1月 06

箱根駅伝にみる【フロー】と【スペクトル】

Pocket

箱根駅伝とフローとスペクトル
「わくわく大作戦」2015年
「ハッピー大作戦」2016年
「サンキュー大作戦」2017年

青山学院大学が箱根駅伝出場にあたり
掲げた作戦名です ^^
・・・何十キロも走る、キツイ!駅伝では
気の引き締まっていない作戦名のようにも
思えますが・・・

そもそも、2015年に「わくわく大作戦」
と原監督が名付けたのには
こんないきさつがあったそうです・・・

「実は12月の10日に公式発表の場で
作戦名出したんですけれども、
チームの状態は非常に良かったんですね。
一方で、選手がガチガチに緊張している姿、
『優勝するぞ!優勝するぞ!』というような
雰囲気がありましたので、
それをちょっと、リラックスさせようと
いう思いがありまして。」

(2015年1月4日 真相報道バンキシャ!より)

そう・・・最大限やそれ以上の力を
発揮するには、
いい精神状態、いい雰囲気であることが
必須条件だと
原監督は知っていたのですね ^^

普段の生活からウェルスダイナミクスを
どう活用すればいいか?と考えて
生活していると、

「これもウェルスダイナミクスと
共通しているなあ」なんてことを
思う瞬間がよくあります。

青学の長距離メンバーに流れている
雰囲気は、間違いなく
【フロー】でしょう。

山道をただひたすら走る!!
という、普段走ることとは
縁のない人からすると
苦しい以外の何物でもないような
ことにも思えてしまいますが、
選手たちは本当に楽しそうに走り、

実際に優勝後のインタビューでも
「楽しい」という言葉が
たくさん出てきていました!

さて、あなたはどうでしょう・・・?
自分の目の前のことに楽しく取り組み、
かつ、
結果も出せている状態でしょうか?

チームを率いる原監督、
実はもともと、
中国電力の伝説の営業マン。

チームの雰囲気づくり以外にも、
目標を設定し、そして達成していく習慣を
選手たちに伝えたり、

選手たちから意欲的に動くように、
辛抱強く待って
考えて動ける選手たちに育てたり。

営業と同じように箱根で結果を出すにも、
楽しく没頭してしまう
【フロー】になることの大切さを
きっと知っていたに違いありません。

しかしながら原監督のやり方は
一部の方からの批判もあるようです・・・

もっと厳しい雰囲気の中でやらないと、
とか、
駅伝を仲良し同志でやるのはいかがなものか
とか、
緩い空気はダメだとか・・・

ウェルスダイナミクスの目的のひとつは、
「仕事=楽しい!」を実現して、
フローに乗ること。

ですがまだまだこの考え方よりも、
「仕事=厳しいもの」
「苦しいことを我慢してやるからこそ
お給料がもらえる。お金=我慢料」
の認識の方が強いケースも
多いように感じるのです・・・

勘違いしてはいけないのは、
「仕事=楽しい!」の実現は
ただ楽をする、というのではないんです。

青学の選手たちは後ろのチームを
大きく引き離しても、
全力で走ります・・・それはなぜか?

その理由のひとつが、
3年生以下の学年だと、
今ここで実力を見せてアピールせねば、
来年も走れるか分からないから。

相当に層が厚いチームになっているので
うっかりしていると自分の座は
すぐに他の誰かに奪われても
不思議はない状況。

とっても仲良しでありながら、
実はチームメイトはお互いライバルで、

高めあっている「同志」であり、
紙一重の差で自分を脅かしている存在。

ここにはチームの一員(スペクトルレベル:オレンジ)
としてだけではなく、既に一個の競技選手
(スペクトルレベル:イエロー)としてのマインドが
あります。

監督の指示に従っていたら
いいだけの世界よりも
はるかに厳しい世界です。

自分個人がどうすればいいか考えて
動かなければ
他の選手に抜かれてしまうのなんて
きっとあっという間。
・・・でも、その世界を知っている。

あなたはいかがですか?

誰かの指示待ちで、
嫌々ながらも動いていく生活を
選ぶのか、

それとも
厳しさと隣り合わせでありつつも、
自分自身が心から楽しんで、没頭して、
結果に繋げていく生活を選ぶのか?

原監督はもともとビジネスの世界で
成功したやり方を
スポーツの世界に取り入れて、
10年の時間をかけて
これ以上ないほどの
結果を出すチームへと変えてきました。

このやり方・・・

今度はまた、スポーツの世界から、
多くの人がビジネスの世界に
取り入れて、
結果を出して、
それを見た人も新しいやり方を
取り入れて、
切磋琢磨し合える存在が増えていくでしょう。

こんな形で、日本の経済も
活性化して、もっと明るくなるのでは
ないのかと思うのです。

そして・・・

自分らしさを存分に発揮して、
【フロー】に乗って結果をだすための
【ウェルスダイナミクス】が
皆様のお役に立てたとしたら
とても嬉しく思います! ^^

あなたは自分の「強み」「才能」に気づいていますか?
もし、まだ気づけていないのであれば
今すぐあなたの才能を発見しましょう!

→ 無料簡易テストを受験する

Pocket

7月 30

フローに乗れない人が見落とすポイント

Pocket

パソコン

「副業でネットビジネスをしていますが
フローに乗れるネットビジネスは
例えばどんなものがあるのでしょうか?
(ちなみにサイトアフィリを主にしております)」
 
という質問がありました。
 
 
まず念頭においていただきたいのは、
ネットビジネスもビジネスだということです。
 
つまり、考え方は、
一般のビジネスと同じになります。
  
フローに乗れるネットビジネスは確かにあります。
 
ですが、
 
「これがフローに乗れるネットビジネスです!」
 
と、第三者が、
特定の手法を決めることはできません。
 
 
なぜなら、フローに乗れるかどうかは、
取り組んでいる人によって違うからです。
 
 
フローとは、
うまくいっている状態のことを、
いいます。
 
 
フローに乗っている状態では、
集中力が抜群で、やらされているのではなく、
自分から積極的に取り組んでいて、
そして、結果も思った以上にでます。
 
「原因と結果の法則を超える」
という状況を手に入れることができると
よく言われます。
 
 
フローに乗るためには、
フローに乗るための土台を作っておく必要があります。
 
 
情熱と才能に基づいて、
知識と人脈を築いていくこと。
 
これが、フローに乗るための土台です。
 
ウェルスダイナミクスのプロファイルは
この才能の部分を明確にする大きな手がかりです。
 
しかし情熱は、
プロファイルとは必ずしも関係がありません。
 
だから、このプロファイルだからこのビジネスが向いている、
と一概に決めることはできません。
 
同じプロファイルでも情熱は人それぞれ異なるからです。
 
 
フローに乗ろうと思ったら、
まず、そのビジネスが好きかどうか?
興味が持てるかどうか?取り組んでいて苦にならないか?
継続することができるか?
 
そこから、考える必要があります。
 
お金が稼げるからといって
好きではないものに取り組んでも、
フローに乗ることは難しくなります。
 
多くの方が、
「稼げそう!」と思って
そのビジネスを選択し、
結果が出るまでやり続けられずに挫折します。
 
好きでもない分野に無理矢理取り組んでも、
お金は稼げるかもしれませんが、
大変な道のりになる可能性が高いです。
  
取り組んでいて苦痛なことを、
いくら稼げるからといってやり続けるのは
つらいし不幸ですよね。
 
 
インターネットを使った
自分の商品がなくても収入を得るビジネスの手法に
サイトアフィリエイトがあります。
 
アフィリエイトというのは、
「成功報酬型広告」とも言われ、
例えばあなたがある企業の商品を販売したとしたら、
その企業からあなたに報酬(成功報酬)が
支払われるというものです。
 
アフィリエイトの中でも、
サイトアフィリエイトとは、
その広告をするためのWebサイトを
作り、そこにアクセスを集めて
利益を得る方法のことです。
 
 
自宅にいながら収入が得られるビジネスモデルのため
多くの人がチャレンジするものの、
成果を上げている人はごくわずかです。
 
それは、
自分がそのビジネス自体に
情熱が持てるのかどうかも確認せずに
挑戦するのが大きな要因となります。
 
 
サイトアフィリエイトに情熱を持てるとしたら、
次は、自分の才能を生かす方法を考えることです。
そうするとフローに乗ることができるでしょう。
 
 
例えば、次のプロファイルでは
こんな立ち位置が考えられるのではないでしょうか。
 
・クリエイターの人は斬新なキーワードで、
ほかの人には作れないコンセプトのサイトを作る。
 
・サポーターの人だったら頼れるメンターのアドバイスの元に、
仲間と情報交換をしながらサイトを作っていく。
 
・アキュムレーターの人は自分が良いと思ったノウハウに従い、
コツコツ日々サイトを作っていく。
 
このように、情熱が決まったとき、
初めてプロファイルとしての立ち位置が決まります。
 
 
自分のプロファイルが分からない方は、
こちらからプロファイルテストを受験して、
プロファイルを明確にしましょう。
 
どういうビジネスだったら情熱を持てるのか?
 
自分が気持よくビジネスをしていけるか?
 
そういったことを考えながら、
取り組むビジネスを選んでいくのが、
フローに乗るコツです。
 
サイトアフィリエイトでフローに乗ろうと思ったら、
 
・自分の興味の持てるテーマでサイトを作る
 
・尊敬できるメンターからアフィリエイトの手法を習う
 
といったことで情熱が持てるなら、
そうすれば良いと思います。
 
もし、サイトアフィリエイトそのものに、
興味が持てない場合は、
別のビジネスを探したほうが良いかもしれません。
 
 
それは、自分の心に聞いてみてください。
 
心に響くことをやりましょう。

Pocket

6月 27

強みを殺すアドバイス

Pocket

photo (1)

突然ですが、、
モスバーガーのハンバーガー、
食べたことありますか?

モスバーガーは
作り置きをせずに、
注文を受けてから作り始めます。

出てくるハンバーガーは、
手作りな感じの小ぶりなハンバーガー。

お値段は少々高めです。

それを見た、ある人が

「ちょっと値段が高いよね、
もっと安くした方が売れるよ」

といいました。

別の人は、

「厚みがありすぎて、
食べにくいから
もっとボリュームを抑えて、
うすくした方が売れるのでは?」

といいました。

さらに別の人は、

「待たされるのが嫌なんだよね。
ある程度の数を予想して、
作っておいた方がたくさん売れるよ」

といいました。

・・・となると、「モスバーガー」の価値である

手作り感があり、
ちょっと厚みがあり、
出来立てが食べられる

というものがなくなりますよね?

これらの価値を提供しているのは、
マクドナルドのハンバーガー
と、思いませんか?

 

笑い話ではなく、
日常の中で、よく起こっていることです。

 

スターの私に
よくいただいた評価やアドバイス。

「自分で判断して行動しすぎる」

小学校5、6年生の時に
毎学期通知表に常に書かれていた言葉です。

もっと周りの状況を見ながら、
適切な反応をしなさい。

みんなと同じように、普通にしなさい。

などなど…

 

でも、これらを全部実行したら、
スタープロファイルの価値はなくなってしまいます。

私自身どうがんばったら、
そうなれるのかと
長年悩んできました。

プロファイルがわかってからは、
そんな迷いから解放されました。

あなたの周りでも
こんなやり取りが起こっていませんか?

ウェルスダイナミクスは、
自分の人生により大きなフロー(流れ)
を起こすために、
自分のプロファイルを知ることの重要性を
お伝えしています。

自分のプロファイルに合ったアドバイス以外は、
ラジオのチューニングが合っていないようなものです。

自分の周波数にしっかり合わせて、
迷わずにあなた自身のフローを
見つけてください。

自分のフローを見つけたいと思われたら、

▼こちらをどうぞ▼

オススメはスカイプ診断セッション付きの、
プロファイルテストを受験することです。

フローに乗るための最適なアドバイスを、
ウェルスダイナミクスの認定講師から受けることができます。

瀬賀啓衣(スター)

 

Pocket

8月 03

フローに乗るために必要な8つの要素とは?

Pocket

images (6)

ウェルスダイナミクスは、
フローを扱う理論です。

Flow、すなわち流れです。

物事に取り組むときに、
高いパフォーマンスを出せる状態を、
フローに乗っている状態と言えます。

とどこおりなく、
物事が流れている状態を意味します。

ウェルスダイナミクスを実践することで、
フローに乗った状態に近づくことができるのです。

では、なぜウェルスダイナミクスを実践すると、
フローに乗ることができるのでしょうか?

その理由は、フローの概念を提唱した、
チクセントミハイ博士の言葉を借りることで、
理解することができます。

チクセントミハイ博士によると、
フローに入る要素として次のようなものがあります。

1、難しいことにチャレンジしていること

2、達成可能であると信じていることに取り組んでいること

3、自発的に物事に取り組んでいること

4、自分が何をしたいのか分かっていること、目標が明確なこと

5、ただちにフィードバックを得られること

6、どうやって行動すればいいか分かっていること

7、自分の能力を発揮して物事に取り組んでいること

8、今していることに完全に集中できること

ウェルスダイナミクスのプロファイルの数である、
8個と同じになりましたが、これは偶然です。

この中で、ウェルスダイナミクスのが特に有効なのは、

7、自分の能力を発揮して物事に取り組んでいること

8、今していることに完全に集中できること

この2点は自分のプロファイルを明確にして、
そのプロファイルの特性を活かして活動することで、
達成できます。

また、それ以外のフローに入る条件についても、
ウェルスダイナミクスが伝えている要素で
達成することができます。

6、どうやって行動すればいいか分かっていること

これは、最初はわからないかもしれません。

ですので、「どうやって」は、
後回しにしても大丈夫です。

今すぐにフローに乗れなくても、
それは、あなたが悪いわけではありません。

チクセントミハイ博士は、
TEDでの講演にてこんな言葉も残しています。

『10年間、特定分野の技術的知識に深く関わることがなければ、
 何か創造的になるということはありません。』

10年間という数字は多少の個人差はある気がしますが、
一定の経験を積まない限り、
フローに乗ることが難しいということです。

つまり、フローに乗るためには、
自分が選んだ分野で経験を積んで、
基礎を築く必要があるということです。

そうすれば、「どうやって」はおのずから見えてきます。

フローに乗れなくて悩んでいたり、
成果が出ないと落ち込む必要はなく、
単に知識や経験が足りないだけであり、
必要なことを1つ1つやっていけば良いのです。

私自身、インターネットビジネスにしても、
ウェルスダイナミクスにしても、
やろうと思ってから実際にそこからお金が発生するまでは、
1〜2年の成果の出ない時期がありました。

その間は、本やセミナーで学んだり、
結果を出した人に会いにいったりしながら、
学んだことを1つ1つ実践していました。

難しいことに取り組むことも、
フローに乗るための条件の1つです。

だから、多少時間がかかるのも無理はないのです。

それでも、それが達成可能だと信じ、
自発的に楽しんでそのことに取り組むことです。

私も成果が出ない時期が、
楽しくないとは思いませんでした。

成果が出ないなりに、
そのときにできることを行動し、
1つ1つの結果を楽しんでいたのです。

ウェルスダイナミクスのプロファイルを知ることで、
自分自身がどの立ち位置で能力を発揮できるのかを知り、
その能力を活かす時間を増やすことに、
注力していきましょう。

その上でチャレンジングだけど達成可能な目標を見つけ、
1つ1つの行動に自発的に取り組んでいきましょう。

行動したことの結果を測定して、
フィードバックを得て検証をしていきましょう。

最後に動画を1つご紹介します。

フローの考案者、
チクセントミハイ博士がフローについて語った動画です。

約18分の動画ですが、
ここから学べることは多いかと思います。

日本語字幕もついていますので、
お時間のあるときにご覧いただければ幸いです。

守屋信一郎(ロード)

 

Pocket

3月 24

自分一人で頑張っていませんか?

Pocket

ID-100263171

あなたは自分一人で頑張ろうとしていませんか?

ロジャー・ハミルトンの新刊、
「才能は開ける」

読んでいく中でどのプロファイルの人にも、
共通して言えることがありました。

それが、

『一人で頑張ってはいけない。』

ということです。

元々ウェルスダイナミクスを学ばれた方は、

『異なるプロファイルの人同士で組んで、
ビジネスを進めていったほうがいい。』

そう学んだ方も多いと思います。

たしかに、それはそのとおりです。

そのあとで、ウェルススペクトルを学ぶと、

『異なるプロファイル同士で組んで、
相乗効果が得られるのはある程度レベルが上がってから。
(お互いが企業プリズムに到達した人同士で組む)』

と、認識が変わった方もいらっしゃるでしょう。

では、自分のレベルが上がるまでは、
まずは一人で頑張らないといけないのか?

それは違うんです。

むしろ、一人で頑張ることは、

『才能は開ける』

の中でも勧めていません。

それよりも、
既にフローのある(成功している)人物、会社と、
自分が繋がることが重要なのです。

すでにフローの中にいるのは誰なのか?

その人(会社)の事業の成功を、
もっと加速させるためにできることは、
何だろうか?

こういった質問が、重要になってきます。

すでにフローの中にいる人と、
繋がることの意味は、
スペクトルレベルによって若干違ってきます。

赤外線レベルから抜け出すためには・・・

↓ ↓ ↓

まずはマイナスのキャッシュフローから、
抜け出すことを最優先に計画を立てる。

そのために既にフローに乗っている人をサポートし、
貢献することで収入を得る。

赤レベルから抜け出すために・・・

↓ ↓ ↓

自分の情熱を重視した上で、
情熱を持てる分野でフローに乗っている人を探す。

その人の事業をサポートすることで、
自分も情熱を持てる分野の活動から、
収入を得られるようにする。

オレンジレベルから抜け出すために・・・

↓ ↓ ↓

自分の専門性を高め、独自性を明確にし、
最適な人から協力を得ながら、
自分のビジネスのプロモーションを、
計画的に行っていく。

ウェルススペクトルを活用した大枠は、
上記のようなパターンになっています。

「才能は開ける」の中では、
プロファイルを大きく4タイプに分けて、

それぞれのタイプごとに、
最適なスペクトルレベルを高めるステップが、
提案されています。

それぞれ、ロジャーの人脈の中で、
各段階の課題をクリアした人たちの事例も、
豊富に用意されています。

スペクトルマガジンの読者さんには、
必読の1冊ですので、
必ず手に入れるようにしましょう!

 

Pocket