7月 01

新たなスターのトレーナーが誕生!

Pocket

竹内トレーナー
(社)日本適性力学協会認定
WDトレーナーになりました
竹内康之さんをご紹介いたします。

竹内トレーナーはスタープロファイルで、
2016年6月現在、
東海地区で唯一のトレーナーでもあります。

WDトレーナーは、
協会の発行する認定資格である
ウェルスダイナミクスプラクティショナー

の養成講座を開催することができます。

また、竹内トレーナーは
株式会社SPIRITハート接骨院・ハートフルマッサージの
代表取締役として事業を展開されています。

今後はご自身の接骨院の事業を続けながらも、
ウェルスダイナミクスの講座もトレーナーとして、
提供をされていくそうです。

それでは、竹内トレーナーより、
皆様へのご挨拶を頂いておりますので、
紹介させていただきます。

==============
竹内トレーナーのご挨拶
==============

初めまして。
竹内 康之と申します。

私がウェルスダイナミクスに出会ったのは6年前です。

12年間の修行を終え2002年独立し愛知県知立市と言う町で
ハート接骨院を開業しました。
治療師は私1人。2人受付でスタートしました。

立地条件も良く好スタート3カ月後には
1日70人が治療にみえる繁盛院になり
早くも治療師を1人雇いました。表向きには大成功しかし…

人を雇った瞬間に人の問題山積みです。
初めて雇った治療師は2年で退職しました。

私の考えと彼の考え、お互い全く分かりませんでした。

その後も患者さんは多くどうしても人が要ります。
1人2人と雇いますが一生懸命教育し育った頃には退職…8年続きました。

もうこの繰り返しはしたく無いと考えている時に
専門学校時代の同級生と再会しました。

彼は私より若いのに6人の治療師を雇い
仲良くセミナーに参加していました。
私は信じられずに直ぐに彼の院に見学に行きました。

見学に行くと更に受付スタッフも多く、
高校の野球部の様な感じに賑やかで活気のある繁盛院でした。
とても輝いて見えました。

そして同級生の彼に質問しました。

チーム運営にウェルスダイナミクスを
取り入れていることを知りました。

直ぐにプロファイルテストをその時いた
5人のスタッフと私で受けました。

私はスタープロファイル、No.2がアキュムレーターでした。

色々なアドバイスを受け実践、
それでも足りないと思いプラクティショナー養成講座、
そしてシニアプラクティショナー、スペクトル、法人研修と
協会が開催しているセミナーを受け続けては実践しました。

そして2013年にはウェルスダイナミクス創始者
ロジャー本人がアドバイザーとなる
年間コンサルティングプログラム、
クリスタルサークルにも参加しアドバイスを受けました。

上手く行って無い時に何が起こっていたのか?

プロファイルでのコミュニケーションの問題・立場や
環境の問題…手に取るように謎が解けて行きました。

スタープロファイルでスペクトルは
イエローのプレーイングマネージャーがどうしたら最速で
グリーンレベルで現場から離れ
経営に集中出来るかを教えて頂きました。

今では法人化し
株式会社SPIRITハート接骨院・ハートフルマッサージの代表取締役で
14名のスタッフと楽しく事業を展開しております。

経営者のマインド・人の問題や経営戦略などとても役立ちました。

そしてこの業界だけでなく
私の参加する異業種勉強会でも
殆んどの方が同じ悩みを持たれていました。

いよいよシニアトレーナーを取得し
志を同じくする経営者や
情熱・才能に埋もれてしまっている方々の
お役に立てればと思っています。

その人がどんな想いと才能を持って
どう仕事と結びつけて行くのか?チームを組織化する為には?
などセンスなども有りますが
それらを学ぶには長い年月が必要です。

しかしウェルスダイナミクスはその時間を最短にしてくれます。

この東海地区唯一のシニアトレーナーですので、
東海地区でも沢山の講座が受けられるよう頑張りますので、
どうぞよろしくお願い致します。

竹内 康之

▼竹内康之トレーナーのプロフィールはこちら▼

次回、行われる竹内トレーナーの講座は、
下記になります。

→ ご都合のつく方はぜひ参加してみてください。

Pocket

1月 04

紅白歌合戦とウェルスダイナミクス

Pocket

今井美樹

あなたは大みそかの夜
紅白歌合戦を
ご覧になりましたか?

最近の紅白歌合戦は
その年ヒット曲を
出した歌手だけではなく
昔の懐かしい曲を
聞くことができて
楽しいなと感じています。

その中でも

「これって
 ウェルスダイナミクス!!」

と、感じたのが

今井美樹さんの
PIECE OF MY WISH
という曲です。

歌詞をご存じない方は
こちらから

その歌詞の中でも
特に

*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴

どうしてもっと自分に
素直に生きれないの
そんな思い 
問いかけながら
あきらめないで 
すべてが崩れそうになっても
信じていてあなたのことを

*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴*∴

この歌詞の部分を
年始にこの記事を
読んでくださっている
あなたに贈りたいと思います。

私がウェルスダイナミクスに
出会ったとき
心が折れて
希望を見失っていました。

前進するには
自分を信頼する気持ちを
取り戻さなければ
いけませんでした。

けれど、
それができずに
苦しく感じていました。

そんなときに
まさに私に
『希望のかけら』を
見せてくれたのが
ウェルスダイナミクスでした。

スタープロファイルと
知ったことで

今まで上手く
いかなかったのは

プロファイルに
逆らったことを
してきたからだった…

その考えが
再び自分を信じる
きっかけをくれました。

自分の欲求は
本来のプロファイルから
きていることで
けして、いけないこと
ではないのだと
思うことで

『自分に素直に』
生きられるようになりました。

今年2016年
ウェルスダイナミクスが
あなたに希望を示す
お役に立てることを
心から願っております。

プロファイルを知って
希望のかけらを手に入れませんか?

⇒ テストのお申込みはこちらから

プロファイルテストは
お知り合いの認定プラクティショナーからも
購入していただくことができます。

(社)日本適性力学協会 認定シニアトレーナー
瀬賀啓衣(せがひろえ)

Pocket

10月 16

スターの強みを活かすには?

Pocket

スターの強みを活かすには?

ウェルスダイナミクスの中で、
もっとも目立つプロファイルと言えるのは?

そう言われると、
やはりスターと答える人が多いでしょう。

たしかに、スタープロファイルの方は、
存在感があって本人が意図せずとも
自然と目立ってしまう方も多いです。

それがスターの強みでもあります。

自分のキャラクターを活かすことが、
スタープロファイルが成功する秘訣と言えるでしょう。

ですがスターの中にも、
単なる目立つ人で終わってしまう人と、
スターとして輝き成功できる人。

どちらもいらっしゃいます。

その違いはどこにあるのでしょうか?

1つは、自分がどの分野で貢献できるのか?
あるいはしたいのか?

それを明確にして、
その分野の人として活動をはじめているかどうかです。

このメルマガのもう1人の筆者である瀬賀さんは、

「ウェルスダイナミクスを伝える人」

としてスターとなることを決意し、
活動をした結果、
多くの方にウェルスダイナミクスの専門家として認められ、
活躍できるようになりました。

あなたがスターとして、
まだ十分な結果を出せていないのであれば、

「自分は何をする人なのか?」

を明確に決める必要があります。

そして、自分で専門分野を決めたら、
それがほかの人にも伝わるようにしないといけません。

「●●さんと言ったら××をする人だよね。」

と自称するだけではなく、
ほかの人からも言われるようになったら、
スターとして活躍する土台ができたことになるでしょう。

これはスターに限らず、
自分の名前で仕事をする方にとっては、
必要となってくる考え方かもしれません。

実はこの戦略が1番必要なのが、
まさにスタープロファイルなのです。

もう1つ重要なのが、
スターが繋がるべき人。

スターが真っ先に繋がるべきなのが、
ディールメーカーの人です。

スターの人は、
自分を「接触しづらい」状態にして、
自分の価値を高めることが多いです。

一方でディールメーカーの人は、
自分を「接触しやすい」状態にすることで、
自分の価値を高めることが多いです。

ブレイズが強い外向的という共通点をもつ
2つのプロファイルではあるのですが、
とるべき戦略としては大きな違いがあります。

ですので、スターは専門分野を決めたら、
その分野の人脈に明るいディールメーカーとつながって、
サポートを得るようにするのが良いです。

ディールメーカーも優秀なスターの方を探し、
そのスターを活かすコネクションを築くことで、
自分自身の仕事にもつながることでしょう。

さらに、スターは自分自身が
オリジナルの商品を作る必要もありません。

自分のキャラクターを使って、
すでにある商品やサービスや人物を、
魅力的にプロデュースしたり、
プレゼンテーションをできれば十分なのです。

ですので自分の選んだ専門分野の業界で、
良い製品を持った人や会社。

あるいは集客力のある人や会社と組み、
そこで自分のキャラクターを活かして、
表に立つ役割を担うことで、
スターのプロファイルを活かしたビジネスができます。

・自分はどの分野のスターとなるのか?

・その分野で力を発揮できるディールメーカーと繋がっているか?

・自分の選んだ分野において優れた商品を持っている人や会社はどこか?

・自分の選んだ分野におてい優れた集客力を持っている人や会社はどこか?

こういったことを考えて、
自分のスターとしてのキャラクターを活かして、
表に立って活動できるよう意識してみましょう。

 

Photo credit: Hub☺ via Foter.com / CC BY-SA

Pocket

9月 28

子育てとウェルスダイナミクス

Pocket

子育てとウェルスダイナミクス

9月は娘の誕生月でした。
気づけばわが子も17歳。

成長すればするほど
トレーダーだなと感じます。

=============================
子育てとウェルスダイナミクス
=============================

うちの娘の話をすると
子供向けのプロファイルテストは
ないのでしょうか?
と言うご質問や

子ども向けのテストを作ってください。
と言うご要望を多く頂きます。

プロファイルテストに関しては、
慎重にと感じています。

なぜならば、使い方によっては
子どもの可能性を制限する方向に
利用してしまうことがあるからです。

子供のころは様々な体験をして
ほしいなと思っております。

一方で、
ウェルスダイナミクスは子育てに
有効なツールであるとも思います。

ぜひ親御さんにウェルスダイナミクスの
知識をつけていただくことで活用
していただきたいと思っています。

メリットはいくつもありますが、
そのうちの一つが、

『自分の特性に偏った
ジャッジをしなくなる』
というところです。

お子さんの性質や発言、
行動、考えなどが、
ご自身と違っていても

どちらが正しい
どちらが間違っている

という2択から解放されるということです。

どっちも正しい

と言う可能性を受け入れやすくなります。

「人はそれぞれ違う」ことを
漠然とは知っているものの
論理的に体系的に理解し、
確信している状態とは
明らかに差があります。

ウェルスダイナミクスは
その確信を与えてくれます。

我が家は私がスター
娘がトレーダー

持っている強みや弱みが
大きく異なるプロファイルです。

彼女が小さいころは、
ウェルスダイナミクスを
知らなかったので、
私は引っ込み思案な娘を心配し

「いい?人は目立ってなんぼだよ!」

「もっと、自分から前に出よう」

などなど、
言っていました。

この発言自体、
私の価値観を良しとし、
娘のありのままを否定して
いたのではと、今は感じます。

ウェルスダイナミクスを知ってからは、
『みんなと同じで居たい』という
娘の【調和】という価値観を
重んじられるようになったことや
周りに合わせることができるのが強みだと
確信できたことで
黙ってみていられるようになりました。

ウェルスダイナミクスを学ぶことで、
マイナスポイントと思われる性質を
見つけたときにも、
強みを見つけるヒントだと理解する
ことができるようになります。

これは、子供を見る時だけとも限りません。

ウェルスダイナミクスを
学ぶチャンスは広がっています。

書籍や教材、全国のプラクティショナーの
セミナーや個人セッションをぜひご活用ください。

おススメは、
ご自身プロファイルテストと
解説セッションを受けること。

その時に、子育てに活用したいと
プラクティショナーにご相談ください。
瀬賀啓衣(スター)

 

Pocket

6月 12

自分のやりたいビジネスで成功するには?

Pocket

0601_0117

6月1日、7年目を迎えた
「ウェルスダイナミクスFESTA2015」が終了しました。

フェスタにご参加いただいた皆さま、
応援してくださった皆さまに心から感謝いたします。

今年のフェスタにおいて、
昨年同様おおいに盛り上がったのが
「質問コーナー」でした。

実際に「ウェルスダイナミクス」を
考案したロジャー自身に質問ができたのです。

多くの参加者の方の質問に、
ロジャーが答えたのですが・・・

その中の一人の質問と
ロジャーの回答をご紹介しますね。

質問者
「私のプロファイルはスターです。
サロンのビジネスをやりたいと思います。

自分のやりたいビジネスで成功するには、
どのようなことをすればよいでしょうか?」

ロジャー
「スペクトルは?」

質問者「オレンジ(労働者)です!」

ロジャー
「オレンジのスターだね。
まず、君はスターのプロファイルだよね?

スターにとって、「どうやって?」
という質問をするのは、
良い質問ではないんだ。

スターにとって大切なのは、
「何?」「誰?」という質問。

「何?」は決まっているので、
次は「誰?」を考えるべきなんだ。

君のやりたいビジネスで、
既に成功している人はいるかい?」

質問者「います。」

ロジャー「この段階で、やってはいけないことは、
いま働いている会社を辞めてしまうことなんだ。

そうすると、収入がゼロになって、
ウェルス灯台の1番下の赤外線レベルまで、
落ちてしまう。それは健全な状態ではないよね。

まずは、自分のやりたい分野で、
成功している人や会社を探すのが最初のステップ。

そして、君はスターだね。」

質問者「はい」

ロジャー「ということは、人に会うのは苦ではない。
知り合いもたくさんいるはずだ。

だから、既に成功している人で、
あなたがやりたいビジネスをやっている人。

この場合はサロンのオーナーなどかな。

その人にこういうんだ。

『私は人を集めるので、
あなたのサロンでイベントをやりませんか?』

という提案をする。

イベントといっても、
パーティーみたいなものでもいい。

そうして、
得られた収益の一部を、
あなたがもらうことができるし、
イベントを通して既に成功した人が、
どのように考えて何をしているのか?

近いところで見て学ぶことができるんだ。

1から何かを始めるのではなく、
フローのあるところを見つけて、
そのフローを自分のところに持ってくることを、
考えてみよう。

それが、スターとして、
サロンのビジネスをスタートさせる、
良いステップになるよ。」

このようなやりとりがありました。

今回の質問とロジャーの回答は、

・ウェルスダイナミクス

・ウェルススペクトル

を両方活用したアドバイスとして、
とても理想的な使い方だなと思ったので、
ご紹介しました。

これはスターの方に対する回答でしたが、
プロファイルが違っても応用はできます。

クリエイター(ダイナモ)であれば、
斬新なアイデアや戦略を活かしたセールスなどで。

トレーダーであれば、
現場での活動や事務が必要な場面で。

ロードであれば、
専門的な知識や裏方の仕組み作りの場面で。

それぞれ、既にフローのあるところ。
大きな売上が既に立っている人や組織の中に入っていき、
自分の得意な分野の力で貢献をし、
よりいっそうフローを大きくすることで、
自分の収入も増やすことができます。

あなたは、どんなことをこれからやってみたいですか?

それをすでに達成できている人って、
どんな人でしょうか?

その人に対して、
あなたの強みを活かして貢献できることには、
どんなことがあるでしょうか?

ぜひ、あなたの場合はどうなるのかを、
考えてみてくださいね。

考えるヒントとしては、
ロジャー・ハミルトンの著書、

『才能は開ける』を参考にするのが良いです。

もちろん、お持ちですよね?

フェスタに参加された方は、
改めて読んでみると、

「これは、こういうことだったのか!」

と新たな発見があって面白いと思います。

ウェルスダイナミクス、ウェルススペクトル、
2つの柱を活用することが、
より良い人生を皆さんが送るための、
サポートになりましたら幸いです。

 

Pocket