを聞き出し、
本質を突いたロジャーのアイデアを提案します。

今年のFESTAでロジャーから学んだことは、
本当に多岐にわたります。

ですのでウェルスダイナミクス通信のメルマガや
FacebookページにてFESTAの内容のシェアを
さまざまな角度から行っていきたいと思います。

FESTAにいらした方にとっては、
良い復習になると思います。

これなかった方にとっても
大きな学びになることでしょう。

どうぞ、楽しみにしていてくださいね。

 

Pocket

4月 13

オポチュニティノックスをご存知ですか?

Pocket

knock_man

あなたはオポチュニティノックス
ご存知ですか?

ご存知ないかもしれませんね。

知っているとしたら、
きっとウェルスダイナミクスのイベントに、
過去に参加されたことがあるのでしょうね。

ありがとうございます。

オポチュニティノックスを翻訳すると、

オポチュニティ=機会、チャンス
ノックス=knocks=ノックする

という意味です。

簡単に言うと、自己PRや宣伝を、
イベントの中でしてもいいですよ
というものです。

今回のFESTAのイベントでは、
大きな掲示スペースを用意する予定です。

そのスペースにあなたのビジネスのPR、
あるいは、あなたご自身のPRを
することができます。

・こんなお店をやってます。来てください。

・コーチの仕事をしてます。お試しコーチングを募集しています。

・私はロードですが、クリエイターのビジネスパートナー募集中です。

・こんなブログを書いてます。読んでください。

・Facebookで友達になってください。

などなど、なんでもいいです。

ウェルスダイナミクスFESTA2016には、
およそ500名の参加者が参加する予定です。

貴重なお金と時間を投資して、
2日間のFESTAに来てくださる方々です。

そんな方々に、
あなたのことをPRをできるんです。

この価値をお分かりいただけるでしょうか?

『でも、そこに宣伝を書いたって、
誰も見てくれないでしょう?』

と、あなたは思うかもしれません。

それは、もっともなことです。

そのために、2つの提案をしたいと思います。

1つ目は、PRの方法についてです。

たしかに、単なる宣伝であれば、
誰も見向きもしないかもしれません。

でも、この機会は絶対に活用しないと損だな。

と思えるような提案であれば、
きっと、見向いてくださる方は
いるのではないでしょうか。

オポチュニティノックスでの発信は、
宣伝ではなく、
見てくれる人に機会を提供することです。

そういう意識で、活用をしてください。

そして、もう1つ。

今週4月15日(金)までにお申し込みいただいた方には、
オポチュニティノックスを書くことができる、
フォームを事前にお送りします。

そのフォームに記載いただいたオポチュニティの中から、

『これは、多くの方の役に立つ機会だな。』

と思える提案については、
FESTA終了後に参加者の方に、
一斉メールで紹介をさせていただきます。

これでしたら、
かなり多くの方に確実に、
見てもらえますよね。

FESTAに参加して学ぶだけでなく、
この場をPRの場として使うことで、
すぐに元がとれてしまうのです。

ぜひ、そういう視点でも、
FESTAをご活用くださいね。
⇒ ウェルスダイナミクスFESTA2016の詳細・申し込みはこちら
*【満員御礼】終了しました

 

 

Pocket

3月 02

5年後のプロフィールを書けますか?

Pocket

ID-10062111

ウェルスダイナミクスFESTA2015の中で、
ウェルスダイナミクス&スペクトル考案者である、
ロジャー・ハミルトンがあるワークを行いました。

それは、

『5年後の自分として自己紹介をしてみましょう。』

というものでした。

これはどんな意図があってやったことでしょうか?

もし、理想的な人生を歩むことができれば、
5年後の自分は今よりも成長し、また成功しているはずです。

であれば、そのときの自分が自己紹介するとしたら、
どんなことが考えられるかを考えてみるワークです。

今の自分と理想の自分のギャップを感じ、
また理想の自分のイメージをより明確にすることができます。

いかにも未来志向なロジャーらしいワークだなと思いました。

ウェルススペクトルでイエローレベル(個人事業主)になるには、

【独自性を明確にする】

というステップがあります。

つまり、自分が何の専門家であり、
どういう仕事をすることができるかを明確にし、
それが他者からもよく分かる状態になっていることを意味します。

5年後のスペクトルがイエローレベル以上であるなら、
自己紹介の中で自分の独自性を表現できている必要があります。

そのための練習として、
きっとロジャーは5年後の自己紹介のワークを考えたのでしょう。

独自性が明確になれば、
お客さんを追いかけ回したり、
仕事を探しまわったりする必要がありません。

人と会うだけで仕事になる。

お客さんやビジネスパートナーが自然と引き寄せられる。

そんな状態を実現することができます。

ウェルスダイナミクスではそういう状態を、

【ガーデン(庭)を築く】

と表現したりもしましたよね。

素晴らしいガーデンが出来ている状態は、
自分自身の独自性が明確になっている状態ともいえます。

でも、今の時点ではそんなガーデンができていない・・・
独自性が明確になっていない。

もしそうだとしても大丈夫です。

今の状態と理想の状態は違う人がほとんどだと思います。

5年後の理想を設定したら、
そこに向かって1歩1歩、できることをしていけば良いのです。

現時点で想像できる、
あなたの5年後の最高のプロフィールを考えてみませんか?

年齢は確実にわかりますね。

では、住んでいる場所はどこでしょうか?

どんな家に住んでいるでしょうか?

誰と一緒に住んでいるでしょうか?

仕事はどんな仕事をしているでしょうか?

一緒に働いているのは誰でしょうか?

お客さんにはどんな人がいますか?

世の中にはどんな影響を与えているでしょうか?

どういう気持ちで仕事をしているでしょうか?

そのときに課題に感じていることはなんでしょうか?

稼いでいる額はどのくらいでしょうか?

そのために、必要な仕事量や働く時間は?

などを考えた上で、

5年後に自分のプロフィールを書くときには、

どんなことを書くでしょうか?

簡単には答えることができないかもしれませんが、

これに答えはありません。

自分がそうなりたいと思える答えが正解です。

強いて言うのであれば、

今の時点で実際に近いことをやっている

モデルになる人が存在する答えの方が想像しやすいかもしれません。

好きな本の著者のプロフィール欄などを見てみると、
将来の理想のプロフィールを作るヒントになるかもしれません。

自分がどういう状態になりたいのか?

それが明確にならないことには、
なりたい自分になる努力すらすることができません。

努力が有効なのは、
なりたい状態が明確に分かっている人だけです。

まずは、5年後の自分の理想のプロフィールを
考えてみてください。

自分が、今から5年間で何を成し遂げてきたか?

他人からどう見られていたいか?

そのプロフィールを目指して、
日々、やるべきことを決めてみましょう。

ロジャー・ハミルトンが講師となる、

「ウェルスダイナミクスFESTA」

今年のFESTAは2日間あります。

昨年以上に、楽しいワーク、学びになるワークも、
出てくるかもしれません。

そんなウェルスダイナミクスFESTAに、
あなたも参加してみませんか?

今なら早期割引で申し込むことができます。

→ 詳細・お申し込みはこちら
【満員御礼】終了しました

Pocket